Systems Network Architecture

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Systems Network Architecture ( SNA ) は、IBM1974年に作ったコンピュータネットワークアーキテクチャであり、更にはそれに基づいたプロトコルスタックである。

概要[編集]

SNAは、コンピュータとその資源を結ぶ、完全なプロトコルスタックである。SNA はプロトコルの体系(仕様)であり、それ自身にはプログラム(製品)は含まない。SNA の実装については、様々な形のコミュニケーションパッケージが出ており、最も有名なものは、メインフレーム環境において SNAコミュニケーションを実現する VTAM である。

SNA は、政府の機関、銀行金融機関トランザクションネットワークなど広く使われ、特に企業向けの大規模ネットワークでは事実上の標準となった。また最新のz/OSz/VSEz/VMにもVTAMは含まれている。しかし現在はTCP/IPに移行しつつある。

利点と不利点[編集]

SNA はアプリケーションプログラムからリンクコントロールを除去した。その機能を、ネットワークコントロール専用のプログラムへ移した。このことは、以下に記す利点と不利点を生んだ。

利点[編集]

  • テレコミュニケーションネットワークにおける問題の局地化が容易になった。これは、コミュニケーションリンクに関わるソフトウェアの量が、相対的に少なくなったからである。
  • アプリケーションプログラムにコミュニケーションに関する機能を付け加えることが容易になった。ソフトウェアタイマーやプロセッサーへの割込みを要求する手に負えないリンクコントロールの部分をシステムソフトウェアや NCP へ移したからである。

不利点[編集]

  • SNA ではないネットワークへの接続が困難なこと。SNA の「現在のバージョン」でサポートされないコミュニケーションの仕組みを持つアプリケーションは、困難に直面した。IBM が X.25 を SNA のサポートに含める前は、X.25 ネットワークへの接続は困難であった。X.25 と SNA プロトコルのコンバージョンは、NCP ソフトウェアの修正または外部にプロトコルコンバーターを設置することによって可能となった。
  • 一見して、SNA ネットワークは、TCP/IP ネットワークと比較して非常に高価なものとして登場した。小さなネットワークにとっては、それは本当に高価なものだった。しかし成長していく大きなネットワークの複合体にとっては、SNA ストラクチャーは安価なネットワークパスを提供するものだった。

TCP/IPとの比較[編集]

  • VTAMを中心とした中央集権型である(Peer to Peerを謳ったLU6.2は普及しなかった)
  • 同一回線内の複数セッション間で優先順位がつけられる
  • コマンドで特定の接続先(PU、LU)を通信開始や通信切断できる
  • 接続先(PU、LU)とのセッションを常時監視している(ポーリング)
  • 標準で暗号化できる
  • 必要な回線速度が高い精度で見積もりできる
  • 機器が専用であり高価である
  • 専用のスキル・要員が必要である

論理ユニットタイプ ( Logical Unit Types )[編集]

SNA は、様々な種類のデバイスを、各々 a Logical Unit grouping として同定する。LU0 は定義されていないデバイスまたはユーザーが自身で定義したプロトコルを意味する。LU1 はプリンターを意味する。LU2 はダム端末を意味する。LU3 は3270プロトコルを用いるプリンターを意味する。LU4 はバッチ端末を意味する。LU5 は定義されたことがない。LU6 は2つのアプリケーション間のプロトコルを意味する。LU7 は 5250 端末を用いたセッションのために用意されている。使われる最初の LU は、LU1 と LU2、そして w:LU6.2 である( LU6.2 は、アプリケーションとアプリケーションの会話のための進歩したプロトコルである)。

SNAとOSI参照モデル[編集]

SNAは7階層の考え方がある。

また、IBMだけでなく、国際標準としても、通信の考え方を規程する必要が出てきた為、ISOにより、1983年にOSI参照モデルが制定された。このときISOはIBMのSNAを参考にしたと云われているため、SNAとOSI参照モデルは似た構成になっているが、細部は異なる。

SNA
第7層 トランザクションサービス層
第6層 プレゼンテーションサービス層
第5層 データフローコントロール層
第4層 トランスミッションコントロール層
第3層 経路制御層
第2層 データリンクコントロール層
第1層 物理制御層
OSI参照モデル
第7層 アプリケーション層
第6層 プレゼンテーション層
第5層 セッション層
第4層 トランスポート層
第3層 ネットワーク層
第2層 データリンク層
第1層 物理層

実装と発表[編集]

SNAは1974年9月に「通信の高度化機能」(Advanced Function for Communications)の発表の一部として全世界で発表され、そのSNAのSynchronous Data Link Control(SDLC)プロトコールの実装が次の新製品に行なわれた:

  • IBM 3767 コミュニケーション端末機(プリンター)
  • IBM 3770 データ・コミュニケーション・システム

これらはIBM/3704/3705通信制御装置のネットワーク・コントロール・プログラム(NCP)やシステム/360とシステム/370のVTAMやその他CICSIMSなどのソフトウェアでサポートされている。このあと、1974年7月にIBM 3760データ・エントリー・ステーション、IBM 3790コミュニケーション・システム。IBM 3270の新しいモデルとSNAの実装は続いている。

SNAはおもに米国IBMのシステムズ開発部門(Systems Development Division)のノースカロライナリサーチ・トライアングル・パーク(R.T.P.)製品開発研究所のデザイン部署で行なわれ、それを実装した他の製品開発研究所(IBM 3767は藤沢研究所、のちの大和研究所;IBM 3770はR.T.P.研究所)も援助して行なわれたので、日本人も数人がSNAのデザインに参加している。詳細はのちにIBMのシステム・リファレンス・ライブラリー(SRL)マニュアル、IBM Systems Joornalなどで主要部分が公開された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]