VJE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

VJE(ヴイジェイイー)は、バックス社(VACS)の開発した日本語入力プログラム。 VJEの名称は、「VACS Japanese Entry system」の頭文字から取ったものである[1]

概要[編集]

当初より特定のアプリケーションに依存せず、独立した日本語入力プログラムとして開発された。

MS-DOS環境では、当初OSベンダーがMS-DOSに添付した能力の低い日本語入力システムか、アプリケーション内蔵か、一体でしか使用出来ない日本語入力システムが幅をきかせており、アプリケーションを選ばず日本語入力の出来るVJEはパーソナルコンピュータを高度に使用するユーザの強い支持を得た。

当時の文献では、動作が比較的軽い、半角かなからの漢字変換ができ、日英混在する文章を書く時に有利であるなどと評されている[1]

MS-DOSの時代からWindowsの時代に移行するにあたり、VJEのWindowsへの実装が遅れ、まともに動くVJE-Deltaが出るころにはOSに標準で付属するMS-IMEもあるレベルの精度に達し、一般ユーザが日本語入力システムを自ら選ぶということは少なくなった。

これに伴い、バックスはVJEの一般向け販売を2005年7月に終了した。

2008年にはYahoo!デベロッパーネットワークならびにYahoo!ノートパッドにVJEが提供された。

歴史[編集]

  • VJE-86 (1984年) - 1文節最長一致
  • VJE-II (1985年) - ローマ字入力
  • VJE-α (1985年)
  • VJE-Σ - αをアスキーで販売したもの
  • VJE-β (1986年) - アスキーと共同開発 2文節最長一致 連文節変換 逐次自動変換 EMS
    • 1.2 (1987年) - スペースキーでの変換に対応
    • 2.0 (1989年)
    • 3.0 (1991年)
  • VJE-γ (1991年) - Windows 3.0対応、3文節最長一致
    • 1.2 (1992年)
    • 2.0 (1993年)
  • VJE-γ - NeXTSTEP対応。 ワープロソフト「VJE-Pen Super」にバンドルされていた。
  • VJE-Delta (1994年) - AI変換。Windows3.1対応
    • 2.0 (1995年) - 32bit UNICODE/XKP 入力補正
    • 2.5 (1997年) - 住所入力アクセサリ
    • 4.0 (2001年)
  • MacVJE - ダイナウェア製。エンジン部のみVACS
  • MacVJE-β
  • MacVJE-γ
  • MacVJE-Delta 1.0 (1996年)ダイナウェア
    • 4.0 (2002年)
  • VJE-Delta 2.5 for Linux/FreeBSD (1998年)[2]
    • 3.0 (2000年)
  • Compact-VJE (2001年) - 携帯電話(主に京セラ製ツーカー向け端末)、PDA
    • 1.0 for Palm (2002年) - Palm OS 4.0J対応。ダウンロード販売
    • 3.0 (2002年) - OEM販売のみ
    • 4.0 (2004年) - OEM販売のみ

脚注[編集]

  1. ^ a b 『電脳辞典 1990's』
  2. ^ バックス、Linux/Free BSD用VJEを商品化”. PC Watch (1998年7月16日). 2012年8月30日閲覧。

参考文献[編集]