ソニーPCL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソニーピーシーエル株式会社
Sony PCL Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
141-0021
東京都品川区上大崎二丁目13番17号
目黒東急ビル
設立 1951年3月16日
業種 情報・通信業
法人番号 8010701005314
事業内容 映像コンテンツの撮影・編集・特殊合成・メディア変換
代表者 代表取締役 執行役員社長 中村英明
資本金 4億2,000万円
主要株主 ソニーグループ 100%
関係する人物 増谷麟
外部リンク https://www.sonypcl.jp/
テンプレートを表示

ソニーPCL株式会社(ソニーピーシーエル、登記社名: ソニーピーシーエル株式会社、: Sony PCL Inc.)は、主に映画・映像コンテンツのポストプロダクションを行うソニーグループ会社である。

概要[編集]

1951年に株式会社写真化学研究所(Photo Chemical Laboratory)として設立。フィルムの現像およびプリント業務を行う。1970年、ソニーグループの一員となり、商号を「ソニーピーシーエル株式会社」に変更する。以降、ソニーグループの下で業務範囲を拡大してきた。

現在は、デジタルシネマDVD-VideoブロードバンドUMD VideoBlu-ray Discなどの、デジタル映像における総合ポストプロダクションとして営業中である。特に、2000年代以降は日本で放送されているテレビアニメのビデオ編集を複数請け負っている。主にプロダクション・アイジーシャフトユーフォーテーブルなど。

沿革[編集]

  • 1951年 - 16ミリ映画専門現像所として株式会社写真化学研究所創立。
  • 1964年 - カラー写真部門創設
  • 1970年 - ソニーグループ入り。社名をソニーPCL株式会社に変更。
  • 1988年 - 品川区西五反田にポストプロダクション機能を持つ「映像センター」を開設。
  • 1996年 - DVDオーサリング開始。
  • 2002年 - 映画・写真のケミカルプロセシング事業を終了。
  • 2011年 - 3D空撮用カメラシステムを開発。
  • 2020年 - 株式会社スタジオブロス及び株式会社モデリングブロスとのリアルタイムCG製作技術を用いたコンテンツビジネスの拡大を目的とした協業に合意。
  • 2022年 - 清澄白河にバーチャルプロダクションの常設スタジオを含むクリエイティブ拠点「清澄白河BASE」を新設[1]

主な制作実績[編集]

劇場用作品[編集]

テレビ用作品[編集]

アニメーション[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]