Apache Tomcat

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Apache Tomcat
Apache Tomcat logo.svg
Apache-tomcat-frontpage-epiphany-browser.jpg
Apache Tomcatのデフォルト画面
開発元 Apache Software Foundation
最新版
10.0.5 / 2021年4月6日 (23日前) (2021-04-06) [1]
リポジトリ ウィキデータを編集
プログラミング
言語
Java
対応OS クロスプラットフォーム
プラットフォーム Javaプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 Webコンテナ
HTTP Webサーバー
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト tomcat.apache.org
テンプレートを表示

Apache Tomcat(アパッチ トムキャット)は、Java ServletJavaServer Pages (JSP) を実行するためのWebコンテナ(サーブレットコンテナ、サーブレットエンジン)である。Apache License 2.0を採用したオープンソースソフトウェア

2005年以降、Apacheソフトウェア財団のトップレベルプロジェクトのひとつであるApache Tomcat Project 内で開発されている [2]。それ以前はかつて存在していたJakartaプロジェクト内で開発されていた。

構成[編集]

Tomcat 5.0 から、Jasper2 を含む。

  • Catalina - Servlet コンテナ
  • Coyote - HTTPサーバー
  • Jasper, Jasper2 - JavaServer Pages

各バージョンごとの対応関係[編集]

バージョン 8.5.xは、Java Servlet 3.1、JavaServer Pages 2.3対応で、Java 7 以降が必要で[3]、バージョン8.0.xを置き換えることを目的としており、バージョン9.0.xから引き出された新機能が含まれている。

バージョン 9.0.x は、Java Servlet 4.0、JavaServer Pages 2.3対応で、Java 8 以降が必要である[3]

バージョン 10.0.x は、Java Servlet 5.0、JavaServer Pages 3.0対応で、Java 8 以降が必要である[3]

リファレンス実装としてのApache Tomcat[編集]

サーブレットやJSPのオフィシャルなリファレンス実装に使用されてはいるが、リファレンス実装そのものではない。

HTTPサーバーとの連携[編集]

Apache Tomcat は安定して動作し、静的コンテンツのHTTPサーバーとしても使えるので単体で用いることもできる。また、Tomcat 以外のHTTPサーバーがHTTPリクエストを受け付け、必要に応じてサーブレットコンテナにリクエストを渡すという構成でHTTPサーバーと連携させて用いることもできる。ただし、別 HTTP サーバーとコネクタ連携をすると、Advanced IO (Comet) など一部の機能が使えなくなる。例えば、Apache HTTP Server とコネクタモジュールを用いて連携を行う場合、Apache Tomcat 側では mod_jk をコネクタとして配布している。また、Apache 2.2以降は mod_jk とは別な方法として、mod_proxy_ajp モジュールを用いる方法もある。

リリース履歴一覧[編集]

Apache Tomcatのバージョン
バージョン リリース 補足事項
3.0.x. 1999 初回リリース。寄贈されたSunJava Web ServerコードとASFを統合し、Servlet2.2とJSP1.1の仕様を実装
3.3.2 2004-03-09 3.x 系列の最終版
4.1.31 2004-10-11
4.1.40 2009-06-25 4.x 系列の最終版
5.0.0 2002-10-09
5.0.30 2004-08-30 5.0 系列の最終版
5.5.0 2004-08-31
5.5.36 2012-10-10 5.5 系列の最終版[4]
6.0.0 2006-12-01 Servlet 2.5JSP 2.1EL 2.1 仕様をサポートする最初のリリース
6.0.10 2007-02-28 6.0 系列の最初の安定版[5]
6.0.53 2017-04-02 6.0 系列の最終版[6]
7.0.0 beta 2010-06-29 Servlet 3.0JSP 2.2EL 2.2 およびWebSocket仕様をサポートする最初のリリース
7.0.6 2011-01-14 7.0 系列の最初の安定版[7]
7.0.109 2021-04-26 7.0 系列の最終版[8]
8.0.0 2013-08-18 Servlet 3.1 および JSP 2.3 仕様をサポートする最初のリリース
8.0.9 2014-06-25 8.0 系列の最初の安定版[9]
8.0.53 2018-07-05 8.0 系列の最終版[10]
8.5.3 2016-06-13 8.5 系列の最初の安定版
8.5.65 2021-04-06 8.5 系列の最新版
9.0.1 beta 2017-09-30 Servlet 4.0 仕様をサポートする最初のApacheTomcatリリース
9.0.4 2018-01-22 9.0 系列の最初の安定版
9.0.45 2021-04-06 9.0 系列の最新版
10.0.0 beta 2020-12-08 Servlet 5.0、JSP 3.0、EL 4.0、WebSocket 2.0、認証 2.0 仕様をサポートする最初のApacheTomcatリリース
10.0.2 2021-02-02 10.0 系列の最初の安定版
10.0.5 2021-04-06 10.0 系列の最新版

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]