Windows CE 5.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Windows CE 5.0
開発者 マイクロソフト
OSの系統 Windows CE
開発状況 Discontinued
ソースモデル Shared source
最新安定版リリース CE 5.2.19202
カーネル種別 ハイブリッドカーネル
ライセンス Proprietary commercial software
先行品 Windows CE 4.0
後続品 Windows Embedded CE 6.0
テンプレートを表示

Windows CE 5.0(ウィンドウズ シーイー)は、マイクロソフトが開発した組み込み機器向けの32ビットマルチタスク/マルチスレッドリアルタイムオペレーティングシステム (RTOS)。一般にはHandheld PCやPocket PCなどのPDAで使われているオペレーティングシステム (OS) として知られている。2004年7月発表。

概要[編集]

2004年7月9日にリリースされたWindows CE 5.0は、Windows CE 4.2、Windows CE.netファミリーの後継OSである。 Windows 9x系Windows NT系等と共に、Windowsファミリーに属する。また、組み込み用OSとしてWindows Embeddedファミリーにも位置する。パーソナルコンピュータ (PC) 用Windowsと異なりOSのみで一般に販売されることはなく、対象となる装置に組み込んで使用することを前提としている。そのため、コストの低さ、シンプルさなどの点で評価されている。 メインストリームサポートは2009年10月13日に終了し、延長サポートは2014年10月14日に終了した。

x86、ARM、MIPS、SuperH マイクロプロセッサをサポートしている。

名称[編集]

「CE」の名称は家電を意味するConsumer Electronicsの略と言われているが、マイクロソフトによると、「CEは何かしらの略語ではないが、"Compact," Connectable," Compatible," "Companion," and "Efficient."(小さく、つなぎやすく、互換性のある、つきあえる、効率的なもの)の意味合いがある」と説明している[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Meaning of "CE" in Windows CE, マイクロソフト, 2002年9月3日

外部リンク[編集]