VT100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VT100

VT100は、ディジタル・イクイップメント・コーポレーション(DEC)が開発製造したビデオ表示端末である。

VT100は、ビデオ表示端末のデファクトスタンダードであった[1]。そのため、端末エミュレータでは、VT100の動作をエミュレートするものが多い。

詳細[編集]

VT100は、VT52の後継として1978年8月に登場し、大量生産された端末である。

VT100は、DECとしては初めて市販のマイクロプロセッサ(Intel 8080)を使用した端末である。オプションで外部プリンタを接続したり、追加のVRAM(AVO=Advanced Video Option)が装備できた。

DECとしては初の、点滅・ボールド表示・反転表示・アンダーライン表示といった「グラフィック効果」を導入し、表示は80桁か132桁を選択可能だった(132桁×24行表示には追加VRAMが必要)。VT100には追加の文字セットも導入され、画面上でフォームを描くことも可能である。

端末の設定は、全てVT100上で対話的に行うことができ、設定データは端末内の不揮発性メモリに記憶された。

シリアルラインでホストシステムに接続し、ANSI標準のASCII文字コードと制御シーケンスでやりとりする。

VT100ファミリーの制御シーケンスはECMA-48標準に基づいている。同時にISO/IEC6429 と ANSI X3.64 でもある。これらはANSIエスケープコードとも呼ばれる。VT100は X3.64ベースの最初の端末ではない。Heath社が ANSI X3.64 の提案段階の規格のサブセットを実装したマイクロプロセッサベースのビデオ表示端末を出している[1]

後継シリーズ[編集]

VT180
  • VT101, VT102 - コスト削減版で拡張性がない。VT102には最初からAVOとプリンタオプションを組み込み済み。
  • VT103 - LSI-11プロセッサを組み込んだ端末
  • VT105 - VT55の後継となる簡単なグラフィック表示機能をVT100に加えた端末
  • VT110 - VT100に端末マルチプレクサを加えた端末
  • VT125 - テキスト表示とは別に ReGIS(Remote Graphic Instruction Set)によるグラフィック表示が可能な端末。
  • VT180 - Z80を使用し、CP/Mの動作するコンピュータとしても使用可能な端末。
  • VT278 - PDP-8プロセッサを組み込み、ワードプロセッサソフトが動作する端末。

1983年、VT100はVT220などのより強力なVT200シリーズ端末によって置換された。

1995年8月、DECの端末事業は Boundless Technologies 社に売却された。

脚注[編集]

  1. ^ これを示す例として、辞書American Heritage Dictionary, Second College Editionvideo terminal の項に掲載されている写真はVT100のものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

いずれも英文