ピューディパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Parentesi Quadre.svg この項目には国際音声記号 (IPA)が含まれています詳細
ピューディパイ
Pewdiepie head shot.jpg
ピューディパイ (2019年7月)
人物
生誕 Felix Arvid Ulf Kjellberg
(1989-10-24) 1989年10月24日(32歳)
 スウェーデン, ヨーテボリ
居住地 日本の旗 日本
職業
配偶者
マルツィア・ビゾーニン (m. 2019)
サイン Felix Arvid Ulf Kjellberg Signature.svg
公式サイト pewdiepie.store
YouTube
別名 Pewds
チャンネル
活動期間 2010年 -
ジャンル
登録者数 1億1100万人
総再生回数 28,302,932,517回
事務所(MCN 無所属
(過去に MachinimaMaker Studios に所属)
関連人物
挨拶 "How's it going bros? My name is PewDiePie!"

YouTube Red Diamond Play Button.svg  登録者100,000,000人 2019[4]

チャンネル登録者数、総再生回数は
2022年5月14日時点。
テンプレートを表示

ピューディパイ (英語: PewDiePie; [ˈpjuːdp] PEW-dee-py) こと フェーリックス・アルヴィッド・ウルフ・シェルベリ (スウェーデン語: Felix Arvid Ulf Kjellberg;[5] [ˈʃɛlbɜːrɡ] SHEL-burg, スウェーデン語: [ˈfěːlɪks ˈǎrːvɪd ɵlf ˈɕɛ̂lːbærj] ( 音声ファイル);[6] 1989年10月24日 - ) は、スウェーデン人YouTuber[7]ゲーム実況者ストリーマービデオブロガー)。

YouTube上でのチャンネル登録者数は1億1000万人以上を誇り、個人が運営するYouTubeチャンネル(並びにゲームチャンネル)では世界一位の登録者数を保有する人物である[8][9]。「King of YouTube(YouTubeの王)」とも称される[10][11]。2022年5月、前在住地の英国から、妻と何度か旅行した日本に移住した[7][12]

生い立ち[編集]

スウェーデン港湾都市ヨーテボリで生まれ育った。ファッションブランド店「KappAhl」の元最高情報責任者(CEO)ジョハンナ・シェルバーグの息子である[13]。2008年にヨーテボリス・ヘーグレ・サムスコーラ(Göteborgs Högre Samskola)を卒業した。

子供の頃、ピューディパイはゲームに興味を持ち、寝室やインターネットカフェで多くの時間ゲームをしていたと話している[14]

その後、スウェーデンの最難関大学の一つである私立のチャルマース工科大学[15]で産業経済学と技術経営の学位を取得しようとしていたが、「退屈すぎる」とのことで2011年に退学。退学はしたものの、大学は彼の活動を支持しており、時折、大学の広報が彼のチャンネルや歴史などを紹介している[16]。在学中は数学の成績が学内1位であったりと、成績もトップクラスだった。

大学在学中を含む活動当初は、YouTubeには収益機能が無く(仮に収益を受けられても生計を立てられるほどの再生数や登録者数も無かった)、ホットドッグを売ることで生計を立てていた。本人は「MY New Job」や「MY Old Job」などの動画内でネタにしている[17][18]

経歴[編集]

2010年10月、YouTubeへの動画投稿を開始。初期は主にホラー系やアクション系のビデオゲーム実況の動画をYouTubeに投稿していたが、近年はネット動画や画像などから面白いコンテンツを紹介する内容に変わっている。書籍やウイスキーの批評などもする。登録者が5人の頃からスタンスは変わっておらず、「YouTuberが仕事だと思ったことは無い」と語っている[19]。YouTuberになる方法などを動画で解説したことがあるが、YouTuber専用の事務所に入る事は勧めない等、自分以外の同業者達の理想と現実を真面目に語っている[20]

2013年に登録者数1000万人を突破。Youtuber史上初の「ダイヤモンド盾」が贈呈された。11月から12月に一時的にYouTubeのスポットライトチャンネルによって上回られたものの、ピューディパイのチャンネルは2013年8月以来YouTubeで最も登録者数の多いチャンネルとなっていた。2014年8月にチャンネル登録者数3000万人[5]を記録。2019年3月27日、大登録者戦争においてT-Seriesのチャンネル登録者がピューディパイの登録者を抜いたことで、2番目に登録者の多いチャンネルとなったが、T-SeriesはYouTuberではなく企業であるため、最も登録者が多いYouTuberであることは変わらない。

2014年には米国の人気ブラックジョークアニメ『サウスパーク』とのコラボでシーズン18第10話にてピューディパイ本人がアニメ終盤に登場した。これは彼本人の動画でも確認できる[21]

2016年12月に登録者数5000万人を突破。Youtuber史上初の「ルビー盾」が贈呈された[22]

2017年にローガン・ポールが日本にて迷惑行為をしながら観光をし、富士の樹海にて自殺者の遺体を撮影。それらを動画内にモザイク処理無しで載せつつ笑い話にした内容の動画をYouTube上に投稿して急上昇1位となった事件について、ローガン・ポールと米YouTube本社を動画「Logan Paul」「PEW NEWS」等で痛烈に批判した[23]

2018年の新年から余りにも長期間ゲームをやらなかったために視聴者から「スマッシュブラザーズの新作をやって欲しい」と要望が殺到、久しぶりに全力でゲームを楽しもうという事で同年3月に『ガールズアンドパンツァードリームタンクマッチ』をプレイした[24]

