リサーチ・トライアングル・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リサーチ・トライアングル・パーク本部

リサーチ・トライアングル・パークResearch Triangle Park、略称:RTP)は、アメリカ合衆国東海岸南部のノースカロライナ州の「リサーチ・トライアングル」地域に立地するリサーチ・パーク園。同州中央部の三都市、ダーラム、州都・ローリーチャペルヒル、およびそれぞれにあるデューク大学ノースカロライナ州立大学ノースカロライナ大学チャペルヒル校を結ぶ三角形(トライアングル)がその名の由来である。約28km²の敷地に170社以上を抱え、42,000人を雇用する。スタンフォード大学を筆頭とするシリコンバレーMITを筆頭とするルート128, コーネル大学を筆頭とするシリコンアレーと並び、全米最大級のハイテクパークである[1]

概況[編集]

リサーチ・トライアングル・パークはデューク大学ノースカロライナ州立大学ノースカロライナ大学チャペルヒル校、州政府、地方政府および研究開発企業の利害が一致した形で1959年に設立された。公園が立地している土地は、カール・ロビンスが購入したものであった。現在では、リサーチ・トライアングル・パークは全米有数のハイテクパークである。アラバマ州ハンツビルのカミングス研究公園やリッチモンドのバージニア・バイオテクノロジー研究公園(Virginia BioTechnology Research Park)と並んで、リサーチ・トライアングル・パークは「東海岸」を代表する世界的な科学技術のリーダーシップの中心地となっている。

位置的には、リサーチ・トライアングルの中でもやや西のほうにあり、ダーラム市やチャペルヒル市、ローリー市を中心地域とする。敷地の大部分はダーラム郡に属し、一部がウェイク郡にまたがっている。公園の管理には非営利団体であるリサーチ・トライアングル財団が当っている。

立地する企業と団体[編集]

リサーチ・トライアングルは約28km²の敷地に170社以上を抱え、42,000人を雇用している。IBMが約11,000人の従業員を抱える、世界最大級の業務拠点を置いている。また、英系製薬メジャーのグラクソ・スミスクラインは、約5,000人の従業員を抱える、同社最大の研究開発センターをリサーチ・トライアングル・パークに置いている。また、アメリカ国立衛生研究所が国立環境衛生科学研究所(National Institute of Environmental Health Sciences)を以前からここに開設している。

パークの北側のモリスビルには米国レノボの本社など、パークの南側のケーリーにはSAS研究所などが所在するなどの普及効果も出している。

交通[編集]

リサーチ・トライアングル・パーク付近の道路図

リサーチ・トライアングル・にほぼ接してローリー・ダーラム国際空港があり、国内および海外の航空路線が発着している。鉄道はアムトラックがローリー・ユニオン駅(Raleigh Union Station)およびケーリー駅(Cary station)があり、アムトラックのアメリカ東海岸路線列車(ニューヨーク市マイアミ)およびノースカロライナ州横断鉄道路線列車(ローリー~シャーロット)を利用できる。

パーク内には州間高速道路40号線ノースカロライナ州道147号線Durham Freeway)が通っている。国道70号線 (アメリカ合衆国)はパークの北側を、ローリーとダーラムをローリー・ダーラム国際空港経由で結ぶ。ローリーには国道1号線と外環状線と内環状線が通っている。

参考文献[編集]

  • Link, A.N. A Generosity of Spirit: The Early History of the Research Triangle Park. Research Triangle Park. The Research Triangle Foundation of North Carolina. 1995年.
  • Link, A.N. From Seed to Harvest: The Growth of the Research Triangle Park. Research Triangle Park. The Research Triangle Foundation of North Carolina. 2002年.

[編集]

  1. ^ About RTP. Research Triangle Park of North Carolina.

外部リンク[編集]