Windows Server

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Microsoft Windows > Windows Server

Microsoft Windows Server(マイクロソフト ウィンドウズ サーバ)は、マイクロソフトサーバオペレーティングシステムである。

概要[編集]

Windows NTは元来サーバ向けに開発されたOSである。Windows NT 3.5からはワークステーション版が登場し、Windows 2000 Professional以降はコンシューマも利用できるOSとして開発されたが、サーバ版も引き続き存続した。

Whistler(Windows XP)からはそれまでWindows 9x系の利用が推奨されたコンシューマー向けに普及が図られた一方、サーバ版はIntel Itanium/Itanium2専用のWindows Advanced Server/Datacenter Server, Limited Editionを経て、XPに遅れる形でWindows Server 2003として分離することになった。

バージョンの変遷[編集]

発売年 製品名 内部バージョン RTMビルド番号
1993年 Windows NT Advanced Server version 3.1 NT 3.1 528
1994年 Windows NT Server version 3.5 NT 3.5 807
1995年 Windows NT Server version 3.51 NT 3.51 1057
1996年 Windows NT Server version 4.0 NT 4.0 1381
2000年 Windows 2000 Server NT 5.0 2195
2001年 Windows Advanced Server, Limited Edition[1] NT 5.1[要出典]
2001年 Windows Datacenter Server, Limited Edition[2] NT 5.1[要出典]
2003年 Windows Server 2003 NT 5.2 3790
2005年 Windows Server 2003 R2 NT 5.2 3790
2008年 Windows Server 2008 NT 6.0 6001(SP1)
6002(SP2)
2009年 Windows Server 2008 R2 NT 6.1 7600
7601(SP1)
2012年 Windows Server 2012 NT 6.2 9200
2013年 Windows Server 2012 R2 NT 6.3 9600
2016年 Windows Server 2016 NT ~

Home Server[編集]

発売年 製品名 内部バージョン RTMビルド番号
2007年 Windows Home Server NT 5.2 3790
2011年 Windows Home Server 2011 NT 6.1 7601

現行の製品一覧[編集]

最新版であるWindows Server 2012 R2のエディション。

  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Essentials
    • 小規模な環境向け。機能制限が存在する。
  • Windows Server 2012 R2 Foundation
    • Essentialsよりもさらに小規模な環境向け。機能制限が存在する。OEM専用エディション。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Microsoft and Industry Usher in New Era of 64-Bit Computing”. Microsoft Corp. (2001年8月28日). 2015年11月29日閲覧。
  2. ^ Microsoft Announces Windows Datacenter Server Limited Edition”. Microsoft Corp. (2001年9月10日). 2015年11月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]