2018年にチャンネル統計を公開した。視聴者層は13歳から17歳が11%、25歳から34歳が28%、18歳から24歳が44%、35歳から65歳以上が17%、55歳から64歳が1%となっており、子供も観てはいるが、青年や大人の視聴者が圧倒的に多い[25]

2019年8月25日、チャンネル登録者数が、YouTube個人チャンネルで史上初の1億人に到達した[26]。Youtuber史上初の「レッドダイヤモンド盾」が贈呈された[27]。YouTube公式TwitterではYouTube本社より彼への祝福と記念の動画が投稿された[28]

2019年2月3日に生配信されたフォートナイト実況放送[29]はそれまでゲーム実況者NINJAの保有していた、「世界一の購読者を持つフォートナイト実況者」の記録を塗り替えた[30]

2019年10月、習近平中華人民共和国国家主席ファニーネットミームを動画内で紹介した結果、中国国内の全てのサイトで彼の情報が全て削除された(詳しくは「その他」を参照)。

2019年時点での純資産総額は3000万ドルから5000万ドルとされており、これまでに寛大な寄付を幾度も行ってきている[31]。2019年には500万ドル(約5億2000万円)以上の寄付を行っている[32]

2019年、オーディエンスの規模、エンゲージメント率、ソーシャルアクティビティ等に基づく統計算出によって選出される、サンデー・タイムズの「最も影響力のある100人のデジタルインフルエンサー」にてトップの人物となっている[33]

2021年4月、個人チャンネルとしては史上初、登録者数が1億1000万人に到達した。

2022年5月11日、YouTube上に投稿したビデオで日本に移住が完了した事を報告した[34][12]

私生活[編集]

スウェーデン出身であるが、彼女(当時)のマルツィア・ビゾーニンと共に彼女の母国イタリアに移住した。2013年7月、より良いインターネット接続のためにイギリスに移住。

2019年10月1日公開の動画にて、日本に家を購入し引越しの準備中であることを発表。「夢が叶った」と語っている[35]。2019年12月、日本から離れている間に空き巣被害にあい、日本の家に置いていたマルツィアの宝石や限定グッズなど数年かけて集めた貴重品の9割が盗まれてしまった事を明かした。しかし、彼自身の重要な物はカメラとコンピューターだけだったが、それらは盗まれなかった。彼は動画でそれらについてギリシャの哲学者ディオゲネスの言葉を交え、「自分は既に物質的な事柄への関心から離れている」と語り、金銭で手に入る物以外が盗まれていないのなら気にしてないとした[36]

その後、新型コロナウイルス感染症の影響やビザの申請が難しい事もあり日本への移住は実現せずにいたが、「絶対に移住を実現したい」としてビザを取得すべく、2021年の間に日本に会社を設立。これにより日本の商用ビザを正式に取得した[37]

2022年5月11日に公開した動画「It finally happened!」にて、妻のマルツィア・ビゾーニン、2匹の愛犬と共に日本への移住を果たしたことを「昔からの夢が叶った!」と嬉し涙を流しながら発表した[38][39]。ほとんどの航空会社ではケージとペットの合計重量が8キログラム以内に制限されているが、飼い犬のエドガーは10キログラムあったため、エドガーのストレスを心配した事からプライベートジェットをレンタルして英国ロンドンから日本へ移動した[40][41]

過去にも観光で何度も日本を訪れ、旅行ビログ(ビデオブログ)を投稿している[42][43][44][45]

読書も趣味で、哲学書や小説を好んで読んでいる。哲学書はディオゲネスの著書、小説は日本文学が特に好きだと語っている。太宰治人間失格』や三島由紀夫豊饒の海』などといった小説を詳細に紹介、それを通して当時の日本の状況や日本人の価値観について解説し[46][47]俳句について動画で近代までの流れや表現される世界観を視聴者に説明[48]をするなど日本文化や歴史にも詳しい。

日本の歴史や文化はルース・ベネディクトの『菊と刀』を読んで知ったとしている[49]。日本移住後、本棚には所持している日本文学作品を並べている[49]

日本のアニメや漫画も大好きであり、特に好きなアニメは『#アニメ|ベルセルク』『シュタインズ・ゲート』『いちご100%』『モノノ怪』『デスノート』『カイバ』、漫画は『ベルセルク』『BLAME!』が好みであり「ベルセルクは絶対に読んでくれ」とお勧めしている[50][51]。これらについても作風や世界観等を解説して好きな理由を語っている。いとうかなこの『シュタインズ・ゲート』の曲や平沢進の『ベルセルク』の曲も好きである。アニメ版『ナルト』は第1話から最終話まで視聴したと報告した。

アニメ『ゆるキャン△』を視聴し、日本移住後には富士山でキャンプ動画を撮りたいと語っている[52]

彼のどんな漫画やアニメを現在観ているかどうかは「my manga list」にて確認できる。

また、ガンダムプラモデルが好きであり、日本旅行のヴログ(ブイログ)にてどれを買って帰るか毎回悩んでいる。カードゲーム『遊戯王』(北米版)のデッキも所持しており、特にブルーアイズ・ホワイトドラゴンが好きである。

日本の寿司が大好物である。イギリスから日本に移住後視聴者から「日本とイギリスで魚は違う?」と質問され、「イギリスの魚と日本の魚の違い?天と地程の差がある。日本では当たり前の様に、どこでも最高の魚料理が食べれるし、美味しい魚が入手できる。最強の魚菜食主義者の自分が言うんだから間違いない。もう日本に移住したから言っていいと思うので言うが、イギリスの魚料理は正直、食べれた物ではなかった。フィッシュ&チップスは食べれたが、それ以外は、いや、これ以上は止めよう。」と語った[53]

