Windows MultiPoint Server

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Windows MultiPoint Server(ウィンドゥズ マルチポイント サーバー)はマイクロソフトによるサーバー用オペレーティングシステムである。 リモートホストを使用することで複数の独立した端末を同時に稼働させることができる。

バージョン[編集]

Windows MultiPoint Server 2010[編集]

2008年2月10日にWindows Server 2008 R2をベースとしてリリースされた。

Windows MultiPoint Server 2011[編集]

2011年3月10日にWindows Server 2008 R2 SP1をベースとしてリリースされた。

Windows MultiPoint Server 2012[編集]

2012年2月27日にリリース。

  • マルチポイントダッシュボードを追加。端末に登録されている一般ユーザーに干渉できる。
  • プレミアム版では仮想マシンを作成することができる。この機能はスタンダード版では使用できない。
  • WindowsストアへアクセスできるWindows8のデスクトップを使用できる。
  • サーバーにつながっているWindows7及び8のクライアントを監視できる。