ドルビー・ビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dolby Vision new stacked (3).png

ドルビー・ビジョン: Dolby Vision)は、ドルビー・ラボラトリーズが開発したハイダイナミックレンジ(HDR)映像のための技術群[1][2][3]。この技術はコンテンツの制作、配信、再生をカバーしている[1][4][5][6]。ドルビー・ビジョンには映像の各フレームの輝度、シャープネスをディスプレイの色域体積(最大・最小の輝度表示能力と色域)に合わせて調整するために使用される動的メタデータが含まれている[7][2][8]。これによって、すべてのドルビー・ビジョン対応ディスプレイにおいて、クリエイティブな意図を維持できる。2014年に導入され[1][9][10]、最初に利用可能なHDRフォーマットとなった。

ドルビー・ビジョンIQは、周囲の明るさに応じてドルビー・ビジョン・コンテンツを最適化するためのアップデートである[11]

トゥモローランド』は、2015年に発表した「ドルビー・ビジョン」を初めて導入した作品である。

解説[編集]

ドルビー・ビジョンはドルビー・ラボラトリーズが開発したHDRフォーマットで、Ultra HD Blu-rayおよびストリーミングビデオでオプションとしてサポートされている[12][13]。ドルビー・ビジョンは独自フォーマットであり、ドルビーのビジネス副社長ジャイルズ・ベイカーはドルビー・ビジョンのロイヤルティ費用はテレビ一台当たり3ドル以下だと述べている[14][15][16]。ドルビー・ビジョンにはPQ(SMPTE ST 2084)電気光伝達関数、最大8Kの解像度および広色域色空間(YCBCR ないし IPTPQc2ITU-R Rec. BT.2020)が含まれている。一部のドルビー・ビジョンのプロファイルでは、12ビットのカラー深度と10,000cd/m2の最大輝度[17]が含まれている(ドルビー・ビジョンのホワイトペーパーによると、2018年時点でドルビー・ビジョンHDRリファレンス・モニターなどの業務用リファレンス・モニターはピーク輝度4,000cd/m2に制限されている)[18]。マスタリング用ディスプレイのカラリメトリー情報を静的メタデータ(SMPTE ST 2086)を用いてエンコードすることもできるが、iPhone 12のようにシーンごと[19]ないしフレームごとの動的メタデータ(SMPTE ST 2094-10、ドルビー形式)を提供することもできる[要出典]

ドルビー・ビジョンをサポートするUltra HD(UHD)テレビの例としてはLG、VU、ソニー、Vizioなどがある[20]。MulticoreWare社のx265エンコーダーはバージョン3.0でドルビー・ビジョンをサポートした[21]。ドルビー・ビジョンIQは、周辺光に応じてドルビー・ビジョンのコンテンツを最適化するように設計されたアップデートである[22]。これは将来対応と考えられている[23]

この動的メタデータないし動的HDRを使用すると、シーンごとないしフレームごとに必要に応じて、ビデオ/映画の中で何度でも明るさとコントラスト(実際にはトーンカーブ)を調整できるようになる[24]

技術的詳細[編集]

ドルビー・ビジョン方式は最大10,000cd/m2のピーク輝度と、最大でRec. 2020色域の映像を表現できるフォーマットである[8]。現在のディスプレイではドルビー・ビジョンの完全な輝度と色域を再現する能力を有していない。民生用ディスプレイには輝度と色域の能力に関する要件は求められていない。民生用ディスプレイの色域体積がマスタリング・ディスプレイよりも小さい場合には、コンテンツは動的メタデータに基づいて民生用ディスプレイの能力にあわせて調整される。

ドルビー・ビジョンのマスタリング・ディスプレイの要件:[25]

  • EOTFPQ
  • ピーク輝度:少なくとも1,000cd/m2
  • 黒レベル:多くとも0.005cd/m2
  • コントラスト比:少なくとも200,000:1
  • 色域:少なくともP3の99%

メタデータ[編集]

ドルビー・ビジョンの動的メタデータの要件:[7]

  • L0(静的):マスタリングと対象ディスプレイの特性
  • L1(動的):自動生成
  • L2 trims(動的):フレームごとないしシーンごとに手動で生成
  • L3 trims(動的):フレームごとないしシーンごとに手動で生成(CMv4.0以降)
  • L8 trims(動的):フレームごとないしシーンごとに手動で生成(CMv4.0以降)(L2 trimsと同等)
  • L5:タイムラインのアスペクト比記述
  • L6(静的かつオプション): MacCLLおよびMaxFALL(HDR10で必要)
  • L9(動的):マスタリング・ディスプレイの原色色度(CMv4.0以降)

ドルビー・ビジョン4.0では色相とサイドを調整するための、新しい2次トリムが導入されている[26]

プロファイル[編集]

