SoftEther VPN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SoftEther VPN
開発元 SoftEther プロジェクト, 筑波大学
初版 2013年3月8日(5年前) (2013-03-08
最新版 4.25 Build 9656 RTM[1] / 2018年1月15日(2か月前) (2018-01-15
最新評価版 4.24 Build 9652 Beta[2] / 2017年12月21日(3か月前) (2017-12-21
リポジトリ github.com/SoftEtherVPN/SoftEtherVPN
プログラミング言語 C/C++
対応OS

WindowsLinuxMac OS XSolarisFreeBSD

但し、VPN ClientはWindows及びLinuxのみ対応
プラットフォーム x86、x64(AMD64、Intel 64)、MIPSSH4ARMPowerPC
サポート状況 開発中
種別 VPN
ライセンス GPL version 2
公式サイト SoftEther VPN Project(英語)
SoftEther VPN プロジェクト(日本語)
テンプレートを表示

SoftEther VPN(ソフトイーサ・ブイピーエヌ)は、筑波大学の研究プロジェクトとして開発されている L2-VPN ソフトウェアである。ソフトイーサの主力製品であるPacketiX VPN 4.0をベースに一部機能を制限し[3]、2013年7月にフリーウェアとして公開された[4]UT-VPNの後継プロジェクトとして[4]、ソースコードが公開されている[5]

概要[編集]

基本機能などは上記を参照のこと。

関連ソフトウェア[編集]

SoftEther 1.0 / SoftEther CA
SoftEther 1.0は、ソフトイーサ社の代表取締役を務める登大遊が個人で開発し、2003年に公開されたソフトウェア。ソフトイーサ社の名称の由来にもなり、PacketiX VPNを開発するきっかけとなった。商用版にSoftEther CAがある。
PacketiX VPN
PacketiX VPNは、L2-VPNを実現するソフトウェアのブランドで、登大遊を中心としたソフトイーサ社が開発・販売を行っている。初版はSoftEther 1.0の後継ソフトウェアとして、SoftEther VPN 2.0の名称で開発が進められたが、後にPacketiX VPN 2.0の名前でリリースされた。
UT-VPN
University of Tsukuba Virtual Private Network(UT-VPN)は、ソフトイーサ社と筑波大学を中心としたオープンソースプロジェクトの中で開発された、L2-VPNソフトウェアで、実質的にPacketiX VPN 3.0をベースとした機能制限版に当たる。

PacketiX VPN 4.0のリリースと共に、本項で述べるSoftEther VPNが発表され、UT-VPNプロジェクトはSoftEther VPNプロジェクトに移行した[4]

互換性[編集]

SoftEther 1.0及びSoftEther CAで利用されたプロトコルは、それ以降のSoftEther関連ソフトウェアと互換性がない[6][7][8]

PacketiX VPN 2.0以降のソフトウェアが採用するPacketiX VPN プロトコル又はSoftEther VPNプロトコルは相互に互換性があり、本ソフトウェアとも接続が可能である[6][7][8][9]

脚注[編集]

  1. ^ SoftEther Project at University of Tsukuba, Japan. “バージョン更新履歴 - SoftEther VPN プロジェクト”. ja.softether.org. 2018年4月12日閲覧。
  2. ^ SoftEther Project at University of Tsukuba, Japan. “バージョン更新履歴 - SoftEther VPN プロジェクト”. ja.softether.org. 2018年4月12日閲覧。
  3. ^ SoftEther Project at University of Tsukuba, Japan.. “現在の制限事項 - SoftEther VPN プロジェクト”. ja.softether.org. 2013年7月30日閲覧。
  4. ^ a b c 「SoftEther VPN 1.0」の正式版が無償公開 - 窓の杜”. 2014年12月28日閲覧。
  5. ^ VPNソフト「SoftEther VPN」のソースコードが公開 - 窓の杜”. 2014年12月28日閲覧。
  6. ^ a b SoftEther Corporation.. “VPN オンラインマニュアル - 11.6 互換性に関する補足事項”. 2013年7月30日閲覧。
  7. ^ a b SoftEther Corporation.. “VPN オンラインマニュアル - 11.6 互換性に関する補足事項”. 2013年7月30日閲覧。
  8. ^ a b SoftEther Project at University of Tsukuba, Japan.. “11.6 互換性に関する補足事項 - SoftEther VPN プロジェクト”. ja.softether.org. 2013年7月30日閲覧。
  9. ^ University of Tsukuba and SoftEther Corporation.. “UT-VPN オープンソースプロジェクト Web サイト - よくある質問と回答(Q & A)”. 2013年7月30日閲覧。

各種項目[編集]

関係項目
関連項目

外部リンク[編集]