日本のウイスキーを愛飲しており、2017年にはサントリーニッカ広島県産等の大好きなジャパニーズ・ウイスキーをテイスティングする動画を投稿。特にニッカの「フロム・ザ・バレル」が好みだとし、「悩んだらこれを買えばいい」と視聴者にお勧めしている[54]

2017年にローガン・ポールが日本にて迷惑行為をしながら観光をし、富士の樹海にて自殺者の遺体を撮影。それらを動画内にモザイク処理無しで載せつつ笑い話にした内容の動画をYouTube上に投稿して急上昇1位となった事件について、ローガン・ポールと米YouTube本社を動画「Logan Paul」「PEW NEWS」等で自身の過去の過ちを交えながらも痛烈に批判[23]。その後、日本に再度観光に訪れ、「日本の“森”に行ってみた」というタイトルで日本旅行のビデオブログを投稿した[55]

2018年4月、旅行で日本滞在中にマルツィアと婚約した。二人が出会ってちょうど8年目となる2019年8月19日(現地時間)、二人はロンドンのキューガーデンで結婚した[56][57]

マルツィアも700万人以上の登録者を持つ人気のYouTuberであったが、現在はYouTubeを引退。ただし、チャンネルは残っている。

TwitterFacebookでの投稿は現在行っておらず、YouTube以外ではInstagramやRedditを利用している。Instagramのフォロワーは2021年10月時点で21,714,065人であり、彼のアイコンである赤い四角などでデザインされたiPhoneケースやステッカーが購入できるサイトまで飛べるURLが張られている[58][59]

体質と精神面のためにと筋力トレーニングを日々行っており、自身の肉体をInstagramに投稿してファンを驚かせ絶賛された[60]

スウェーデンのファッションブランド「KappAhl[61]の前CIOであるジョハンナ・シェルバーグは彼の母親であり、父親のウルフ・クリスチャン・ケルバーグと妹のファニー・ケルバーグ、彼の妻のマルツィア・ビゾーニンとの5人家族である。家族仲は非常に良く、過去に彼の家族紹介の動画に母親と妹が出演したこともある[62]

2019年8月にビデオ制作から休憩することを計画していると示唆した[63]。同年12月14日に投稿した動画内で、2020年から自身のチャンネル及びYouTubeから離れて休息する事を公表[64]。同年1月末から休止したが、30日間の休息をし終えたとして同年の2月21日に再開した[65]

収入と資産[編集]

「YouTuberは仕事ではない」というスタンスで長年投稿しており、再生数や登録者数等を稼ぐ事に特別興味を持っていない[66]

フォーブス』が2018年度行ったYouTuberの年間収入公式調査では、彼は2017年に1550万ドル(約17億円)を稼いだと報告され、世界ランキング9位の収入を得た[67]。2018年に広告主は、彼に依頼したスポンサー付きビデオの依頼として最大45万ドル(約4500万円)を支払った[68]。世界的な影響力のあるトップYouTube Starの中では珍しく、収入目的での企業タイアップは基本的にせず、興味のある事以外の依頼は受けないスタンスであるため、ほとんどの収入源は動画の広告収入となっている。そのため、フォーブスが公式に計測しているYouTuberの年間収入世界ランキングでは10位前後になっている事が多く、他のYouTube Starが自身よりランキングの上位である場合が多い。2020年度のフォーブスの調査では、ゲーム実況者仲間のマークプライヤー(登録者数2780万人)は1950万ドル(約20億円)で世界ランキング5位、ピューディパイのBro Army(兄弟軍団)の一人でもあるMrbeast(ミスター・ビースト)(登録者数4780万)は2400万ドル(約25億円)で世界ランキング2位となったが、ピューディパイは10位以上のランキングから外れている[69]。2022年度のフォーブスの調査ではマークプライヤーが役3000万ドルで世界3位、Mrbeastが54万ドルで世界1位となっているが、ピューディパイは10位以上のランキングから外れている[70]

衣料品ブランド「Tsuki」をマルツィアと二人で設立し経営している[71][72]。衣類にはひらがなで「つき」や「つつつき」と印字されていたり、帽子やマグカップ等に日本のゆるキャラのようなアイコンが付けられている物となっている。本人が生産数を増やす気が余りないため、人気のある商品は入荷後すぐに売り切れてしまっている。

「Tsuki」以外でも時折に衣類やヘッドホンを独自にデザインした品を視聴者向けに販売する事があるが、過去に予約数に合わせて生産数を決める事をした結果、注文数が多すぎて困った事がある。その後、生産数を決めて販売するようにしているが、販売開始後に瞬時に売り切れる事が多い。

ピューディパイは2021年に自身のInstagramにて「ネオ・トウキョウ・セレクション」という自身のオリジナルTシャツの販売を開始したが、こちらも生産数を増やす気が余り無いため、2022年現在は全て売り切れ中である[73]

2022年現在は、ドリンクミックスブランド「G FUEL」より「ピューディパイ味(チェリー味)」を販売中[74]。また「ユズ・サムライ味」、「ロックマン味」を紹介している[75]

2021年の動画「How much does Pewdiepie Make」にて、「ピューディパイの2021年での純資産は推定4000万ドル」と書かれた記事や、「ピューディパイはビリオネア(純資産10億ドル)である」とした記事等が乱立しており、情報が錯綜しているのを取り上げ、どれも全て外しているとして「4000万ドルよりは多く、10億ドルよりは少ない」とコメントしている[76]

チャンネルの構成[編集]