ドルビー・ビジョン・プロファイル[27]
プロファイル コーデック BL:EL解像度 下位互換
4 10ビットHEVC 1:1/4 SDR
5 10ビットHEVC 拡張レイヤーなし なし
7 10ビットHEVC UHDTV用に1:1/4

FHD用に1:1

Ultra HD Blu-ray
8.1 10ビットHEVC 拡張レイヤーなし HDR10
8.2 SDR
8.4 HLG
9 8ビットAVC 拡張レイヤーなし SDR
新しいアプリケーションではサポートされていないプロファイル[27]
プロファイル コーデック BL:EL解像度 下位互換
0 AVC 1:1/4 SDR
1 AVC 1:1 なし
2 8ビットHEVC 1:1/4 SDR
3 8ビットHEVC 1:1 なし
6 10ビットHEVC 1:1/4 HDR10
8.3 10ビットHEVC 拡張レイヤーなし
8.5

一部のドルビー・ビジョンのプロファイルでは、基本レイヤーと拡張レイヤーを合成して12ビットの映像信号を生成している[4]

ファイル形式[編集]

ライセンス[編集]

ドルビー・ビジョンはドルビー・ラボラトリーズの独自ソリューションである[34]。2021年、互換性のあるカラー・グレーディング・システムで、コンテンツ制作者は追加費用なしでドルビー・ビジョンの自動メタデータを生成することができる[34]。コンテンツ制作者が映像を手動で調整できるトリムを有効にするには、年間2,500ドルのライセンスが必要である[34]。グレーディング、マスタリング、編集その他の業務用アプリケーションや機器のOEMおよび製造業者はライセンスの申請が必要である[34]

適用[編集]

ハードウェア[編集]

コンテンツ配信[編集]

ソフトウェア[編集]

  • カラー・グレーディング[34]
    • Autodesk Lustre
    • Autodesk Flame 2021
    • Blackmagic Design Davinci Resolve
    • Digital Vision Nucoda
    • Filmlight Baselight
    • Grass Valley RIO
    • SGO Mistika
  • エンコーダー:
    • x265:プロファイル5、プロファイル8.1およびプロフィル8.2(バージョン3.0以降)[40]
  • メディアプレイヤー:

ドルビー・ビジョンが導入された劇場[編集]

ドルビー・ビジョンが導入されたスタジオ[編集]

国内

ドルビー・ビジョンが導入された配信サービス[編集]

ドルビー・ビジョンが採用された作品[編集]

洋画
邦画
海外TV
国内TV
海外ストリーミング配信
国内ストリーミング配信

脚注[編集]

