Enyo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Enyo
開発元 LG
最新版 2.2 / 2013年2月21日(23か月前) (2013-02-21
プログラミング言語 Object-oriented programming
対応OS Cross-platform
サイズ 17 KB (archived)
サポート状況 Active
種別 JavaScript framework
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト enyojs.com
テンプレートを表示

Enyo(あるいはEnyoJS) はオープンソースJavaScriptフレームワークで、クラスプラットフォームなモバイル、デスクトップやテレビ、ウェブアプリケーションを開発することができ、その設計はオブジェクト指向のコンポーネントやモジュール化に重点が置かれている[1]

初期の開発はPalm社によって行われ、後にヒューレット・パッカードによって獲得され、Apache 2.0ライセンスで公開された[2]LGおよびヒューレット・パッカードがスポンサーとなっている。

Bootplate[編集]

Bootplateはアプリの生成を簡単にする方法であり、プログラムフォルダツリーのスケルトンを提供する。 Bootplateテンプレートは完全なプロジェクトを開始することができ、ソースコードのコントロールやクラスプラットフォーム開発をサポートする。 新しいプロジェクトの開始およびデプロイの両方で使われる[3]

ライブラリ[編集]

  • Layout (Fittables, scroller, list, drawer, panel)
  • Onyx (webOSオリジナルのスタイルに基づいているが、あらゆるプラットフォームで利用可能)
  • Moonstone (LG SmartTVアプリに基づいているが、あらゆるプラットフォームで利用可能)
  • Spotlight (キー入力ベースのやりとりとポイントを指定してクリックするリモコンアプリに対応)
  • Canvas
  • Extra
  • iLib (国際化対応)

採用例[編集]

これらのプロジェクトがEnyoでビルドされている:

Enyoアプリの一部は Enyo Apps にある。 開発者のいくらかは Enyo Developer Directory にある。

[編集]

これはEnyoによるHello worldプログラムの例である。

enyo.kind({
  name: "HelloWorld",
  kind: enyo.Control,
  content: 'Hello, World!',
});
 
new HelloWorld().write();

サポートされるプラットフォーム[編集]

通常、Enyoは比較的モダンな標準ベースのウェブ環境で広く動作するが。しかしそれらは3つのティアに分かれる。

2013年現在、[8]サポート対象は:

  • Tier 1 - 高い優先度でサポートされる:

スマートフォン用パッケージアプリ: iOS6, iOS5 (PhoneGap), Android 4+ (PhoneGap), Windows 8 および Phone 8 Store アプリ, Blackberry 10 (PhoneGap), Chrome Web Store アプリ.

デスクトップブラウザ: Chrome (最新), Safari (最新), Firefox (最新), IE10, IE9, IE8.

モバイルブラウザ: Android 4+ Chrome, Kindle Fire およびその HD, iOS6, iOS5, Blackberry 10, IE10 (Windows 8, Windows Phone 8).

  • Tier 2

スマートフォン用パッケージアプリ: Firefox OS (pre-release).

デスクトップブラウザ: Opera, Chrome >10, Firefox >4, Safari >5.

モバイルブラウザ: Android 4+ Firefox, Android Opera Mobile, iOS4, and others.

  • Tier 3 - 部分的なサポート

モバイルブラウザ: Windows Phone 7.5.

バージョン[編集]

Release date

Version number

Notes

2011-02-09 1.0 (HP)[9]
  • Resolution independent, one code for Tablet and Cell Phones
  • Fully ready for the HP TouchPad
2012-02 1.0 (Open Source) HP open sources Enyo under the Apache 2.0 license
2012-02-25 2.0b
  • 最初のEnyo 2 beta版
  • Enyo 1が全てのモダンな環境をサポートした。 iOS, Android, Safari, Firefox, Chrome, and IE8+などを含む。
2012-07-18 2.0 Enyo 2 production version
2012-08-30 2.0.1
2012-10-26 2.1
  • Chrome (for Android and iOS6) support
  • Theming more flexible, localization, and new widgets
  • Bootplate,Samples and other enhancements and fixes
2012-11-28 2.1.1 Kindle Fire HD and IE 10 (for Windows 8,RT and Phone) support
2013-02-21 2.2
  • Windows 8, Windows Phone 8 and BlackBerry 10がサポートされた
  • 無限にスクロールし、ドラッグ&ドロップで順番の変えられるリスト
  • 小規模な拡張および修正
2013-10-18 2.3.0-pre.10[10]
  • MVCモデルのアプリケーション開発をサポートした
  • Moonstoneおよび Spotlightのサポート
  • Tightly bound to the release and production schedule for the LG webOS TV
2014-02-05 2.4.0-pre.1 [11] Focus for the cross-platform Enyo community (more than 2.3).

参考[編集]

参照[編集]

  1. ^ Developing Enyo Applications”. 2011年12月30日閲覧。
  2. ^ HP: WebOS, Enyo app framework goes open source”. 2011年12月30日閲覧。
  3. ^ Bootplate Github”. 2012年7月24日閲覧。
  4. ^ LG MAKES SMART TV SIMPLE WITH NEW WEBOS SMART TV PLATFORM”. 2014年2月7日閲覧。
  5. ^ LG Electronics Acquires webOS from HP to Enhance Smart TV”. 2013年9月8日閲覧。
  6. ^ Openbravo Mobile: Technical Overview and Roadmap”. 2014年3月22日閲覧。
  7. ^ A Shorter Letter”. 2014年4月6日閲覧。
  8. ^ Supported Platforms”. 2013年9月8日閲覧。
  9. ^ webOS Enyo framework free to developers today, brings pixel density agnostic apps to phones, tablets and PC”. 2013年9月8日閲覧。
  10. ^ Announcing Enyo 2.3.0-pre.10”. blog.enyojs.com. 2014年3月25日閲覧。
  11. ^ Introducing Moonstone, Spotlight and Enyo 2.4”. blog.enyojs.com. 2014年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]