ピューディパイのチャンネルは、プレイするゲームに対する彼のコメントとリアクションに大きな特徴がある。

スポンサー等に依存した活動を行ってはおらず、ゲームや世の中の出来事に対し、忖度無しで発信している。

ホラーゲームやアクションゲームのプレイで有名で、最も著名なのは「Amnesia: The Dark Descent」とそれに関連するMODの動画。彼のゲーム実況動画は一般的な攻略動画とは違い「俺の兄弟たちとYouTubeでゲーミングの体験を共有すること」を目的にしている。

彼はインディゲームの開発者を応援している。ピューディパイが特集したゲームは、しばしば売上に影響を与える。

愛飲している日本産ウイスキーを2017年に「$50 VS $500 WHISKEY」という動画内でテイスティングしながら紹介した際には、欧米での日本産ウイスキーの需要増加と、価格高騰のきっかけの一つになるほどに影響が出ている[77]

長年の間、プロフィール画像は顔の部分は赤い四角で隠された、永井豪原作の漫画・アニメ『デビルマン』に登場する「飛鳥了」が使用されていたが、2020年下旬から謎の人物(本人からも言及されていない)の写真に変更された。それに伴いチャンネルアートが「飛鳥了」(顔は隠されていない)に変わった。

2011年9月2日より週刊のビデオブログの投稿を開始。編集作業は一人で行っていた[5]

動画投稿の頻度は次第に高くなり、ほぼ毎日アップロードされるようになる。彼はYouTuberのBrad WOTOとSiveに編集を頼むことがあると言及したことがある。二人はピューディーパイのビデオの編集作業を動画で解説している[78][79]

ゲームプレイ以外の新しいフォーマットととしては「meme review」「LWIAY」「You Laugh, You Lose」「Pew News」「Book Review」「Fridays with PewDiePie」などがある。

チャンネルの視聴者層は13歳から17歳が11%、25歳から34歳が28%、18歳から24歳が44%、35歳から65歳以上が17%、55歳から64歳が1%となっている[80]

評判[編集]

「30歳以上の人の大半が知らない、世界でもっとも有名な人物[81]」と評されている。

ピューディパイは、ファンのことを「Bros(兄弟たち)」によって作られた「Bro Army(兄弟軍団)」と呼び、動画の最後に「Brofist(兄弟の拳)」を行う。

ピューディパイは、子供のファンのことを「9 YEAR OLDS(子供ら)」と呼ぶ。

「Social Star Awards」では、警備員の警告を無視して、ファン一人ひとりと挨拶するためにレッドカーペットの端を歩いた。

ピューディパイのチャンネルは、以前はMaker Studiosのゲーミングネットワーク「Polaris」にあったが、彼の言葉遣いの悪さを理由に契約を解除された。

彼のチャンネルは若い視聴者を強く引き付ける。Googleは彼らの傾向(Creation, Curation, Connection and Community)にちなんでC世代と呼んでいる。

ピューディパイは白人至上主義反ユダヤ主義黒人差別と受け取れる表現をライブ配信中に口にし、メディアから大きな批判を受けたことがある。彼は「My Response」のタイトルで謝罪動画を投稿した[82]

こんにちは。今回は言っておきたいことがあるんだ。前回のライブ配信での俺の “発言” についてだ。信じてくれないとは思うけど、他のプレイヤーの動画を観ていて、 今回の俺と同じ “言葉” を使った時、俺はいつも「幼稚だ」「バカだ」 とさえ思っていた。だが、今回、自分自身が “そういう” 配信をしてしまったことが恥ずかしい。あの瞬間、俺はつい興奮してしまって、俺が考えられる中で最悪な言葉を選んでしまった。つまり口から滑り出たんだ。この件について、俺は一切言い訳をするつもりはない。許されないことだからだ。俺は自分自身に失望している。自分の過去の “騒動” から何も学んでいなかったんだ。俺は自分が何を言おうが何をしようが自由だとは思っていない。全く違う。俺がバカだったということだ。でも、これだけで俺の言動や行いが許されるわけじゃない。許されるはずがない。今回の件で気分を害したり、傷ついたり、失望した人がいたら、本当に申し訳なかった。俺は今の自分の “立場” をもっと理解すべきだった。こんなことを繰り返し続けることはできない。俺がいるのは視聴者のおかげだから俺には挽回する義務がある。俺はあんな人間じゃない。俺は成長したいし、より良くありたいと本気で思ってる。それは自分のためだけじゃなく、俺を尊敬してくれる人や影響を受けている人のためだ。だからこそ、俺はここから前に進まなきゃならない。これが言いたかったことだ。観てくれてありがとう。 — PewDiePie

投稿後、コメント欄には「これがYouTuberとして真の謝罪」、「配信で聞き逃すくらい一瞬発言しただけで切り取られるとは恐ろしい」、「彼は前から立場は理解していた。これからも頑張ってほしい」等の書き込みがあった[83]

その後に各メディアが「彼は更生した」として賛辞の記事などで報じたが、それらの記事を投稿すると同時に最初に報じた「ピューディパイはナチスのようだ」から「ピューディパイはドナルド・トランプのようだ」に記事が改変されたりと、メディアが発言を改変した事について動画で疑問を語っている。

英国Ginx eSports TVは、「”ピューディパイ”ことシェルベリが”King of YouTube”とされるのは、チャンネル登録者数が1億1000万人を超えているという単純な数値的話では無い。”ピューディパイ”が何故世界中の莫大なファンから愛され続けているのかという理由を自身で示し続けているからです。」と評している[84]

慈善活動[編集]

ピューディパイはYouTubeで活動により稼いだ金額の内、数百万ドルを長年にわたり寄付してきている[85]

