pwd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
pwdの例

pwd (ピーダブリューディー、print working directory[1][2][3][4][5]) は、カレントディレクトリのフルパスを出力する UNIX系 OS のコマンドである。

概要[編集]

ユーザーはこのコマンドを実行することで、現在どのディレクトリで作業中なのかを知ることができる。

このコマンドは、cdコマンドなどと違い getcwd(2) 等のシステムコールを利用することで実装可能なため、組込みコマンドにする必要性は無いが、shBash などの一部のシェルでは組込みコマンドとなっている。

また、MS-DOSWindows のシェル(COMMAND.COMcmd.exe)では、cd コマンドを引数なしで実行することで同様の機能を利用可能である。

オプション[編集]

POSIXでは、pwdコマンドには下記のようなオプションがある[6]。(シェル組込み版があるシェルを使っている場合、これを使うには一般に何らかの方法で、外部コマンド版を実行するようにしなければならない)

  • -L--logical):論理的なカレントディレクトリ名を出力する。
  • -P--physical):物理的なカレントディレクトリ名を出力する(=もし現在のディレクトリがシンボリックリンクであった場合、リンク先のディレクトリ名を出力する)。

出典[編集]

  1. ^ Unix Time-Sharing System: Unix Programmer's Manual. 1 (7th ed.). ベル研究所. (January 1979). p. 142. オリジナルの2005-05-20時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050520231659/http://cm.bell-labs.com/7thEdMan/v7vol1.pdf 
  2. ^ pwd(1) [minix man page]”. www.unix.com. 2020年10月1日閲覧。
  3. ^ pwd - print name of current/working directory - man page”. www.mankier.com. 2020年10月1日閲覧。
  4. ^ GNU Coreutils”. www.gnu.org. 2020年10月1日閲覧。
  5. ^ pwd(1) [plan9 man page]”. www.unix.com. 2020年10月1日閲覧。
  6. ^ http://pubs.opengroup.org/onlinepubs/9699919799/utilities/pwd.html

外部リンク[編集]