  1. ^ a b c Dolby. “Dolby Vision Whitepaper - An introduction to Dolby Vision”. 2021年4月24日閲覧。
  2. ^ a b Understanding HDR10 and Dolby Vision” (英語). GSMArena.com. 2021年4月24日閲覧。
  3. ^ The state of HDR video mid-2017”. FlatpanelsHD. 2021年4月24日閲覧。
  4. ^ a b Dolby Laboratories. “Dolby Vision Whitepaper”. 2020年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月24日閲覧。
  5. ^ Dolby Vision for Content Creators” (英語). professional.dolby.com. 2021年4月24日閲覧。
  6. ^ a b c Create in Dolby Vision, now on the full iPhone 12 lineup.” (英語). professional.dolby.com. 2021年4月24日閲覧。
  7. ^ a b Dolby (2021年1月23日). “Dolby Vision Metadata Levels”. 2021年4月24日閲覧。
  8. ^ a b Pocket-lint (2020年10月13日). “What is Dolby Vision? Dolby's own HDR tech explained” (英語). www.pocket-lint.com. 2021年4月24日閲覧。
  9. ^ CES 2014: Dolby Vision promises a brighter future for TV, Netflix and Xbox Video on board” (英語). Expert Reviews. 2021年4月24日閲覧。
  10. ^ davidsusilouncensored (2014年1月12日). “The Visionary DOLBY VISION at #CES2014” (英語). david susilo UNCENSORED. 2021年4月24日閲覧。
  11. ^ Roberts, Becky. “Dolby Vision IQ: everything you need to know” (英語). whathifi. 2021年4月24日閲覧。
  12. ^ Caleb Denison (2016年1月28日). “Ultra HD Blu-ray arrives March 2016; here's everything we know”. Digital Trends. オリジナルの2016年7月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160727134339/http://www.digitaltrends.com/home-theater/ultra-hd-blu-ray-specs-dates-and-titles/ 2016年7月27日閲覧。 
  13. ^ Michael S. Palmer (2016年2月10日). “Hands On First Look: Samsung UBD-K8500 Ultra HD Blu-ray Player”. High-Def Digest. オリジナルの2016年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160724080848/http://www.highdefdigest.com/news/show/Samsung/ultra-hd-bluray/4K/UHD/hdr/hands-on-first-look-samsung-ubdk8500-ultra-hd-bluray-player/29748 2016年7月27日閲覧。 
  14. ^ Tim Moynihan (2016年1月20日). “What you need to know before buying an HDR TV”. Wired. オリジナルの2017年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170202041301/https://www.wired.com/2016/01/what-is-hdr-tv/ 2017年1月26日閲覧。 
  15. ^ Giles Baker (2016年9月20日). “Dolby Vision and HDR10: What Format War?”. LinkedIn. オリジナルの2020年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201111193525/https://www.linkedin.com/pulse/dolby-vision-hdr10-what-format-war-giles-baker 2017年1月26日閲覧。 
  16. ^ Lee Neikirk (2016年9月9日). “Dolby Says The "HDR Format War" Doesn't Exist”. Reviewed.com. オリジナルの2021年1月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210123115722/https://www.reviewed.com/televisions/features/dolby-says-the-hdr-format-war-doesnt-exist 2017年1月26日閲覧。 
  17. ^ Archived copy”. 2019年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月23日閲覧。
  18. ^ Dolby Laboratories. “Dolby Vision Whitepaper”. 2016年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月24日閲覧。
  19. ^ “SMPTE ST 2094 and Dynamic Metadata”. SMPTE. オリジナルの2017年2月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170202043518/https://www.smpte.org/sites/default/files/2017-01-12-ST-2094-Borg-V2-Handout.pdf 2017年1月25日閲覧。 
  20. ^ HD Report (2016年4月19日). “How To Stream 4k Ultra HD with High Dynamic Range (HDR)”. hd-report.com. オリジナルの2016年8月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160821161717/http://hd-report.com/2016/04/29/how-to-stream-4k-ultra-hd-with-high-dynamic-range-hdr/ 2016年8月23日閲覧。 
  21. ^ MulticoreWare (2019年1月23日). “v3.0 is now out!”. x265.org. MulticoreWare. 2019年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月24日閲覧。
  22. ^ January 2020, Becky Roberts 22. “Dolby Vision IQ: everything you need to know” (英語). whathifi. 2020年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月19日閲覧。
  23. ^ HDR TV: What it is and why your next TV should have it”. Digital Trends. Designtechnica Corporation (2020年12月19日). 2020年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月2日閲覧。
  24. ^ Agarwal, Aditya (2020年11月11日). “Dolby Vision vs HDR 10 vs HDR 10+ vs HLG vs AHDR Which HDR Should You Get?” (英語). Milyin. 2020年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月20日閲覧。
  25. ^ Dolby Vision for Content Creators - Workflows” (英語). professional.dolby.com. 2021年4月24日閲覧。
  26. ^ Dolby Vision and Independent Filmmaking” (英語). Mystery Box. 2021年4月24日閲覧。
  27. ^ a b Dolby. “Dolby Vision Profiles and Levels Version 1.3.2 - Specification”. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月12日閲覧。
  28. ^ Dolby Laboratories (2017年12月12日). “Dolby Vision Streams Within the ISO Base Media File Format v2.0”. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月25日閲覧。
  29. ^ a b c d Dolby (2020年11月16日). “How to signal Dolby Vision in ISOBMFF format (AKA mp4 container)?”. 2021年4月27日閲覧。
  30. ^ Dolby Laboratories (2018年11月13日). “Dolby Vision Streams within the HTTP Live Streaming format v2.0”. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月25日閲覧。
  31. ^ Dolby Laboratories. “Dolby Vision Streams Within the MPEG-2 Transport Stream Format v1.2”. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月25日閲覧。
  32. ^ Dolby Laboratories (2018年11月13日). “Dolby Vision Streams within the MPEG-DASH format v2.0”. 2020年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月25日閲覧。
  33. ^ Add AVC and HEVC codec mappings with BlockAdditionMapping 2 by JeromeMartinez · Pull Request #390 · ietf-wg-cellar/matroska-specification” (英語). GitHub. 2021年4月25日閲覧。
  34. ^ a b c d e Dolby Vision for Content Creators - Solutions” (英語). professional.dolby.com. 2021年4月24日閲覧。
  35. ^ TV Database”. FlatpanelsHD. 2021年4月24日閲覧。
  36. ^ Cruz, Claudia. “LG G6 is the first phone to debut Dolby Vision HDR” (英語). CNET. 2021年4月24日閲覧。
  37. ^ Xiaomi Mi 11 Ultra review” (英語). GSMArena.com. 2021年4月29日閲覧。
  38. ^ Xiaomi Mi 11 Pro debuts with Snapdragon 888 and Samsung’s GN2 50MP sensor” (英語). GSMArena.com. 2021年4月29日閲覧。
  39. ^ Ultra HD Blu-ray: Everything you need to know”. www.digitaltrends.com. 2021年4月24日閲覧。
  40. ^ Release Notes — x265 documentation”. x265.readthedocs.io. 2021年4月24日閲覧。
  41. ^ a b Dolby (2020年11月16日). “Which open source players support Dolby Vision?”. 2021年4月27日閲覧。