大登録者戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PewDiePie、2015年のPAXにて。
T-Seriesのロゴ。

大登録者戦争(だいとうろくしゃせんそう、Great Subscriber War[1]PewDiePie vs T-Series)は、PewDiePie(フェリックス・シェルバーグ)とインドのレコード会社T-Series(クリシャン・クマールが経営する会社が運営)という2つのYouTubeチャンネル間で、動画共有サービスウェブサイトにおいて最も登録者数が多いチャンネルの地位を競うインターネット上の争い。PewDiePieは2013年以降最も登録者数の多いチャンネルであり、T-Seriesは2018年以降最も再生数が多く、登録者数が2番目に多いチャンネルであった。

MrBeastマークプライヤージャックセプティックアイローガン・ポールなどのYouTuberはPewDiePieへの支持を表明しており、多くのPewDiePieのファンが彼の登録者数を増やす活動をしてきた。一方、CarryMinatiやJus ReignなどはT-Seriesへの支持を表明している。PewDiePieを宣伝するために、2018年末から2019年初頭にかけてセキュリティ上の脆弱性が指摘された数千のプリンタ、カメラ、ドングル 、スマートテレビがハッキングされるなど、争いはインターネット上以外にも拡大した。

活動[編集]

PewDiePieへの支持[編集]

イギリス独立党はPewDiePieへの支持をツイートで表明した[2][3]

カウナスを拠点とするBCジャルギリスは、タイムアウトの間にチアリーダー達がPewDiePieの楽曲『ビッチ・ラザニア』を上演した[4]。 

MrBeastが自身の住む町の広告看板を一定期間すべて購入、さらにラジオ、テレビまたオフィシャルウェブサイト、等に大資金を出し大々的に宣伝[5]

チーム10のJustin Robertsがニューヨークタイムズスクエアのビル一棟の広告を百万ドルで一晩購入してPewDiePieを宣伝[6]

Davie504がコメント欄の「インドのT-Series本社前でビッチ・ラザニアを演奏できない?」という文を読み、ニューデリーの本社前まで(観光もしつつ)行きながら演奏する動画を投稿[7]

ローガン・ポールが動画でPewDiePieに過去の事を謝罪し、「YouTuberが世界一位の歴史が終わってしまう。」とファンに登録と行動を呼びかけた[8]

ジェイク・ポールはT-Seriesの本社内部を撮影する許可を取り撮影した動画を投稿した[9]

PewDiePie本人は関係ないインド人を巻き込まない目的も兼ねて、注目されている今の影響力を利用してインドの子供達の為に募金活動をファンや新規のユーザーに呼び掛ける動画を投稿し[10]、投稿後1日で20万ドル以上寄付金を集めた[11]

登録者数が2位に陥落した日から数日後の3月31日にPewDiePieは自身のチャンネルで楽曲、『Congratulations』を投稿[12][13]。T-Seriesの登録者数世界1位を褒めながら、T-Seriesがボリウッドの曲をコピー販売して会社を成功させたことや[14]、現会長の巨額の脱税[15][16]等の暴露、カースト制度のインドの社会問題などを歌詞に盛り込み、ビデオの最後には自身のファンにこれまでの感謝を述べた[17]。投稿数時間後、PewDiePieのチャンネル登録者数がT-Seriesを上回り始め世界1位に返り咲き、数日で50万人以上差を付けた[18]

ニュースチャンネル『Asian Boss』がインタビューでインドへ訪れ調査した結果、PewDiePieのファンはインドでは実は多く、さらに増加しており、彼らの存在が登録者数増加に拍車を掛けていることが判明した[19]。インタビューでは「彼は子供達のことをよく考えてくれている。」、「彼が世界最速で登録者一億人に到達するだろう。」などと答えられた[20]

PewDiePieはT-Seriesと登録者数をネタに使うことはあるが、本人は登録を強要する発言はこれまでしてはいない[21][22][23][24]

