クライシスアクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

陰謀論者が使用する言葉としてのクライシスアクターCrisis actor)は政府監視の増加を正当化するなどの目標を達成するために、共謀者(通常は政府または企業)がシミュレートした爆撃や銃乱射事件などの偽旗作戦に参加する俳優のことである。この文脈では、クライシスアクターは、傍観者や証人、救急対応要員、(舞台化粧の助けを借りて)負傷した犠牲者一部を演じると主張されている。

陰謀論者は、オーロラ銃乱射事件ボストンマラソン爆弾テロ事件サンディフック小学校銃乱射事件アムクワ・コミュニティ・カレッジ銃乱射事件英語版2014年シドニー人質立て籠もり事件パリ同時多発テロ事件などの事件でクライシスアクターを特定したと主張している。

サンディフック小学校銃乱射事件の犠牲者であるエミリー・パーカーの父親ロビー・パーカーは、事件の翌日にCNNインタビューを受けた後、インタビューが演出されたものであると主張する陰謀論者の標的になった[1]。パーカーは、彼が「クライシスアクター」であり、CNNに出向いて自分子供の喪失を悲しむ前に「性格を変えている」と信じる陰謀論者によって攻撃されたのだ[1][2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Sandy Hook Truthers Say Robbie Parker Video Is Evidence Of Hoax”. Inquisitr. (2013年1月18日). http://www.inquisitr.com/486693/sandy-hook-truthers-say-robbie-parker-video-is-evidence-of-hoax 2014年5月31日閲覧。 
  2. ^ Keith Johnson (2014年6月14日). “Sandy Hook Parents Could Be in Danger”. American Free Press. 2015年5月3日閲覧。

参考文献[編集]