Windows Boot Manager

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Windows Boot Manager (Bootmgr) とは、Microsoft Windows で採用されるブートローダーおよびブートマネージャー。従来の NT OS Loader に代わって、Windows Vista および Windows Server 2008 以降で採用されている。

本項では、Windows Boot Manager が参照するブート構成データ (Boot Configuration Data, BCD)、Windows オペレーティング・システムの起動時・復帰時に読み込まれる winload.exewinresume.exe についても取り扱う。

概要[編集]

Windows VistaWindows Server 2008Windows 7Windows Server 2008 R2 のスタートアップ・プロセスは、それ以前のいずれの Windows とも異なる。Windows Vista 以降、ブートセクタは Windows Boot Manager(ファイル名は "bootmgr")を呼び出し、最初にアクティブパーティションの BCD ストアにアクセスしてオペレーティングシステムの起動情報を参照する。

起動プロセス[編集]

Windows Boot Manager[編集]

Windows Boot Manager (BOOTMGR) は、起動構成データを読み込み、オペレーティングシステムの選択メニューを表示する[1]。顕著な変更は、Windows Boot Manager は F8 ファンクション・キーに代わって スペース・キーを押すことで起動を処理する点である[2]。一度 Windows Boot Manager メニューが表示されれば、F8 キーは高度な起動オプションとして割り当てられ続けている。

EFI 上での堅実な起動エクスペリエンスを維持するために、ファームウェアへ自身 (Windows Boot Manager) のブートローダーを組み込む。Windows Boot Manager は、全てのインストールされた Windows オペレーティングシステムを起動する為にこれを使用し、またEFIのブートマネージャメニュー上では単項目で表示される(EFI システムにおいて、Windows Boot Manager は、EFI システムパーティション上に格納される EFI アプリケーションである)。Microsoftは、Windows Boot Manager 自身の多重エントリを唯一追加し、EFI 起動マネージャのタイムアウトを2秒に設定する。EFI 起動マネージャは、コンピュータに由来するファームウェアの一部であり、これは Microsoft Windows の一部ではない。Windows Boot Manager はハードディスクに格納されるプログラムであり、これは Microsoft Windows の一部である。また、これは起動の為に MBR を利用するコンピュータといった EFI を採用しないシステムの起動にも用いられる。

ブート構成データ (BCD)[編集]

ブート構成データ[3] (Boot Configuration Data, BCD) は、起動時の構成を格納する、ファームウェアに依存しないデータベースである。これは NTLDR で用いられた boot.ini に代わり、Microsoft の新しい Windows Boot Manager に用いられる。BCD は、レジストリと同等のフォーマットを持つデータファイルに格納される[4]。このファイルは、(EFI ファームウェアが用いられるマシン上で)EFI システムパーティション、または(PC/AT互換機ファームウェアを用いるマシン上で)システム・ボリュームの \Boot\Bcd パスのいずれかに配置される。

BCD は、コマンドラインツールの使用 (bcdedit.exe)[1]、レジストリエディタの使用 (regedit.exe)[4]Windows Management Instrumentation の使用[1]、または EasyBCD のようなサードパーティツールにより書き換えることができる。

BCD は、Windows Boot Manager によって提供されるメニュー項目を含む。これは、NTLDR によって提供されるメニュー項目を boot.ini が含んでいることと同様。

これらのメニュー項目には、次の事項を含むことができる:

  • winload.exe の起動による Windows の起動に関するオプション
  • winresume.exe の起動による Windows のハイバネーション復帰に関するオプション
  • NTLDR の起動による以前のバージョンの Windows NT ファミリの起動に関するオプション
  • ボリュームブート・レコードの読み込みと実行に関するオプション

起動構成データは、診断または回復オプションのようなツールを実行できるように、サードパーティーによる統合を考慮している。

winload.exe[編集]

Windows Boot Manager は、オペレーティング・システム・カーネル(ntoskrnl.exe) と boot-class デバイスドライバを読み込む為に、オペレーティング・システムのブートローダーである winload.exe を起動する[1]。この点を振り返ると、winload.exe は Windows NT の以前のバージョンにおける NTLDR のオペレーティング・システム・ローダー機能と機能的に同等である。

winresume.exe[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Boot Configuration Data in Windows Vista”. Microsoft Developer Network. Microsoft Corporation (2008年2月4日). 2011年11月9日閲覧。
  2. ^ The space bar is the new F8 when it comes to Vista and Server 2008 boot options
  3. ^ Microsoft (2007年4月). “ブート構成データ エディタに関してよく寄せられる質問”. technet.microsoft.com. 2012年11月25日閲覧。
  4. ^ a b Russinovich, Mark (2011年11月8日). “Fixing Disk Signature Collisions”. Mark's Blog. Microsoft TechNet (Microsoft Corporation). http://blogs.technet.com/b/markrussinovich/archive/2011/11/08/3463572.aspx 2011年11月9日閲覧。 

参考文献[編集]