銃乱射事件と誤解[編集]

2019年3月15日のクライストチャーチモスク銃乱射事件において、犯行に及んだ人物は銃撃を生中継した動画の中で「PewDiePieに登録しろ」と述べており[25]、これに対しPewDiePieは「この人物が私の名前を口にした時、非常に気分が悪くなった。私の心はこの悲劇の被害者、家族、そして皆と共にある。」とTwitterで語っている[26]

Markiplier[27]、他から「この事件の人物はPewDiePieがこの事件に関係を持っているかのように信じ込ませるために発言し、彼を陥れようとしただけである。彼に責任は無い。」とコメントしている[28]

T-Seriesへの支持[編集]

Pewdiepieとその支持者が「個人対会社」の構図で争いを解釈していることとは対照的に、T-Seriesの支持者は「インド対世界」の構図で争いを解釈している。 特に、2019年におけるインドとパキスタン間の関係悪化によりインドのナショナリズムが高まっている状況に呼応されている[29]。インドのインターネット利用率は年々急増、現在は中国に次いで世界2位の規模となっている(日本は6位)[30]。2018年末に公表された「国別YouTubeへの月間アクセスランキング」では日本に次いで5位(日本は4位)[31][32]であり、年々利用率が急増している(中国はYouTube等へのアクセスブロックをしているためユーザーが存在しない)[33]。大きな要因の一つに、ムケシュ・アンバニが2016年に無料接続サービスを始め[34]、2017年から2018年にはサービス拡大をしており[35]、T-Seriesの登録者数は実際その二年間に急激な増やし方を見せている[36]

T-Seriesの会長、バスハン・クマールは2018年末にインタビューで「インドの国民の為に音楽を提供している」、「私は父の夢の実現の為に努力している。」等と答えている[37]。そして同年の12月に会長の巨額の脱税が発覚したと報じられた[38][39]。2019年3月には会長が自身のTwitterで「インド国民としてT-Seriesを登録してほしい。」と動画を投稿[40]。「愛国心を煽ってまで登録者数を伸ばしたいのか。」、「あなたの企業と国を結び付けるな。」などと強く批判された[41]

デリー高等裁判所への訴えにより、PewDiePieの楽曲「ビッチ・ラザニア」と「Congratulations」を4月11日以降、インドのYouTubeからアクセスできなくさせた[42][43]。判決内容はあくまでも「インドへの中傷」としており、会長やT-Seriesへの問題には何故か一切触れていない[44]。裁判所はYouTubeに対しPewDiePieの二つの楽曲をストリーミング再生サービス全体でアップロード不可能にさせるように要請している[45][46]

反応[編集]

2018年9月、YouTubeチャンネルのFlareTVは双方のチャンネルの登録者数の推移の可視化と比較を行うライブ動画配信を開始した[47]。同年10月、Social Bladeも2つのチャンネルの登録者数のデータを表示するライブ動画配信を始めた[48]。このライブ配信では投票を行なっており、「PewDiePieを支持する」が84%、「T-Seriesを支持する」が16%となっている[49]

結果[編集]

2019年3月27日、PewDiePieの登録者が9159万、T-Seriesの登録者が9160万となり、ついに首位が入れ替わった。しかし、PewDiePieのファンの勢いは止まらず、4月1日に再度PewDiePieがT-Seriesを上回ったが、その後4月14日にT-Seriesが首位に戻った。再度PewDiePieの勢いが戻るかと思われたが、4月29日にPewDiePieが上記の問題の悪化を危惧し、「『PewDiePieのチャンネルを登録しろ』ネタをやめよう」という趣旨の動画を投稿[50]し、PewDiePieの登録者の増加数が鈍化。2つのチャンネルの戦いは幕を閉じた。5月29日にT-Seriesのチャンネル登録者数はYouTubeチャンネルでは初の1億人を突破した[51]。遅れて8月25日、PewDiePieのチャンネル登録者が個人が運営するYouTubeチャンネルとしては初の1億人を突破した[52]