ピューディパイは世界自然保護基金セントジュード子どもリサーチ病院のための慈善活動に参加。また登録者が1000万人を超えたことを祝し、彼のファンが募金できる"Water Campaign"チャリティを始めた。目標額を250,000ドルとしていたが、そのチャリティは450,000ドルまで集まった。

T-Seriesとピューディパイの登録者競争は彼のファンやYouTube仲間の注目を集めるようになり動画のネタとしても扱われるようになった。ピューディパイ自身も動画や曲のネタとして扱ってはいるものの、視聴者に対して登録を強要するような意図はないとしている。しかし、一部のファンがインドの人々を侮辱するようなコメントを行うようになると、ピューディパイは「登録運動は過熱ぎみになっている」と発言し、悪意のあるコメントを止めるよう促した。彼は注目されている今の影響力を利用してインドの子供達のために募金活動を呼び掛ける動画を投稿し、[86]投稿一日で20万ドル以上寄付金が集まった[87]

登録者数1億人突破後に投稿した、1億人到達したクリエイターに贈呈されるレッドダイヤモンドの開封動画の中で、ユダヤ人の名誉毀損を阻止し、「すべての人に正義と公正な待遇を確保する」ことを目的とした非政府組織である名誉毀損防止リーグ(ADL)に多額の寄付をしたことも明らかにした。動画内では「追加のお祝いとして、あらゆる形態の偏見や偏見と戦う組織であるADLに500万ドル(約5億2000万円)を寄付するよ」と語った[88]

2019年、MrBeastが多くのファンから植林活動をしてほしいとリクエストされ、仲間のYouTuberにも呼びかけ「2ヵ月で20億円を集める」とした「TeamTreesプロジェクト」を開始。ピューディパイはまず約800万円を寄付しプロジェクトに参加。その後、実業家イーロン・マスクから約1億円、SpotifyのCEOトビアス・リュトケから約1億100円、YouTubeのCEOスーザン・ウォシッキーから約2000万円、Twitterの創設者ジャック・ドーシーから約4000万円が寄付される流れとなった[89]

2020年からYouTubeのチャンネルメンバーシップを開始。メンバー限定のゲーム配信を行っている。メンバーシップ開始から約1年間で150万ドル調達し、2021年8月には全額をアルツハイマー病の研究機関、世界食糧計画セーブ・ザ・チルドレン・レバノンブックトラスト等の11の機関に全額寄付[90]。ピューディパイは「これを可能にしてくれた兄弟達に心から感謝している」とファンに感謝を表した[91]。メンバーシップでの収入は、今後も信用に値する機関に全額寄付していくとしている[92]

YouTube並びにSNSへの問題提起[編集]

ピューディパイはYoutuberとYouTube社へ長年問題提起を行っている(詳細は「Is YouTube Really Worth It?」を参照)[93]

TwitterFacebookの拡散方法やおススメ、トレンド、それに伴うアルゴリズムに疑問を呈しており、2019年12月に「I hate twitter」というタイトルの動画[94]を投稿後にアカウントを完全に削除した。現在は新たなTwitterアカウントは保持しているが投稿用ではなく、「自分関連の犯罪抑制のために置いているだけ」としている。また、SNSでの書き込みや言い争い等による時間の浪費は人生の無駄だと視聴者に語っている[95]

Facebookに関してはCEOのマーク・ザッカーバーグへの疑心や疑問を語っており、2017年から2021年初頭まではFacebookでの投稿をしておらず、同社が保有するInstagramは使用しているがFacebook社がInstagramを手放す事を望んでいる[96][97]。2021年初頭からは、Facebookでの投稿を再開した。自分の利用するプラットフォームのYouTubeに対しても、GoogleやYouTubeに急上昇や扇動的なアルゴリズムの改善や、YouTuberの再生数の稼ぎ方、メンタルの問題を視聴者や同業者を含めて過去に何度も訴えている[98][99][100][101]

Bro Army(兄弟軍団)[編集]

ピューディパイはその長年の熱烈なファンのフォロワー、YouTuber、セレブリティが多く存在し、彼らは「Bro Army(兄弟軍団)」と称される。筆頭としては2021年YouTuber年間収入ランキング世界1位(約62億円)、(2022年4月時点で)登録者数9200万人のMrBeast等がいる。ピューディパイに何かが発生した場合、彼らは驚異的な団結力によりインターネット上と現実世界に影響を及ぼす事でも知られる。彼らは2018年末から2019年初頭まで発生した、YouTube史上最大の出来事の一つである「大登録者戦争(Great Subscriber War)」にてもその強力な影響力を世界規模で発揮した。

その他[編集]

テレビゲーム「Surgeon Simulator 2013」の宇宙人外科手術ステージにでてくる臓器のひとつは、ピューディパイに敬意を評して「Pewdsball」と呼ばれている。

2018年10月5日、Party In Backyardと共に作成した、T-Seriesを風刺した楽曲「bitch lasagna」を投稿[102]。2021年10月時点で再生数は295,284,039回、彼のチャンネルで最も再生数の多い動画となっている。

2019年4月1日、YouTuberのRoomieとBoyinabandのデイブと共に作曲・作詞した、チャンネル登録者数1位となったT-Seriesを祝福した楽曲「Congratulations」を投稿[103]。これは2番目に再生数の多い動画となっている。

