スワッティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スワッティング(Swatting)は、緊急通報用電話番号を悪用し、何らかの大事件が起こっているとする虚偽の通報によって対象の元に警察官などを派遣させるという悪戯である。名称はアメリカ合衆国の警察特殊部隊SWATに由来する。

スワッティングはインターネット上での嫌がらせに端を発しており、個人的な報復や信用の毀損などを目的とした悪戯・嫌がらせとして報告書のみで処理された事例から[1]、実際に爆発物処理班や重武装のSWATチームといった警察部隊の派遣が行われた事例、学校や企業の集団避難を促した事例なども知られている。

テロリズムの一種とされる場合もある。警察などに混乱を引き起こし、リソースを浪費させると共に業務を麻痺させた上、本来の通報に対する対応を遅らせ、さらにはテロリズムの標的とされた人物や通報者を危険に晒す可能性を高めると考えられるためである。また、虚偽の通報に応じて本格的な対応を実施した場合には自治体の税金を無駄に使わせることになる[2][3]。いわゆる「晒し」とも関連し、スワッティングに用いる住所などの対象者の個人情報はしばしばインターネット上から入手される[4]。緊急通報用電話番号への虚偽の通報は多くの国で処罰の対象とされており、アメリカでは懲役刑を課される可能性もある[5]

起源[編集]

スワッティングは緊急通報用電話番号に対する悪戯電話に端を発し、虚偽通報の手口が複雑化する中で、特に警察の対応部隊の出動を促す者が現れ始めた。「スワッティング」という言葉が示すように、実際にSWATチームの出動を促した者もいた。連邦捜査局(FBI)では2008年初頭から用語として使い始めた[6]。2015年にはオックスフォードオンライン辞典に掲載された[7]

手口[編集]

スワッティングの実行者は、発信者番号の偽装(Caller ID spoofing)、ソーシャル・エンジニアリング、テキスト電話(TTY)、悪戯電話、回線の不正利用などの手法を様々に組み合わせて犯行に及ぶ。これにより緊急通報用電話番号のコンピューター応答システムや人間のオペレーターは、例え実際には数百マイル離れた都市、あるいは別の国から発信されていたとしても、実行者が主張する虚偽の発信地点を信用することになる[8]。典型的な実行者は発信者番号を偽装して実際の身元を隠しつつ、狂言により緊急事態をでっち上げ、当局にSWATチームの出動などの対応を行わせることを目的とする。

法的措置[編集]

  • アメリカ合衆国 – 連邦刑法のもとで起訴される可能性がある。
    • 証人、被害者、情報提供者への報復を目的とした謀議(Conspiracy to retaliate against a witness, victim or informant.)[9][10]
    • アクセス機器の欺瞞を目的とした謀議および保護されたコンピュータへの不正なアクセス(Conspiracy to commit access device fraud and unauthorized access of a protected computer.)[9][11]
    • 共犯者は「司法の妨害を目的とした謀議」(conspiring to obstruct justice)について有罪とされる可能性がある[12][13]
    • カリフォルニア州では、スワッティングの実行者は最大10,000ドルまでの出動費用を全額負担を課される可能性がある[14]
    • 2015年11月18日、キャサリン・クラーク英語版下院議員が提案者となり、スワッティングを連邦犯罪と位置づけ、罰則強化を目的とした「2015年州間スワッティング偽通報法案」(Interstate Swatting Hoax Act of 2015)が提案された。これに先立つ同年1月31日夜10時頃、「銃撃犯が自宅にいる」との通報の形をとったスワッティングがクラークに対して行われた。クラークの自宅にはSWATチームではなくメルローズ警察の警察官が派遣され、虚偽通報であることを確認した後に立ち去ったという[15]
  • カナダ
    • 死を予期させる脅迫[16]
    • 警報や公共への悪戯を目的とした意図的な誤情報の流布[16]
    • 公財産への悪戯[16]

脚注[編集]

  1. ^ Gamergate hits new low with attempts to send Swat teams to critics”. The Guardian. 2015年7月2日閲覧。
  2. ^ Recent wave of swatting nationwide fits definition of terrorism, Princeton police chief says”. NJ.com. 2015年7月3日閲覧。
  3. ^ The dangers and ramifications of doxxing and swatting”. Gamezone. 2017年8月5日閲覧。
  4. ^ Bailey, Poland (2016). Haters: Harassment, Abuse, and Violence Online. Lincoln: Potomac Books. pp. 55. ISBN 9781612347660. OCLC 962184824. https://www.worldcat.org/oclc/962184824. 
  5. ^ Online Gamer Sentenced in Ventura County "Swatting" Hoax”. NBC Los Angeles. 2015年7月3日閲覧。
  6. ^ Don’t Make the Call: The New Phenomenon of ‘Swatting’”. Federal Bureau of Investigation (2008年2月4日). 2017年8月5日閲覧。
  7. ^ From bants to manspreading: what's new in the oxforddictionaries.com”. The Guardian (2015年8月27日). 2015年8月28日閲覧。
  8. ^ Prentice, George (2013年4月13日). “UPDATE: Meridian Teen Charged With Conspiracy With Australian Youth To Make Bomb Threats To Schools, Businesses | citydesk”. Boiseweekly.com. 2013年9月6日閲覧。
  9. ^ a b Individual Pleads Guilty in Swatting Conspiracy Case”. fbi.gov (2009年1月29日). 2017年8月5日閲覧。
  10. ^ 合衆国法典第18編第1513条 18 U.S.C. § 1513
  11. ^ 合衆国法典第18編第1030条 18 U.S.C. § 1030
  12. ^ Last Defendant Sentenced in Swatting Conspiracy”. fbi.gov (2009年11月16日). 2017年8月5日閲覧。
  13. ^ 合衆国法典第18編第371条 18 U.S.C. § 371
  14. ^ Jeff Black, Staff Writer, NBC News, 11 September 2013, California governor signs bill to crack down on celebrity 'swatting', Accessed 11 September 2013
  15. ^ https://www.bostonglobe.com/metro/2016/02/01/cops-swarm-rep-katherine-clark-melrose-home-after-apparent-hoax/yqEpcpWmKtN6bOOAj8FZXJ/story.html
  16. ^ a b c Kehler, Therese (2014年8月5日). “'Swatting' leads to 60 charges against Ottawa boy”. Ottawa Citizen. 2017年8月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]