スマートスピーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スマートスピーカー

スマートスピーカーとは、無線通信接続機能と音声操作のアシスタント機能を持つスピーカー[1]人工知能 (AI) を搭載している[要出典]スマートスピーカーは日本ではAIスピーカーと呼ばれることもある[2]

概要 [編集]

Wi-FiBluetoothや他の規格を使用することで音声再生の他にも様々な用途で使用できる。これには、多数のサービスおよびプラットフォーム間の互換性、メッシュネットワークを介したpeer-to-peer接続、AIアシスタントなどの機能が含まれる。各社が販売するスマートスピーカーは、独自のインターフェイスと家庭内機能を持ち、通常はアプリケーションまたはホームオートメーションソフトウェアによって起動または制御される。 2014年にAmazon.comが「Amazon Echo」を発売したのを皮切りに複数の大手IT企業が自社の音声アシスタントを搭載した独自のスマートスピーカーの発売を発表するなど競争が激化していることもあり、一部ではスマートスピーカーは「スマートフォンの次」と目されることもある[3][4]

市場[編集]

2017年5月発表のeMarketerの調査によるとアメリカ合衆国でのスマートスピーカーの市場シェアはAmazonの「Amazon Echo」が全体の70.6%を占め首位に立ち、Googleの「Google Home」が23.8%で2位につけている。同調査ではまた、月に一度はスマートスピーカーを使用するアメリカ国民は3560万人(前年比128.9%増)に上った[5]

出典[編集]

  1. ^ スマートスピーカーとは 大塚商会(2017年6月6日)2017年12月30日閲覧
  2. ^ 「AIスピーカー」でなく「スマートスピーカー」と呼ぼう マイナビニュース(2017年11月14日)2017年12月12日閲覧
  3. ^ 「スマホの次」の勝者は? 毎日新聞 (2017年10月6日)2017年10月6日閲覧
  4. ^ 「独走アマゾンにこう勝つ」グーグルの音声AI戦略 日本経済新聞(2017年3月24日)2017年12月30日閲覧
  5. ^ スマートスピーカーの市場シェア、Amazon Echo が 70%超 ASCII.jp(2017年5月11日)2017年12月30日閲覧

関連項目[編集]