参考文献[編集]

  1. ^ Brooklyn WWII Memorial Defaced With Call to 'Subscribe' to Controversial Youtuber PewDiePie”. NBC New York. WNBC. 2019年3月19日閲覧。
  2. ^ PewDiePie dethroned by T-Series as YouTube's most subscribed channel” (英語). CNET (2019年3月11日). 2019年3月19日閲覧。
  3. ^ Meet the next king of YouTube: An Indian music channel” (英語). The Washington Post (2019年2月1日). 2019年3月19日閲覧。
  4. ^ PewDiePie's subscriber battle heats up with cheerleaders doing 'B*tch Lasagna' routine” (英語). The Daily Dot (2019年2月27日). 2019年3月19日閲覧。
  5. ^ MrBeast (2018-10-26), I Bought Every Billboard In My City For This, https://www.youtube.com/watch?v=qZNxvnQv0h4 2019年4月8日閲覧。 
  6. ^ Justin Roberts (2018-11-30), Buying PewDiePie a $1M Billboard in Times Square!, https://www.youtube.com/watch?v=_H2vsSK6yc8 2019年4月8日閲覧。 
  7. ^ Davie504 (2019-01-20), I went to INDIA at T-Series HQ just to play this song..., https://www.youtube.com/watch?v=KprzFp9A0kc 2019年4月8日閲覧。 
  8. ^ Logan Paul Vlogs (2018-12-06), HELLO PEWDIEPIE... THE LOGANG IS HERE, https://www.youtube.com/watch?v=dAywfoqE9ok 2019年4月8日閲覧。 
  9. ^ Jake Paul (2019-04-23), I SPENT 24HRS INSIDE T-SERIES HEADQUARTERS!, https://www.youtube.com/watch?v=dOWnKt-hnpY 2019年4月25日閲覧。 
  10. ^ PewDiePie (2018-12-03), This is getting out of control..., https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=p8L-LjWHpjw 2019年4月9日閲覧。 
  11. ^ PewDiePie fans raise more than $200,000 in one day for children's charity” (英語). Metro (2018年12月4日). 2019年4月9日閲覧。
  12. ^ PewDiePie drops scathing Congratulations video for T-Series” (英語). Metro (2019年4月2日). 2019年4月5日閲覧。
  13. ^ EDT, Steven Asarch On 4/1/19 at 11:35 AM (2019年4月1日). “PewDiePie briefly lost the war against T-Series, but is on top again” (英語). Newsweek. 2019年4月5日閲覧。
  14. ^ Manuel, Peter (1993-05) (英語). Cassette Culture: Popular Music and Technology in North India. University of Chicago Press. ISBN 9780226504018. https://books.google.co.jp/books?id=Q1JMZxYPNcYC&pg=PA69&lpg=PA69&dq=t+series++Pirated&source=bl&ots=V8cRXJUxYE&sig=ACfU3U0L9rJ5M0_EvmF4FQTfZttb4KIbVw&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjPqbGouLDhAhVVfd4KHeLrCewQ6AEwBXoECAgQAQ#v=onepage&q=t%20series%20%20Pirated&f=false. 
  15. ^ Bhushan Kumar of T-Series questioned for ‘huge tax evasion,’ I-T raids properties across India | Bollywood News” (英語). www.timesnownews.com. 2019年4月5日閲覧。
  16. ^ T-Series CMD grilled for ‘tax evasion’, Income Tax searches on properties - Times of India”. The Times of India. 2019年4月5日閲覧。
  17. ^ PewDiePie (2019-03-31), Congratulations, https://www.youtube.com/watch?v=PHgc8Q6qTjc 2019年4月5日閲覧。 
  18. ^ FlareTV (2019-02-06), PEWDIEPIE VS T-SERIES LIVE SUB COUNT: WHO WILL PREVAIL?, https://www.youtube.com/watch?v=UVxU2HzPGug 2019年4月5日閲覧。 