2019年10月、ピューディパイは香港の抗議活動に対する中国政府のやり方を批判、中国政府を知らない視聴者向けに、中国の最高指導者である習近平ファニーネットミームを交えて紹介する動画を投稿し破竹の勢いで拡散された。その後、中国国内での彼に関連する言及、メディア、議論の書き込み、更に百度bilibiliといった人気のある検索エンジンや動画サイトから彼に関連する検索結果が全て削除された[104][105][106]。彼は規制後、「想定通りすぎてとても嬉しい。規制してくれてありがとう。」と語った。中国国内で同じく規制されたDJのZedd(ゼッド)は「ようこそ我々のクラブへ」と彼を絶賛した[107]。なお、中国国内ではそもそもYouTube及びGoogleへは金盾の検閲でアクセス不可能なため、ピューディパイの中国国内のファン達はVPNを使ってGoogle及びYouTubeにアクセスして楽しんでいる[108]

2021年2月、Cocomelonへのディストラック「Coco」を投稿したが、約4日後にYouTubeにより削除された。理由は「規約違反」だということ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b PewDiePie (24 November 2016). I WAITED 4 YEARS FOR THIS!!!!. PewDiePie. YouTube. 2016年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月26日閲覧Kjellberg received a second Silver / Gold Play Button for the Jack septiceye2 channel in 2016.
  2. ^ PewDiePie (11 June 2016). THE DIAMOND PLAYBUTTON (Part 3). PewDiePie. YouTube. 2016年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月11日閲覧
  3. ^ Cohen, Joshua (2016年12月19日). “YouTube Sends PewDiePie Custom Ruby Play Button To Commemorate 50 Million Subscribers”. Tubefilter. 2018年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月1日閲覧。
  4. ^ Weiss, Geoff (2019年9月9日). “YouTube Forges New 'Red Diamond Creator Award' For Channels With 100 Million Subscribers”. Tubefilter. 2020年3月27日閲覧。
  5. ^ a b c 「ユーチューブ最大のスター、ゲームして年収4億円」ウォール・ストリート・ジャーナル(2014年6月17日)
  6. ^ Henrik Johnsson (Producer) (9 August 2014). Felix "PewDiePie" Kjellberg (MP3) (Radio). Sveriges Radio. 2018年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月2日閲覧Kjellberg says his own name in Swedish using the alternative pronunciation [ˈɕɛ̌lːbærj] (with accent 1 rather than accent 2.)
  7. ^ a b 徳力基彦【奔流ビジネス】登録者数世界一のユーチューバー、日本に移住 海外目線で日本の魅力再発見『日経MJ』2022年6月24日(消費テック面)
  8. ^ PewDiePie hits 100 million YouTube subscribers” (英語). Metro (2019年8月25日). 2019年10月23日閲覧。
  9. ^ YouTube初の登録者1億人突破チャンネル個人はPewDiePie” (日本語). ITmedia NEWS. 2019年10月14日閲覧。
  10. ^ PewDiePie YouTube channel membership raises $1.5 million for charity” (英語). GINX (2021年8月31日). 2022年5月22日閲覧。
  11. ^ Moses, Tabitha. “PewDiePie is the KING of YouTube–at whatever cost”. The Lance. 2022年5月22日閲覧。
  12. ^ a b 登録者1億1100万人、世界1位のYouTuberピューディパイが日本へ移住” (日本語). KAI-YOU.net | POP is Here .. 2022年5月15日閲覧。
  13. ^ Johanna Kjellberg, CIO, Kappahl - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月9日閲覧。
  14. ^ PewDiePie バイオグラフィ”. 2022年6月16日閲覧。
  15. ^ Search” (英語). Times Higher Education (THE). 2021年1月8日閲覧。
  16. ^ Chalmers University of Technology” (日本語). www.facebook.com. 2021年1月8日閲覧。
  17. ^ MY NEW JOB - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月13日閲覧。
  18. ^ Making A Hot Dog From My Old Job - Cooking With Pewdiepie #2 - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月13日閲覧。
  19. ^ Is YouTube Really Worth It? - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月14日閲覧。
  20. ^ How To Get Started On YouTube - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月14日閲覧。
  21. ^ I WAS ON SOUTH PARK! - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月13日閲覧。
  22. ^ THE RUBY PLAYBUTTON / YouTube 50 Mil Sub Reward Unbox - YouTube”. www.youtube.com. 2022年5月15日閲覧。
  23. ^ a b 古田, アデル (2018年8月13日). “ローガン・ポールの意図が手に取るようにわかってしまうユーチューバーPewDiePie” (日本語). Ypsilon Magazine. 2021年1月14日閲覧。
  24. ^ FINALLY A GOOD VIDEO GAME. - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月20日閲覧。
  25. ^ PewDiePie Reveals His Channel Statistics After Alinity Suggested All His Fans Were 9 Year Olds” (英語). Dexerto (2018年7月1日). 2021年1月14日閲覧。
  26. ^ PewDiePie hits 100 million YouTube subscribers” (英語). Metro (2019年8月25日). 2019年8月25日閲覧。
  27. ^ Unboxing 100 MIL YouTube AWARD!! - YouTube”. www.youtube.com. 2022年5月15日閲覧。
  28. ^ @YouTube (2019年8月24日). "Married to @marziapie 💍 Revived our love of Minecraft ⛏️ Reached 100 million subscribers on YouTube ✔️ What a month to celebrate and congratulate @PewDiePie 👊" (ツイート). Twitterより2020年2月20日閲覧
  29. ^ PewDiePie (2019-02-03), Playing Fortnite to stop Tseries (Im desperate), https://www.youtube.com/watch?v=71FLPvjHVj0 2019年5月6日閲覧。 
  30. ^ PewDiePie reacts to landing largest Fortnite stream record” (英語). Metro (2019年2月6日). 2019年5月6日閲覧。
