コピー・アンド・ペースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コピペから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
コピー・アンド・ペーストを行っているコンピュータ画面

コピー・アンド・ペースト: Copy and Paste)とは、コンピュータ上で行う操作用語である。 ほぼ同様の意味を持つ、カット・アンド・ペースト: Cut and Paste)についても、ここで解説する。

概要[編集]

両者とも、コンピュータ上のデータを別の場所へ移動あるいは複製を行う行為を指す。それぞれの違いは、元のデータをコピー(複写複製)するか、カット(cut:wikt:切り取り)するかである。すなわち、元の場所にデータが残るかどうかである。

現在のほとんどのグラフィカルユーザインタフェース (GUI)システム上では、コピー(移動)したい範囲を選択したうえで一定の操作を行うことで、クリップボードにデータをコピーや移動することができ、クリップボードにあるデータは、一定の操作で他の箇所に貼る(ペーストする)ことができる[1]。異なる箇所へデータを容易に[2]複製(移動)できる操作である。

  • コピー・アンド・ペースト: Copy and Paste)とは、文章データなどをコピーし、そのコピーしたものを別の場所などへペーストpaste:転写貼付)するという操作を表す。俗称的な略語に、「コピペ」・「コピーペースト」がある[3]
  • カット・アンド・ペースト: Cut and Paste)とは、文書やデータなどをカットし、他の場所にペーストして移動させる操作を表す[1]。また、省略形として「カットペースト」があるが、それ以外はあまり使われない。

主な操作方法[編集]

コピー・アンド・ペーストおよびカット・アンド・ペーストの方法は、機種もしくはシステムによって多少ばらつきがある(ほとんど同じものもある)。また、キーボード上の各種キーの組み合わせによって発動するもの(ショートカットキー)もあれば、マウスなどのポインティングデバイスの操作で行えるものもある。

主なオペレーティングシステムやGUI環境での操作方法は、以下の通りである。

Microsoft[編集]

Microsoft Windows[編集]

Windowsにおいては、Windowsのバージョンによって異なる。KDEGNOMEの標準的なアプリケーションでは、Windows 3.1以降と同じである。

  • Windows 3.1以降、および標準的なアプリケーション
  1. 範囲を選択して Ctrl+C
  2. 貼り付けたい場所を選択して Ctrl+V
  • Windows 3.0まで、OS/2 (CUA)
    1. 範囲を選択して Shift+Insert
    2. 貼り付けたい場所を選択して Ctrl+Insert

また、Windowsでスクリーンショット取得も可能で、

  1. PrintScreen キーを押下
  2. 画像を処理できるアプリケーションを開いて Ctrl+V

その他Microsoft[編集]

  • DOSプロンプトなど
    1. 範囲を選択してマウスを右クリック
    2. 貼り付けたい場所でマウスを右クリック

Macintosh[編集]

  • Macintoshの標準的なアプリケーション
    1. 範囲を選択して ⌘ Cmd+C
    2. 貼り付けたい場所を選択して ⌘ Cmd+V

その他PC端末[編集]

  • UNIX系(X Window System)
    1. マウスの左ボタンを押しながら範囲を選択し、左ボタンを放す
    2. マウスの中ボタンをクリックするとカーソル位置に貼り付けされる
  • Emacs
    1. Ctrl+SPACE で選択を開始し、Ctrl+fなどで範囲終了場所まで移動する
    2. Alt+wもしくはMeta+wでコピーし、貼り付けたい場所でCtrl+yで貼り付ける

モバイル端末(Android, iOS)[編集]

  1. コピーしたいテキストや画像を長押ししたあとに表示されるメニューから「コピー」を押す
  2. 貼り付けたい場所(テキストボックス)を長押し、表示されるメニューから「ペースト(貼り付け)」を押すと貼り付けられる

その他[編集]

また、電子掲示板などにおいて、コピペという言葉が、頻繁にコピー・アンド・ペーストされる特定の文章(いわゆるテンプレ)それ自体を指すこともある[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ペースト(IT用語辞典 e-words)
  2. ^ コピペ(日本語俗語辞書)
  3. ^ コピー&ペースト(IT用語辞典バイナリ)
  4. ^ 例:「詭弁のガイドライン

関連項目[編集]