ポーランドボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ポーランドを表したポーランドボール。実際のポーランドの国旗(下の画像)とは上下が逆であるが、ポーランドボールにおいてはこのように描かれる事が多い。

ポーランドボールドイツ語: Polandball)は、国家を題材としたインターネット・ミームキャラクターポーランドは代表的な題材であるが、その他の地域団体などの「ボール」も現存、歴史上を問わずに描かれる。それぞれの「カントリーボール」は国旗の模様をした球体のキャラクターとして描かれ、そのを体現した個性を持つ。画像掲示板やwebサイトでは、それぞれの国にまつわるクリシェ、国際関係、歴史上のイベントを表現するイラストレーション漫画に用いられる。ドイツ画像掲示板、『krautchan.net』の国際板で、2009年の下半期頃に発生したと見られる。

歴史[編集]

世界各国を表したポーランドボール

ポーランドボールを発案し、最初に描いたのは『krautchan.net』のイギリス人投稿者「Falco」であり、2009年9月頃であったと見られている[1]。ポーランドボールが広く知られるようになったのは、国際的なお絵かきチャットサイトdrawball.comにおいて、ドイツ人投稿者とポーランド人投稿者との間で用いられた事による。その後大手画像掲示板4chanなど世界各地の画像掲示板にも広がり、様々な国を模したボールが描かれるようになった[2][3]。2010年4月10日のポーランド空軍Tu-154墜落事故の直後には、ポーランドボールを用いたポーランドの歴史に関する投稿が多く行われ、さらに広がりを見せるようになった[4][5]。なお、4chanの利用者によって、ポーランドをあらわすボールの上に巨大な鉤十字が書かれるということもあった[2]2016年4月1日には、エイプリルフールの企画として、国や地域以外のボールに限定した「ノンカントリーボール」が行われた。

名称[編集]

ポーランドボール(Polandball)は、ポーランドを表したボールの他、それを使った作品等の呼称に使われる。ポーランドが登場しない作品でも「ポーランドボールの作品」と呼ばれるのはそのためである。カントリーボール(Countryball)は、ボールそのものの総称であり、複数のボールが集まっている際に「ポーランドボール達」とは言わず、「カントリーボール達」と呼ばれる。尚、redditのポーランドボール板では、カントリーボールはあくまで国家という扱いであり、作品内でカントリーボールを呼ぶときに「ボール」の語を使うのが禁止されているため、作品内では「国家達」や「みんな」といった表現が使われる。

表現[編集]

多くの「ポーランドボール」は国旗を描いた球体と、白目のみの目で描かれる。原則的に瞳孔・眉・口・手足などはなく、目の形や口調がボールの感情を表現する中心的手段となっている[1]、特徴的な表現としてドイツボールが怒りや殺意を表現するときに目を小さなドット(アンシュルスアイ)にする表現や、ブラジルボールが「HUEHUEHUE!」[6]と笑うなどがある。また、いくつかの国はそれに加えて小物を持っていたり、別の表現で描かれる事もある。アメリカボールはサングラスをかけ、イギリスボールはシルクハットモノクルをかけたバージョンがある。日本を始めとする東アジア諸国のボールは糸目や細目で描かれることがある。日本ボールは世界的に知名度の高いアニメ文化・「カワイイ」文化を生んだことから、猫耳や尻尾のアクセサリーをつけていることもある。さらに春画の影響でしばしばヘンタイ扱いされている。さらにセルビアスロヴァキアなどは国章を眼帯にしていることが多い。ポーランドボールとほとんどデザインが同じになってしまうインドネシアボールは、ノンラーやペチを被ってポーランドと区別化しており、ほぼ同じ配色であるモナコボールもサングラスを掛けていたり王冠をときどきかぶっていたりしている。ただし、指定された色を使わなければならないので微妙な違いであるが判別は可能。また、ポーランドの国旗の配色は上が白、下が赤であるがポーランドボール内では上が赤、下が白となっている。上下逆となっているのは初期にポーランドのキャラを描いた際に上下の配色を間違えたのが発端であり、以来この上下逆の配色が主流となっている。

redditの英語版ポーランドボール板においては、英語を公用語としていない国のボールは文法を崩した英語("I of ..."など)を話す[7]。逆に他言語でも、英語に外来語として入っている言葉や、少し教養のある英語話者なら知っている言葉(特にフランス語やスペイン語)や「ちくしょう」に相当する語(ポーランド語の"kurwa!"やドイツ語の"Scheiße!"など)は時に原語で表記される。

ポーランドは宇宙に行けない、ラトビアジャガイモを食べられないなど、ポーランドボール独自のルールを知っていないと理解できないネタもある。

またシンガポールは三角形(Tringaporeと呼ばれる)、ネパールオハイオ州はそれぞれの国の国旗の輪郭を口に見立てたもの、イスラエルが四次元の超立方体ドイツ帝国長方形(Reich(ライヒ=帝国)とrectangle(レクタングル=長方形)をかけてReichtangle(ライヒタングル)と呼ばれる)、カザフスタン直方体であるという、例外的なボール以外の表現も存在する[8]。 また、時にシーランド公国はゼロ次元や素粒子のように扱われる。

古代の国家や未開部族など国旗による表現ができない国家や集団についてはビリヤードボールで代替する場合もある。東アジア人は1番(黄色)、エイリアンは6番(緑)、アメリカ先住民は7番(赤)アフリカ先住民は8番(黒)といったように、ボールの割り当てには一定の慣習が存在する。

ポーランドボールの例 ウィキメディア・コモンズには、国別のポーランドボールに関するメディアがあります。

投稿のルール[編集]

Redditのポーランドボール板ではポーランドボール漫画の投稿について、いくつかのルールが規定されている[9]

以下の事柄は禁止されている。

他、書き方や表現には多くのルールがある。それらを満たさない投稿は管理人によって削除される。

脚注[編集]

  1. ^ a b Polandball | Know Your Meme
  2. ^ a b Orliński, Wojciech (16. Januar 2010). “Wyniosłe lol zaborców, czyli Polandball” (Polish). Gazeta Wyborcza. オリジナル2010年1月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100117212924/http://wyborcza.pl/1,86116,7462232,Wyniosle_lol_zaborcow__czyli_Polandball.html 13. Mai 2013閲覧。 
  3. ^ Zapałowski, Radosław (15. Februar 2010). “Znowu lecą z nami w... kulki” (Polish). Interia (Cooltura). オリジナル2013年5月14日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6GcFM7m6D?url=http://www.elondyn.co.uk/newsy,wpis,7731 22. März 2012閲覧。 
  4. ^ Kapiszewski, Kuba (13/2010). “Fenomem - Polska nie umieć w kosmos” (Polish). Przegląd. オリジナル2013年5月14日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6GcFc03X7?url=http://www.przeglad-tygodnik.pl/pl/artykul/fenomem 13. Mai 2013閲覧。 
  5. ^ Cegielski, Tomek (12. April 2011). “MEMY. Legendy Internetu” (Polish). Hiro.pl. http://hiro.pl/magazyn/magazyn_zjawiska/memy.html 13. Mai 2013閲覧。 
  6. ^ ブラジルにおいてオンライン上の笑いを表現するスラング。日本語における「www」に相当する - 55555, or, How to Laugh Online in Other Languages - The Atlantic(2012年12月12日付)
  7. ^ Engrishフラングレを参照。ポーランドボールでは非英語話者のボールはこれらを話す
  8. ^ Int” (Russian). Lurkmore.to (26. Dezember 2011). 27. März 2012閲覧。
  9. ^ Official Polandball Tutorial

関連項目[編集]

外部リンク[編集]