The Backrooms

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Backroomsのロゴ

The Backroomsはオフィスルームがいくつもランダムに生成されて出来上がった無限に続く迷路状の空間についての都市伝説インターネット・ミームクリーピーパスタである[1]

物語の中では、濡れた絨毯の臭い、黄色一色の壁、蛍光灯のブーンという音がこの空間の特徴として紹介されている[1]。このThe Backroomsを元として、インターネットユーザが各々多様な「レベル」のThe Backroomsの話を作ったことでこの都市伝説の世界観は拡張していったが、オリジナルバージョンは、4chanで「不安になる画像」として載せられた1枚の写真のコメント欄に、匿名ユーザーが投稿したストーリーである。The Backroomsは、 MinecraftのHerobrine[注釈 1]リミナリティスペースの概念など、他のさまざまなホラー文化やメディアとも比較された。

The Backroomsは、ビデオゲームYouTube動画など、他の多様なメディアやインターネットカルチャーにまで広まっている。

起源と概要[編集]

The Backrooms Level0 -The Lobby-のイメージ

The Backroomsは、2019年5月12日の4chanの投稿が由来である[注釈 2]。この掲示板で、とある匿名ユーザーが不安をあおる画像の投稿を他のユーザに呼びかけた[1]。そこで最初にアップロードされたのが、上の黄色い廊下の少し傾いた画像である。この画像のコメント欄に、他の匿名ユーザがThe Backroomについて書き込んだストーリーが都市伝説となった[1][3]。 4chanの投稿が有名になった後、インターネットユーザはThe Backroomsに関するホラーストーリーを書き始めた。さらに、多くのミームが作成され、ソーシャルメディアによって広められ、クリーピーパスタとしてさらに有名になった[4]。不安を掻き立てるような風景や写真(Liminal Space)が当時人気だったことも、この物語を広める一因となった[1]

影響と人気[編集]

レベル0の内部にある架空の「マニラルーム」

映画[編集]

2022年1月、16歳のケイン・パーソンズ監督は自身のYouTubeチャンネルに、「 The Backrooms(FoundFootage) 」というタイトルの短編ホラー映画をアップロードした[5]。1991年、1人のティーンエイジャーが突如The Backroomsに迷い込み、奇妙な怪異から逃げ惑うという内容である[6]。 この映画は、実写映像と3D Blenderレンダリングに加え、手ぶれやVHSフィルターなどでエフェクトを加えている[7]。 一部の人はこれを「アナログホラー」に分類している[8]。 米ラジオ局のWPSTに投稿されたコメントではこの映画を「インターネット上で一番怖い動画だ」と評価した[要出典]。 ホラーコンテンツのウェブサイト「ドレッドセントラル」はコンピュータゲーム『Control』(2019年発売)と比較した [9]

ゲーム[編集]

この都市伝説をモチーフとしたコンピュータゲームは複数存在する。 1つめは、2020年にインディーゲームスタジオのPie on a Plate Productionsが発売したホラーゲーム『The Backrooms Game』である[10]。 同作はThe Backroomsに来てしまった一般人を主人公としており、怪物に追われながらフロアからの脱出を目指す内容である[1]。同作には正気度の概念があり、30秒ごとに腕時計を見ることでこれが保たれる設定である[1]。奇妙な壁で行われるミニゲームをクリアすることで脱出成功となる一方、歩行距離を競うやりこみ要素も存在する[1]ブラッディ・ディスガスティングのライター、マイケル・L・サンダルは、この作品を作家のシャーロット・パーキンス・ギルマンの作品と比較して、その恐怖感を賞賛した[11]。GuruGamerの作者であるSigmaKlimは『ゆめにっき』(2004年)と比較して、ほとんどのホラーコンテンツでは「陳腐で使い古されたモチーフ」であるのに、このゲームはどこかユニークなものだと語った[12]。 ドイツの雑誌「PCMag」は、このゲームを「不安」と「狂気」の雰囲気により、「最高の無料Steamゲーム」ランキングの中での「選外佳作」として紹介している[13]

もう一つは、Cosmic Crow CreationsがSteamを通じて発売した「Enter The Backrooms」(2021年)である[1]。こちらはストーリーやエンディングは存在しないものの、キャンペーンモードは2022年3月時点で8階(ステージ)まで実装されている[1]。 同作は、先人の残した物品やメモなどを拾いながら探索するローグライクに近いシステムを採用している[1]。4Gamer.netの早苗月 ハンバーグ食べ男は、この作品のグラフィックが安っぽいものの積極的なアップデートで階層が増えていて、物量作戦のようで面白いと述べている[1]

参照[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ デフォルトスキンのスティーブの目を白くした「Herobrine」というキャラクターを目撃したというクリーピーパスタであり、Herobrineという名前はゲームの作者Notchの亡き兄弟の名前という設定である[2]
  2. ^ ただし、4Gamer.netの早苗月 ハンバーグ食べ男は、画像の初出は、2018年4月に4chanの「cursed images」(クソ画像)という別のスレッドに投稿されたものだとしている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Inc (2022年3月15日). “あなたは黄色い部屋,好きですか? この世界から“noclip”して「The Backrooms」で超常的存在と楽しく遊ぼう!”. 4Gamer.net. Aetas. 2022年3月15日閲覧。
  2. ^ Hanyu, Kaisei (2021年1月23日). “『マインクラフト』都市伝説「Herobrine」シードが特定される。 白目スティーブ最初の目撃情報の地” (日本語). AUTOMATON. 2022年3月18日閲覧。
  3. ^ /x/ - Paranormal » Thread #22661164”. archive.4plebs.org. 2022年2月13日閲覧。
  4. ^ The Backrooms: an eerie phenomenon lies behind these familiar hallways” (英語). Happy Mag (2021年8月3日). 2022年2月13日閲覧。
  5. ^ 16歳監督によるオカルト短編映画が1300万再生を記録 “黄色い異空間の部屋”に世界が熱狂”. ねとらぼ (2022年2月9日). 2022年3月15日閲覧。
  6. ^ (日本語) The Backrooms (Found Footage), https://www.youtube.com/watch?v=H4dGpz6cnHo 2022年2月13日閲覧。 
  7. ^ 'The Backrooms' Is the Viral Horror Short Shaking the Internet Up” (英語). No Film School (2022年2月1日). 2022年2月13日閲覧。
  8. ^ See Attack on Titan Through the Eyes of Backrooms Director Kane Pixels” (英語). Otaku USA Magazine (2022年2月7日). 2022年2月13日閲覧。
  9. ^ 'The Backrooms' Is A Found Footage Nightmare Freaking Out The Internet” (英語). Dread Central (2022年1月14日). 2022年2月13日閲覧。
  10. ^ Johnson, Astrid (2019年8月16日). “Reviews Roulette: The one with Tony Hawk on a unicycle” (英語). Rock, Paper, Shotgun. https://www.rockpapershotgun.com/reviews-roulette-the-one-with-tony-hawk-on-a-unicycle 2022年2月13日閲覧。 
  11. ^ S, Michael L. (2020年4月30日). “‘The Backrooms Game’ Brings a Modern Creepypasta to Life [What We Play in the Shadows]” (英語). Bloody Disgusting!. 2022年2月13日閲覧。
  12. ^ Test Your Nerve With This Eerie Title – The Backrooms Game” (英語). GuruGamer.com (2019年8月12日). 2022年2月13日閲覧。
  13. ^ Zamora, Gabriel (2019年8月12日). “The 15 Best Free Steam Games” (英語). PCMag Australia. 2022年2月13日閲覧。