田代祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田代祭(たしろまつり)とは2ちゃんねる田代まさしが大きな話題になったこと。2001年12月頃から始まり、インターネットでの投票推進運動が展開された。

タイム誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーへのネット投票[編集]

2001年12月9日に、田代まさしが男性の風呂場覗きにより逮捕され、同11日には覚醒剤所持・使用により再逮捕された。田代は過去にも女性の下着の盗撮の容疑で書類送検された前歴があったため、2ちゃんねる上で大きな話題となった。

その後、「タイム」誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に田代(登録名は Masashi Tashiro)を1位にしようと、同誌公式サイトの投票ページへの大量投票が行われた。

12月22日午後(日本時間)の時点で「Masashi Tashiro」は同ウェブサイト上の投票で1位となり、22日未明(同)には2位のオサマ・ビンラディンに約2倍の差をつける8万票余を獲得した[1]。他にも同ウェブサイトでの投票結果には、ローマ教皇ハドリアヌス7世(Pope Hadrian VII[2]といった実在しない人物や、この年手首の故障で活躍できなかったノマー・ガルシアパーラ、さらにはナザレのイエスといった、明らかに悪ふざけと思われる人名が名を連ねる結果となった。結果、不正な組織票が投じられたという事実は明らかであったことから、投票は中止され、同年のアメリカ同時多発テロ事件でリーダーシップを発揮したルドルフ・ジュリアーニニューヨーク市長が、「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選出された。

なお、タイム誌「パーソン・オブ・ザ・イヤー」の公式ウェブサイトへの組織的な投票としては、1998年にプロレスラーのミック・フォーリーに大量投票された前例がある。

その後[編集]

2009年4月1日に「ニコニコ生放送」で、西村博之と田代まさしの生対談が行われた際に、「田代祭」について、田代は8年の時を経て初めて公の場に対して自身の感想を残した[3]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「米タイム誌「今年の人」 田代まさし容疑者 ビンラーディン氏超える ネットで呼びかけ…「組織票」集結」『産経新聞』平成13年(2001年)12月23日付大阪本社朝刊28面。
  2. ^ フレデリック・ロルフ (en:Frederick Rolfe) の小説『ハドリアヌス七世』(en:Hadrian the Seventh) に、主人公として同名の人物が登場する。
  3. ^ 田代まさし生アーカイブ公開!」、ニコニコニュース。騒動に対するコメントは、分割された3つ動画のうち2本目の8分頃から。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]