  19. ^ Asian Boss (2019-04-03), India's "9-Year-Old Army" Reacts To T-Series Surpassing PewDiePie | ASIAN BOSS, https://www.youtube.com/watch?v=j82gS9A2AcI&t=2s 2019年4月5日閲覧。 
  20. ^ Asian Boss (2019-04-03), India's "9-Year-Old Army" Reacts To T-Series Surpassing PewDiePie | ASIAN BOSS, https://www.youtube.com/watch?v=j82gS9A2AcI&t=2s 2019年4月5日閲覧。 
  21. ^ PewDiePie (2019-02-03), Playing Fortnite to stop Tseries (Im desperate), https://www.youtube.com/watch?v=71FLPvjHVj0 2019年4月9日閲覧。 
  22. ^ PewDiePie (2019-02-18), Playing Minecraft Christian Servers to STOP TSERIES, https://www.youtube.com/watch?v=pl8cagt9gK0&t=521s 2019年4月9日閲覧。 
  23. ^ PewDiePie (2019-02-17), My secret mission to stop Tseries... (Iceland Vlog), https://www.youtube.com/watch?v=hSLNCXgRcSE 2019年4月9日閲覧。 
  24. ^ PewDiePie (2018-09-16), MY ONLY HOPE TO STOP T SERIES... /r/ANormalDayInRussia/ #20 [REDDIT REVIEW], https://www.youtube.com/watch?v=zd8Yg7wRX7c 2019年4月9日閲覧。 
  25. ^ Paton, Callum (2019年3月15日). “PewDiePie 'Sickened' by New Zealand Mosque Shooter Telling Worshippers to Follow Him Before Opening Fire”. Newsweek. https://www.newsweek.com/pewdiepie-sickened-new-zealand-mosque-shooter-telling-worshippers-follow-him-1364126 2019年3月19日閲覧。 
  26. ^ ƿ૯ωძɿ૯ƿɿ૯ (2019年3月14日). “[https://twitter.com/pewdiepie/status/1106419935390171136?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1106419935390171136&ref_url=https://www.newsweek.com/pewdiepie-sickened-new-zealand-mosque-shooter-telling-worshippers-follow-him-1364126 Just heard news of the devastating reports from New Zealand Christchurch. I feel absolutely sickened having my name uttered by this person. My heart and thoughts go out to the victims, families and everyone affected by this tragedy.]” (英語). @pewdiepie. 2019年3月21日閲覧。
  27. ^ markiplierとは (マークプライヤーとは) [単語記事]” (日本語). ニコニコ大百科. 2019年3月21日閲覧。
  28. ^ Markiplier (2019年3月15日). “[https://twitter.com/markiplier/status/1106529074267058176 You had nothing to do with this. Full stop. The shooter, who should be forgotten to the ass-end of history, is only trying to create division. Anyone that believes or spreads the message that you were associated with this in any way is doing exactly what the shooter wants.]” (英語). @markiplier. 2019年3月21日閲覧。
  29. ^ “It's Time To Unsubscribe From Pewdiepie Vs. T-Series”. Forbes. (2019年3月9日). https://www.forbes.com/sites/masonsands/2019/03/09/its-time-to-unsubscribe-from-pewdiepie-vs-t-series/ 2019年3月19日閲覧。 
  30. ^ Is the YouTube channel T-series buying subscribers? - Quora”. www.quora.com. 2019年4月6日閲覧。
  31. ^ Which Countries Watch the Most YouTube?” (英語). WorldAtlas. 2019年4月6日閲覧。
  32. ^ Is the YouTube channel T-series buying subscribers? - Quora”. www.quora.com. 2019年4月6日閲覧。
  33. ^ Is the YouTube channel T-series buying subscribers? - Quora”. www.quora.com. 2019年4月6日閲覧。
