マクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マクシス
Maxis Software
Maxis logo new.svg
種類 Privately held company
エレクトロニック・アーツの一部門)
略称 MAXIS
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州エマリービル
設立 1987年
業種 情報・通信業
事業内容 コンピュータゲームの開発
(シムシリーズおよびSpore等)
関係する人物 ウィル・ライト
ジェフ・ブラウン英語版(創業者)
外部リンク http://www.maxis.com
テンプレートを表示

マクシスMaxis)はかつて存在したアメリカ合衆国コンピュータゲーム開発企業。現在はエレクトロニック・アーツの一部門。

1987年に設立され、1989年に『シムシティ』を発売し大ヒットとなる。その後、『シムピープル』(The Sims)およびその続編『ザ・シムズ2』を制作した。

『シムシティ』の続編など一連のシムシリーズをリリースしたが、1997年にエレクトロニック・アーツに買収・吸収され、その一部門となった。

概要[編集]

発表タイトルの大部分はシミュレーションをベースとしている。創始者のウィル・ライトはそれを「digital playgrounds」としてたとえている。また、『A列車で行こう』のように、当時はあまりヒットしていなかった作品もリリースしていた。

名前の由来は "Six AM"(午前6時)を逆から綴ったものであることがウィル・ライトから語られている[1]

また、マクシス株式会社として日本(恵比寿)に進出して間もない頃は、会社名をマキシスと表記している例が見られた。こちらも現在はエレクトロニック・アーツに買収・吸収されたため、マクシス株式会社は存在しない。

歴史[編集]

設立と黎明期[編集]

1987年にウィル・ライトと「idea guy」と呼ばれたジェフ・ブラウン英語版によって、1989年にブローダーバンド社の協力の下、家庭用コンピュータで動作する『シムシティ』を発売するために設立された。『シムシティ』は「勝利」か「敗北」を明らかにする従来のようなゲームでは無く、これ以前のゲームのように、コモドール64において販社が興味を示した物ではなかったからである。その後『シムシティ』は長い間、もっとも有名で成功したビデオゲームのタイトルとなった。

『シムシティ』シリーズはその後、『シムシティ2000』(1993)、『シムシティ3000』(1999)、『シムシティ4』(2003)とリリースされた。また、1990年代に『ロボスポーツ』などのいくつかの非シムシリーズもリリースした。

『シムシティ』シリーズのそのような成功の後で、マクシスは「シム」を冠する、色々なタイトルを試みた。これらの試みのいくつかが『シムアース』、『シムアント』、『シムタワー』(ザ・タワー)、『シムライフ英語版』、および『シムファーム』である。しかしこれらは、『シムピープル』を例外として、オリジナルの『シムシティ』とは違いヒットしなかった。

衰退期[編集]

『シムシティ』の大成功の後に、マクシスは新しいエリアに入ることを試みた。しかしながら、Crystal Skullと『シムコプター』を含んだ彼らの新しいゲームは商用的に失敗だった。 さらに、Crucibleと呼ばれるゲームを作成するためにゲームクリエイターを獲得した。損失の拡大と方針の不足は、マクシスが獲得の申し出を考え始めるように導きはじめた。

EAによる買収後[編集]

エレクトロニック・アーツ(EA)は、1997年7月28日にマクシスの買収を完了した。Origin SystemsWestwood StudiosなどのEAによって買収された他の会社と比べて、マクシスの吸収はより遅いペースを取り、会社はウィル・ライトを含めたオリジナルのスタッフの何人かを保持し、マクシスのロゴの下で、製品も出荷されている。後に製品のロゴはEAにかわっていったが、現在でもマクシスが開発者である製品には、製品の箱やゲーム開始時には、マクシスのロゴが出てくる。

ザ・シムズ[編集]

その後のマクシスの最も成功したシリーズは『シムピープル』(開発名ドールハウス)である。マクシスはオンライン版『シムズオンライン英語版』を含めた、7つの拡張パックをリリースした。2004年には、オリジナルの疑似3Dとは対照的に完全3D環境に変化した、続編の『ザ・シムズ2』をリリースした。これ以後しばらくマクシスのロゴはゲームに現れなかったが、さらに続編の『ザ・シムズ3』で、2013年以降の拡張パック及び修正パッチの適用により、オープニングでマクシスのロゴが現れるようになった。

エレクトロニック・アーツ吸収以前に発売されたゲーム[編集]

マクシスがローカライズした日本作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Will Wright Chat Transcript (HTML(ブラウザ規制有))” (英語). Electronic Arts Inc. (2004年1月8日). 2006年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Maxis 公式サイト(英語)