マイロ・ヤノプルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイロ・ヤノプルス
Milo Yiannopoulos @NEXTConf 2014 (13925731458) (cropped).jpg
マイロ・ヤノプルス (2014年)
生誕マイロ・ハンラハン(Milo Hanrahan)
(1984-10-18) 1984年10月18日(37歳)
イギリスの旗 イギリスケント
国籍イギリスの旗 イギリス
別名マイロ・アンドレアス・ワグナー
(Milo Andreas Wagner)
出身校マンチェスター大学中退
職業ジャーナリスト
活動期間2007年-現在
公式サイトyiannopoulos.net

マイロ・ヤノプルス(ミロ・イアノポウロス、マイロ・イアナポリスとも、英語Milo Yiannopoulos、旧姓・Hanrahan1984年10月18日 - )は、イギリスケント出身のジャーナリストオルタナ右翼の論客として知られる。かつてアメリカ保守系ネットメディアであるブライトバート・ニュース・ネットワーク編集者を務めたが、後述の小児性愛容認を示唆する発言により退職した。

人物[編集]

ギリシャアイルランドの血を引く父とユダヤ系イングランド人の母との間に生まれる[1]。幼い頃に両親は離婚し、母とその再婚相手に育てられるが、関係はあまり良くなかったとしている。ヤノプルスは父について「恐ろしい(terrifying)」と説明している[2]。若い頃は祖母とともに暮らしていた[2]

カトリック教徒でありながらゲイでもあり[3]、一般的に米国ではリベラルとされるユダヤ人移民の血を引いていながらもネオナチからも支持される極右の論客でもあるなど非常に矛盾に満ちたキャラクターが話題を呼び、しばしば「オルタナ右翼のアイドル」的人物と呼ばれる[4]

回顧録の出版中止[編集]

2017年3月14日サイモン&シュスター英語版から数千万円の契約金で回顧録『Dangerous(デンジャラス)』を出版の予定[4]だったが、オンラインインタビューの中での発言「世間は児童虐待の問題にこだわりすぎだ。大人としての『同意』の上での関係までうるさく取り締まる」が問題視され同年2月20日に同社から出版契約の取り消しが発表された。この発言によりシニアエディターとして活躍していたブライトバート・ニュース・ネットワークの職も失った[5]

関連項目[編集]

出典[編集]

外部サイト[編集]