  31. ^ PewDiePie Net Worth - Just How Much is PewDiePie Worth?” (英語). Influencer Marketing Hub (2018年1月17日). 2019年8月15日閲覧。
  32. ^ PewDiePie defends £40,000 donation to Anti Defamation League” (英語). The Independent (2019年9月12日). 2021年1月12日閲覧。
  33. ^ The top 100 influencers, ranked” (英語). The Independent (2019年9月8日). 2019年12月16日閲覧。
  34. ^ It finally happened! - YouTube”. www.youtube.com. 2022年5月15日閲覧。
  35. ^ (日本語) Dream came true, thanks gamers, https://www.youtube.com/watch?v=p86Nw7nAgjw 2019年10月14日閲覧。 
  36. ^ Thoughts on Getting Robbed - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月9日閲覧。
  37. ^ It finally happened! - YouTube”. www.youtube.com. 2022年5月15日閲覧。
  38. ^ (日本語) It finally happened!, https://www.youtube.com/watch?v=N2N5ZwX6U20 2022年5月11日閲覧。 
  39. ^ 登録者数世界一位のYouTuber、ついに日本に移住” (日本語). マイナビニュース (2022年5月12日). 2022年5月13日閲覧。
  40. ^ Yamashita, Wakana. “世界1のYouTuberがプライベートジェットで日本移住。その理由は「飼い犬が太りすぎているから」” (日本語). BuzzFeed. 2022年5月15日閲覧。
  41. ^ It finally happened! - YouTube”. www.youtube.com. 2022年5月15日閲覧。
  42. ^ PewDiePie (2014-12-16), JAPAN VLOG!, https://www.youtube.com/watch?v=PPBP1LwBVZw 2019年4月7日閲覧。 
  43. ^ PewDiePie (2015-04-01), TESTING JAPANESE TOILETS, https://www.youtube.com/watch?v=6kRWRbbu7-g 2019年4月7日閲覧。 
  44. ^ PewDiePie (2018-04-19), Why I dont want to take your selfie . ||||||||||||||||||||SOMETIMES|||||||||||||||||||||, https://www.youtube.com/watch?v=mvmKC3mx3yQ 2019年4月7日閲覧。 
  45. ^ PewDiePie (2019-04-01), Going to forest in japan, https://www.youtube.com/watch?v=En4mjx1Rx5g&t=16s 2019年4月7日閲覧。 
  46. ^ This book will change your life! 🙌 BOOK REVIEW 🙌 - April - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月8日閲覧。
  47. ^ PewDiePie (2018-06-26), My favourite author, https://www.youtube.com/watch?v=b037fgPG9Ow 2019年4月7日閲覧。 
  48. ^ PewDiePie (2018-11-18), The secret to STOP 🅱️Series!!! 🙌 BOOK REVIEW 🙌, https://www.youtube.com/watch?v=OoRlp3--ckU 2019年4月7日閲覧。 
  49. ^ a b (日本語) Why Japan?, https://www.youtube.com/watch?v=D0-IrQY4ix8 2022年6月7日閲覧。 
  50. ^ why am I so embarrassed.. - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月8日閲覧。
  51. ^ My favourite manga - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月8日閲覧。
  52. ^ (日本語) Why Japan?, https://www.youtube.com/watch?v=D0-IrQY4ix8 2022年6月7日閲覧。 
  53. ^ (日本語) Why Japan?, https://www.youtube.com/watch?v=D0-IrQY4ix8 2022年6月22日閲覧。 
  54. ^ $50 VS $500 WHISKEY - YouTube”. www.youtube.com. 2022年5月15日閲覧。
  55. ^ Going to forest in japan - Japan Vlog Part 1 - YouTube”. www.youtube.com. 2022年5月15日閲覧。
  56. ^ (日本語) Marzia & Felix - Wedding 19.08.2019, https://www.youtube.com/watch?v=7PIMiDcwNvc 2019年8月25日閲覧。 
  57. ^ Leskin, Paige. “YouTuber PewDiePie got married to his longtime girlfriend — see the photos from their wedding day”. Business Insider. 2019年8月25日閲覧。
  58. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2021年1月9日閲覧。
  59. ^ FLOOR GANG ASSEMBLE! PewDiePie Case Collection” (英語). RhinoShield. 2021年1月9日閲覧。
  60. ^ PewDiePieはInstagramを利用しています:「Last day of no simp September boys」” (日本語). Instagram. 2021年1月9日閲覧。
  61. ^ Start”. www.kappahl.com. 2021年1月9日閲覧。
  62. ^ MEET MY FAMILY! - (Fridays With PewDiePie - Part 86) - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月9日閲覧。
  63. ^ Nyren, Erin (2019年12月15日). “PewDiePie Announces He’s Taking a Break From YouTube in 2020” (英語). Variety. 2019年12月16日閲覧。
  64. ^ PewDiePie announces break from YouTube because he's 'very tired'” (英語). Sky News. 2019年12月16日閲覧。
  65. ^ I went on a break for 30 days & THIS HAPPENED - LWIAY #00107 - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月8日閲覧。
  66. ^ Is YouTube Really Worth It? - YouTube”. www.youtube.com. 2022年5月15日閲覧。
  67. ^ Robehmed, Natalie. “Highest-Paid YouTube Stars 2018: Markiplier, Jake Paul, PewDiePie And More” (英語). Forbes. 2019年12月12日閲覧。
  68. ^ Robehmed, Natalie. “Highest-Paid YouTube Stars 2018: Markiplier, Jake Paul, PewDiePie And More” (英語). Forbes. 2019年12月12日閲覧。
  69. ^ Berg, Madeline. “The Highest-Paid YouTube Stars Of 2020” (英語). Forbes. 2021年1月14日閲覧。
  70. ^ Brown, Abram. “The Highest-Paid YouTube Stars: MrBeast, Jake Paul And Markiplier Score Massive Paydays” (英語). Forbes. 2022年5月22日閲覧。
  71. ^ Pewdiepie Launches New Unisex Clothing Brand Tsuki” (英語). Man of Many (2018年3月1日). 2019年12月16日閲覧。
