ゲーミフィケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲーミフィケーション: gamification)は、ゲームデザイン要素やゲームの原則をゲーム以外の物事に応用することを言う。 ゲーミフィケーションは一般に、ゲームデザイン要素を用いてユーザーエンゲージメントや組織の生産性、フロー、学習、クラウドソーシング、従業員の採用および評価、使いやすさなどを向上させるのに用いられる。 ゲーミフィケーションに関する研究の多くでは、個人差・文脈差が存在しつつも、被験者に良い効果を与えていること示している。

定義[編集]

さまざまな定義があり、論者によって議論が錯綜している節もあるが[1]、『ゲーミフィケーション』の著者である井上明人は下記のように整理している[2]

  • 最広義: 社会的な活動にとってゲームが役に立つこと。
  • 狭義: コンピュータ・ゲームのなかで特徴的に培われてきたノウハウを現実の社会活動に応用すること。アドバゲームシリアスゲームは含まない。
  • 最狭義: 強化学習プロセスやフロー体験を成立させるための最適なフィードバック設計のノウハウを応用すること。

どの論者においても共通するポイントとして、「ゲームを作る」という行為自体とは区別がされている[3]。また、非常に近い概念として、代替現実ゲーム (ARG) というものもある。これと重なりはあるが、「ARGは『特別な体験』というエンタテインメント性が第一義であり、ゲーミフィケーションは『サービスの改善』という実用性が第一義である」という形で区別したほうがよいのではないか、という指摘[4]もある。 他に、単に「楽しくする」という意味での用法についても、議論が分かれている[5]

歴史[編集]

ゲーミフィケーションという用語は2008年にコンピュータ・ソフトウェアの文脈で初めてオンラインで登場した[6]。 その後一般には広まらなかったものが、2010年にゲームの社会的/報酬的側面をソフトウェアに取り入れることを指す意味で広く普及した[7]。 このテクニックはベンチャーキャピタリストの注目を集めた。

ゲーミフィケーションは、ゲームデザイン要素やテクニックをゲーム以外に適用する従来の研究と密接に関係していると考えられている。

日本においては、「ゲーミフィケーション」の商標を株式会社ジースト代表取締役の神馬豪氏が取得している(商標 第5884411号(151))。

主な事例[編集]

主な事例は次の通り[8]

  • foursquareフォースクエア
  • SCVNGR
  • Nike+ナイキプラス
  • folditフォールディット
  • investigate your MP's expensesインヴェスティゲイト・ユア・マンパワーズ・エクスペンスィーズ
  • #denkimeterデンキメーター
  • CIMOSシーモス
  • SkyWalker

ゲームのように夢中にさせて虜にする(はまらせる)仕組みは広く応用されている(類似の概念に「ゲームニクス」がある)[9]

人間の感情や習性を上手く利用し、フィードバック報酬[10]の用意や承認欲求に代表される「自己実現理論[11]や「16の基本的な欲求」[12]を満たすことなどによって動機づけを行う[13]

人は学びたいという欲望があり、達成・刺激が伴うとドーパミンなどの神経伝達物質脳内麻薬が分泌され快感となり、はまることとなる[14][15][16]。しかし、過度となると依存症などの問題となる[17][18]

外発的な金銭的報酬(市場規範)を用意すると、内発的動機づけ(社会規範)を低下させたという報告もあり[19][20]、取り組む行為そのものや、一定方向に導くのには適しているが、作り手側が上手くコントロールしないと、自発性・創造性を否定してしまう場合もある[9][21]

ソニー・コンピュータエンタテインメントによるtorneトルネの操作性・ユーザビリティ[22][23]や、マイクロソフトによるKinectキネクトの遊び心[24]任天堂による「QOL(生活の質)を楽しく向上させるもの」もその一種とされる[25][26]

濵田(2015)[27]は、アカデミックな視点からいえば、ゲーミフィケーションユーザーにはたらく心理についての実証研究は、ユーザーの楽しさとゲームのメカニズムと要素、ユーザーの動機づけとゲームのメカニズムと要素、ユーザーの熱心な利用や自己効力感社会的認知、ユーザー分類に基づく心理の差異、心理因果モデルなどに関連する研究に大別できる、としている。

脚注[編集]

  1. ^ ゲーミフィケーションはゲームを社会化しようとする6度目の試み。井上明人氏によるOCG 2012のセッションレポート
  2. ^ 井上 2012, 付録2.
  3. ^ 「ゲーミフィケーション」のゲーム視点からの脱却!?
  4. ^ 【コラム】ゲーミフィケーションとARG
  5. ^ ゲーミフィケーションの概念を切り分ける
  6. ^ Walz, Steffen (2015). The Gameful World: Approaches, Issues, Applications. MIT Press. p. 31. ISBN 9780262325721. https://books.google.com/books?id=vDxTBgAAQBAJ&pg=PA31. 
  7. ^ JP Mangalindan (2010年9月3日). “Play to win: The game-based economy”. Fortune. オリジナルの2012年11月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121112074424/http://tech.fortune.cnn.com/2010/09/03/the-game-based-economy/ 2012年11月25日閲覧。 
  8. ^ ゲーミフィケーションを活用してユーザーの継続率UP!参考になるアプリ・サービス事例10選
  9. ^ a b http://specialflag.net/column.html
  10. ^ ゲーミフィケーションのデザイン:3種類のリワードを使いこなせ、「マネタリーリワード」「インナーリワード」「ソーシャルリワード」
  11. ^ ゲーミフィケーションのデザイン:マズローの欲求5段階説とゲーミフィケーション
  12. ^ 16の基本的な欲求
  13. ^ なぜゲーミフィケーションは効果的なのか?Why Gamification Works?
  14. ^ ゲームの力が会社を変える
  15. ^ ドーパミン - のめりこませる科学 —
  16. ^ 科学の力で怠惰を克服。ドーパミンを増やしてやる気を出す方法
  17. ^ 「情報中毒」と「好奇心のパラドックス」
  18. ^ 「学習は脳にダメージを与える」マウス実験で発見
  19. ^ gamificationの理論的背景:自己決定理論
  20. ^ 楽天レシピはなぜクックパッドに勝てないのか?
  21. ^ 職場に忍び寄る「ゲーミフィケーション」
  22. ^ マイクロソフトが「Kinect」で描くUIの未来像--超えるべき課題は?
  23. ^ ゲームの開発ノウハウで家電製品をパワーアップ。「ゲームのチカラを家電に」セッションレポート
  24. ^ ビル・ゲイツはどんな人?草創期のマイクロソフト秘話 西和彦×夏野剛 - YouTube
  25. ^ 任天堂は最強のゲーミフィケーション実践企業
  26. ^ 任天堂が健康分野に進出 違和感のない必然の戦略
  27. ^ 濱田俊也(2015)「ゲーミフィケーションはどのような心理にはたらきかけるのか? : ユーザー心理の研究動向とマーケティングにおける今後の研究課題」http://ci.nii.ac.jp/naid/40020464112/]

参考文献[編集]

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]