ジョン・ルビンスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョン・ルビンスタイン(Jon Rubinstein, 1956年4月12日 - )は、アメリカ合衆国のコンピュータ技術者であり、実業家

コロラド州立大学卒業後、ヒューレット・パッカードアーデントコンピュータをへて、1990年NeXT入社。スティーブ・ジョブズのもとハードウェア部門担当の副社長に就任した。1993年のNeXTハードウェア部門のキヤノンへの売却に伴い、同部門はPower House Systems(のちFirePower Systemsへ改名し、PRePに準拠したパソコンを製造[1])として切り離された。

アップルコンピュータによるNeXT買収後、アップルのハードウェア部門担当の上級副社長に就任し、再びジョブズのもとで働くことになる(ちなみに、同時期のソフトウェア部門担当の上級副社長はNeXTのソフトウェア部門担当副社長アビー・テバニアンである)。PowerBook G3を皮切りに、iMaciBookの開発に携わる。iPod立ち上げの立役者の一人で、「Pod-father」(iPodの父)といわれている[2](なお、他に「iPodの父」といわれる人物はトニー・ファデルジェームス比嘉スタン・イングなど複数存在する[3])。2004年にiPod部門の責任者となった。

2006年アップル退社後、2007年からPalm, Inc.の会長に就任し、2009年6月からは同社のCEOに就任した[4]。2010年10月、HPによるPalm買収の完了後、WebOSとPalmデバイスを担当するPersonal Systems Groupの統括責任者兼上級副社長となった[5]が、2012年1月に辞任した[6]。また、2010年12月にはAmazon.comの社外取締役にも就任している[7]。また、2013年5月6日、クアルコムの社外取締役にも選出された[8]

同名の俳優は別人(JonとJohnの違い)。

脚注[編集]