  72. ^ Collections” (英語). Tsuki Market. 2019年12月16日閲覧。
  73. ^ https://pdp.store/
  74. ^ (日本語) cant believe markiplier did this to me, https://www.youtube.com/watch?v=R55ACTWHvBY 2022年5月24日閲覧。 
  75. ^ (日本語) cant believe markiplier did this to me, https://www.youtube.com/watch?v=R55ACTWHvBY 2022年5月24日閲覧。 
  76. ^ How much does Pewdiepie Make - YouTube”. www.youtube.com. 2022年5月15日閲覧。
  77. ^ (日本語) $50 VS $500 WHISKEY, https://www.youtube.com/watch?v=gfjgISRI5E4 2022年5月22日閲覧。 
  78. ^ Brad1: How To Edit A Pewdiepie Video - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月9日閲覧。
  79. ^ Sive1: How To Edit A Pewdiepie Video (2020 Update!) - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月9日閲覧。
  80. ^ PewDiePie Reveals His Channel Statistics After Alinity Suggested All His Fans Were 9 Year Olds”. Dexerto.com. 2019年12月16日閲覧。
  81. ^ ギーザ, レイチェル 著、富田直子 訳 『ボーイズ:男の子はなぜ「男らしく」育つのか』DU Books、東京、2019年、259頁。ISBN 9784866470887OCLC 1088408600https://www.worldcat.org/oclc/1088408600 
  82. ^ PewDiePie (2017-09-12), My Response, https://www.youtube.com/watch?v=cLdxuaxaQwc&t=35s 2019年4月8日閲覧。 
  83. ^ PewDiePie (2017-09-12), My Response, https://www.youtube.com/watch?v=cLdxuaxaQwc&t=35s 2019年4月8日閲覧。 
  84. ^ PewDiePie YouTube channel membership raises $1.5 million for charity” (英語). GINX (2021年8月31日). 2022年5月22日閲覧。
  85. ^ PewDiePie YouTube channel membership raises $1.5 million for charity” (英語). GINX (2021年8月31日). 2022年5月22日閲覧。
  86. ^ PewDiePie (2018-12-03), This is getting out of control..., https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=p8L-LjWHpjw 2019年4月9日閲覧。 
  87. ^ PewDiePie fans raise more than $200,000 in one day for children's charity” (英語). Metro (2018年12月4日). 2019年4月9日閲覧。
  88. ^ PewDiePie defends £40,000 donation to Anti Defamation League” (英語). The Independent (2019年9月12日). 2021年1月9日閲覧。
  89. ^ 『2ヵ月で20億円』集めろ!有名ユーチューバーたちの「地球規模」の活動に寄付殺到 (2019年11月13日)” (日本語). エキサイトニュース. 2022年5月22日閲覧。
  90. ^ PewDiePie YouTube channel membership raises $1.5 million for charity” (英語). GINX (2021年8月31日). 2022年5月22日閲覧。
  91. ^ PewDiePie YouTube channel membership raises $1.5 million for charity” (英語). GINX (2021年8月31日). 2022年5月22日閲覧。
  92. ^ PewDiePie YouTube channel membership raises $1.5 million for charity” (英語). GINX (2021年8月31日). 2022年5月22日閲覧。
  93. ^ (日本語) Is YouTube Really Worth It?, https://www.youtube.com/watch?v=2zHXp_gvL34 2022年5月22日閲覧。 
  94. ^ I hate twitter - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月9日閲覧。
  95. ^ I hate twitter - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月8日閲覧。
  96. ^ Mark Zuckerberg Is Not Human - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月9日閲覧。
  97. ^ Facebookにログイン” (日本語). Facebook. 2021年1月9日閲覧。
  98. ^ Is YouTube Really Worth It? - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月8日閲覧。
  99. ^ DON'T START YOUTUBE BEFORE WATCHING THIS! - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月8日閲覧。
  100. ^ HOW TO GET BIG ON YOUTUBE? - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月8日閲覧。
  101. ^ LOGAN PAUL - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月8日閲覧。
  102. ^ (日本語) bitch lasagna, https://www.youtube.com/watch?v=6Dh-RL__uN4 2019年9月8日閲覧。 
  103. ^ (日本語) Congratulations, https://www.youtube.com/watch?v=PHgc8Q6qTjc 2019年9月8日閲覧。 
  104. ^ Romano, Aja (2019年10月24日). “China reportedly censored PewDiePie for supporting the Hong Kong protests. He’s not the only one.” (英語). Vox. 2019年12月12日閲覧。
  105. ^ Gerken, Tom; Allen, Kerry (2019年10月25日). “No, PewDiePie is not banned in China” (英語). https://www.bbc.com/news/blogs-trending-50166474 2019年12月12日閲覧。 
  106. ^ Gerken, Tom; Allen, Kerry (2019年10月25日). “No, PewDiePie is not banned in China” (英語). https://www.bbc.com/news/blogs-trending-50166474 2019年12月16日閲覧。 
  107. ^ Leskin, Paige. “YouTuber PewDiePie says he's been 'banned' in China after comparing the country's president to Winnie the Pooh”. Business Insider. 2021年1月9日閲覧。
  108. ^ Leskin, Paige. “YouTuber PewDiePie says he's been 'banned' in China after comparing the country's president to Winnie the Pooh”. Business Insider. 2021年1月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]