  34. ^ The 'idea' of Reliance Jio came from Isha Ambani, reveals father Mukesh - Latest News | Gadgets Now”. Gadget Now (2018年3月16日). 2019年4月6日閲覧。
  35. ^ The 'idea' of Reliance Jio came from Isha Ambani, reveals father Mukesh - Latest News | Gadgets Now”. Gadget Now (2018年3月16日). 2019年4月6日閲覧。
  36. ^ TheRanker (2019-04-04), PewDiePie VS T-Series Complete History (2010-2019), https://www.youtube.com/watch?v=jd5Av_knEoY 2019年4月6日閲覧。 
  37. ^ Diwakar rao (2018-11-28), Finally T-Series REACT to PEWDIEPIE | T series vs Pewdiepie |Exclusive interview of Tseries #Tseries, https://www.youtube.com/watch?v=p7of382Qv7I 2019年4月6日閲覧。 
  38. ^ I-T raids T-Series, questions CMD - Times of India”. The Times of India. 2019年4月6日閲覧。
  39. ^ Bhushan Kumar of T-Series questioned for ‘huge tax evasion,’ I-T raids properties across India | Bollywood News” (英語). www.timesnownews.com. 2019年4月6日閲覧。
  40. ^ Kumar, Bhushan (2019年3月6日). “We’re on the brink of becoming the world’s biggest @YouTube channel. We can make history. We can make India win. Subscribe to @TSeries #BharatWinsYouTube http://bit.ly/TSeriesYouTube pic.twitter.com/dJumzHwADa” (英語). @itsBhushanKumar. 2019年4月7日閲覧。
  41. ^ Kumar, Bhushan (2019年3月6日). “We’re on the brink of becoming the world’s biggest @YouTube channel. We can make history. We can make India win. Subscribe to @TSeries #BharatWinsYouTube http://bit.ly/TSeriesYouTube pic.twitter.com/dJumzHwADa” (英語). @itsBhushanKumar. 2019年4月7日閲覧。
  42. ^ Sputnik. “PewDiePie's DISS Videos Blocked in India After Court Order - Report” (英語). sputniknews.com. 2019年4月14日閲覧。
  43. ^ Sputnik. “PewDiePie's 'Congratulations' Diss on T-Series Winning Likes Despite India's Ban” (英語). sputniknews.com. 2019年4月14日閲覧。
  44. ^ Sputnik. “PewDiePie's DISS Videos Blocked in India After Court Order - Report” (英語). sputniknews.com. 2019年4月14日閲覧。
  45. ^ Delhi HC directs YouTube to remove defamatory PewDiePie songs”. Bar & Bench (2019年4月11日). 2019年4月14日閲覧。
  46. ^ Controversial YouTube Star PewDiePie's Videos Have Been Banned in India” (英語). Distractify. 2019年4月14日閲覧。
  47. ^ Farokhmanesh, Megan (2018年9月19日). “People are lining up to watch PewDiePie lose his spot as the top YouTube channel”. The Verge. 2019年3月19日閲覧。
  48. ^ PewDiePie is YouTube’s most-subscribed channel. He’s about to be dethroned.” (英語). Washington Post. 2019年3月19日閲覧。
  49. ^ FlareTV (2019-02-06), PEWDIEPIE VS T-SERIES LIVE SUB COUNT: WHO WILL PREVAIL?, https://www.youtube.com/watch?v=UVxU2HzPGug 2019年4月14日閲覧。 
  50. ^ PewDiePie (2019-04-28), Ending the Subscribe to Pewdiepie Meme, https://www.youtube.com/watch?v=Ah5MYGQBYRo 2019年7月25日閲覧。 
  51. ^ Compare T-series and Pewdiepie YouTube Statistics ( By Social Blade)”. socialblade.com. 2019年7月25日閲覧。
  52. ^ PewDiePie hits 100 million YouTube subscribers” (英語). Metro (2019年8月25日). 2019年9月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]