スーパーチャット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スーパーチャット (Super Chat) は、YouTubeライブチャットや動画の公開時に、チャット欄で自分のメッセージを目立たせるための権利を購入する機能[1][2]。ギフティング機能の一種(投げ銭)であり、略称は「スパチャ」[3]

概要[編集]

2017年1月12日に一部ユーザー向けにベータ版がグローバルに公開され、1月31日にさらに広く適用された[4]。日本では同年2月7日以降に利用可能となった[5]。本機能の導入に伴い、投げ銭機能の視聴者ファンディングが同年2月28日に終了した[6]

金額が高くなるほど、チャット欄の上部にアイコンとメッセージを表示させる時間が基本的に長くなり、入力可能な文字数が増え、背景の色が変わる[7]。ただし、少額ではメッセージが入れられず、チャット欄上部への固定表示ができない。色は金額が低いものから順に青、水、黄緑、黄、オレンジ、マゼンタ、赤の7色で、とくに赤色は「赤スパ」と呼ばれる。購入金額に上限があり、1日あたり 500USドル(相当額)、または 1週間あたり 2,000USドル(相当額)まで購入できる[8]。なお、自らの意志で購入した場合は払い戻しができない[9]

クリエイターがスーパーチャットを利用するには、少なくとも5つの条件を満たす必要がある[10]

  1. 収益化ポリシーへの準拠
  2. YouTubeパートナープログラムを利用可能な国や地域に居住すること
  3. 有効な公開動画の総再生時間が直近12ヶ月で4,000時間以上
  4. 登録者数が1000人以上いる
  5. リンクするAdSenseアカウントを持っていること。

スーパーチャットとして課金された総額の3割は、YouTubeに手数料として徴収され、それ以外に決済、サービス、アプリの手数料などがかかる[11][12]

スーパーチャット、チャンネル名、プロフィール写真、購入金額は一般公開され、APIでも利用できる場合がある[8]

クリエイター側のメリットとしては、動画の視聴数に影響されず収入が得られるほか、視聴者の意見の確認やコミュニケーションを主体とした動画の作成など、新たな交流手段が得られる[11]視聴者側のメリットとしては、従来の投げ銭と同じく賞賛を簡単に伝えられるほか、メッセージ機能や送る額の数字の並びを活用し、配信者への応援、質問、会話、リクエスト、動画の盛り上げや、名前を覚えてもらうためのアピールなどがある[11]

YouTubeによると、2019年始めにスーパーチャットなどのプログラムを導入した数千のチャンネルが収入を2倍以上に増加させたとしている[13]。また、10万以上のチャンネルが利用し、一部の配信では毎分400ドルの収入を生んでいるという[13]。2019年のスーパーチャットの収益ランキング(PLAYBOARD)において、トップ10の内、5人が日本、3人が韓国のクリエイターで東アジアで人気がある[14]。一方でデータ・アンド・ソサエティ研究所のジョアン・ドノバンは、手軽に収益化が得られることで過激なコンテンツの拡大を後押しし、監視が行き届いていないと話した[15]

2020年3月4日、新型コロナウイルス感染症流行に伴い無観客ライブを行うM.S.S Projectが1億円超を集めた[16]

Super Chat 価格表
購入額(円) 色名 最大文字数 ティッカー表示時間
100-199円 - -
200-499円 50 -
500-999円 黄緑 150 2分
1,000-1,999円 200 5分
2,000-4,999円 225 10分
5,000-9,999円 マゼンタ 250 30分
10,000-19,999円 270 1時間
20,000-29,999円 290 2時間
30,000-39,999円 310 3時間
40,000-49,999円 330 4時間
50,000円 350 5時間

脚注[編集]

  1. ^ YouTube、クリエーターに投げ銭できるステッカー「Super Stickers」を提供開始” (日本語). CNET Japan (2019年11月6日). 2020年2月24日閲覧。
  2. ^ YouTuber向けに3つの収益化ツール 月額490円のサブスクリプションなど”. ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。
  3. ^ “YouTubeビデオの過激化をあおる「スパチャ」、“投げ銭”が差別主義者の資金源に”. Buzz Feed News. (2018年6月3日). https://www.buzzfeed.com/jp/ishmaeldaro/youtube-comments-hate-speech-racist-white-nationalists 2020年3月4日閲覧。 
  4. ^ Garun, Natt (2017年1月12日). “YouTube launches Super Chat, a tool that lets you pay to pin comments on live streams” (英語). The Verge. Vox Media. 2020年5月17日閲覧。
  5. ^ YouTube、スマホからのライブストリームと新“投げ銭”機能「Super Chat」の提供開始”. ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。
  6. ^ YouTubeライブに有料コメント機能 “投げ銭”を刷新”. ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。
  7. ^ YouTube、スマホからのライブストリームと新“投げ銭”機能「Super Chat」の提供開始”. ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。
  8. ^ a b Super Chat または Super Sticker を購入する - パソコン - YouTube ヘルプ”. support.google.com. Google. 2020年5月17日閲覧。
  9. ^ 払い戻しを受ける - Android - YouTube ヘルプ”. support.google.com. Google. 2020年5月17日閲覧。
  10. ^ YouTube パートナー プログラムの概要と利用資格 - YouTube ヘルプ”. support.google.com. Google. 2020年5月17日閲覧。
  11. ^ a b c スパチャ(スーパーチャット)とは?Youtubeライブでの送り方や取り分を解説”. iPhone/Androidスマホアプリ - ドットアップス(.Apps). シロク. 2020年5月17日閲覧。
  12. ^ How to Live Streaming:DIYライブ配信メソッド”. Spincoaster. Spincoaster (2020年3月31日). 2020年5月17日閲覧。
  13. ^ a b Perez, Sarah. “YouTubeがクリエーターを支援するスタンプ[Super Stickersを公開”. TechCrunch Japan. Verizon Media. 2020年5月17日閲覧。
  14. ^ DIFF. “Youtube Most SuperChated Ranking” (英語). PLAYBOARD. 2020年5月21日閲覧。
  15. ^ Silverman, Ishmael N. Daro, Craig. “YouTubeビデオの過激化をあおる「スパチャ」、“投げ銭”が差別主義者の資金源に” (英語). BuzzFeed. BuzzFeed Japan. 2020年5月17日閲覧。
  16. ^ 新型コロナで公演中止のM.S.S Project、無観客ライブ配信にファンの“投げ銭”止まらず 「スパチャ1億」トレンド入り”. ITmedia NEWS. アイティメディア. 2020年5月17日閲覧。


関連項目[編集]