成田悠輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なりた ゆうすけ
成田 悠輔
生誕 1985年(37 - 38歳)
日本の旗 日本東京都北区
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
研究分野 経済学労働経済学教育経済学計量経済学公共政策因果推論
研究機関 イェール大学
出身校 東京大学大学院
マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D.
博士課程
指導教員
パラグ・パサック英語版
ヨシュア・アングリスト
ダロン・アシモグル
ニヒル・アガーワル英語版
他の指導教員 神取道宏
松島斉
主な受賞歴 2009年3月 東京大学経済学部大内兵衛賞(最優秀卒業論文
2020年度 MIT Innovators Under 35 Japan
2020年 第3回日本オープンイノベーション大賞内閣総理大臣賞
2021年度 KDDI Foundation Award
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

成田 悠輔(なりた ゆうすけ、1985年[1] - )は、日本経済学者起業家イェール大学アシスタント・プロフェッサー[2][注 1]一橋大学特任准教授[18]東京大学招聘研究員、半熟仮想株式会社代表取締役。専門はデータアルゴリズム数学ポエムを使ったビジネスと、公共政策の創造とデザイン

来歴

麻布中学校・高等学校卒業。極度の睡眠障害により小中高では不登校であった。麻布中学在学時には柄谷行人NAMに出入りした[19]。高校卒業後、ギャルの多い予備校か専門学校でアルバイトの非常勤講師をしながら1浪して[20]、2005年に東京大学入学。2009年、東京大学経済学部首席で卒業。

2011年に東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。東京大学大学院在学中にVCASI研究助手。ヂンチ株式会社代表、一橋大学特任准教授、スタンフォード大学客員助教などを歴任。

2016年マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D.取得[21]。同年にイェール大学経済学部アシスタント・プロフェッサー就任[22]独立行政法人経済産業研究所RIETI客員研究員ZOZOサイバーエージェントなどの組織と、共同研究や事業に携わる。

趣味

  • 温泉に入ることが好きである[23][24]

家族

評価

日経テレ東大学」プロデューサーでテレビ東京高橋弘樹は、成田を起用した理由として「成田さんは人づてに『変わった人がいる』と聞いたので、出演動画を拝見し、成田さんが執筆した文章も読みました。そこで『この人はヤバい』と感じ、すぐにオファーしました。なんというか...成田さんは詩人だと思います。言葉を使って社会を変えようとしている。配信動画では、耳から入る情報も強力な武器になるので適役です。〈中略〉お2人(注: 成田と西村博之)は他の人にないものを持っていると思います。それは、日本に対してしがらみが少ないこと。成田さんは日本のアカデミー業界に忖度する必要もないし、ひろゆきさんは、最悪全ての日本国民に嫌われても構わないとすら思っています。だからこそ、誰にも気を使わず、しがらみなく意見できる。そこが痛快だし、面白い」、日本経済新聞社の佐々木康は「ひろゆきさん、成田さんは自分勝手なイデオロギーではなく、世の中のデータをもとにお話をされるので、番組を任せても大丈夫という安心感があります」と評している[29]

受賞

  • 東京大学経済学部の最優秀卒業論文の中から数年に一度授与される「大内兵衛賞」[30]
  • 内閣総理大臣賞・オープンイノベーション大賞[30][31]
  • MITテクノロジーレビューInnovators under 35 Japan・KDDI Foundation Award貢献賞[30][32]
  • 第8回World OMOSIROI Award(ナレッジキャピタル主催)[33]

主張

「幸福なデータ奴隷」

データエビデンスを活用することによって自己の存在理由や目的を発見し、最適化された行動を取ることで、人々は日常の小さな判断から解放され、真の幸福が訪れるという「幸福なデータ奴隷」論を提唱している[34]

教育

  • 日本の知識詰め込み型・ペーパーテスト偏重のエリート教育制度(受験教育)を、自身の経験を踏まえ「学力以外の多様性が保証される」「『公平』な仕組みであり、どんな場所に生まれた人であろうが、親にお金があろうがなかろうが、その受験というゲームを乗り越えさえすれば学校に入れるというのが保証されている仕組みである。他の側面はどうでもいいわけで、どんなに友達がいない人でもどんなに性格が悪い人でも関係ない、日本の入試は多様な人材を包み込める仕組み」という観点から評価している[35]
  • 一方で、「多様性が重視される時代にもかかわらず、受験の仕組みは基準が学力だけで特定の能力だけを重視し過ぎる。ホワイトワーカー(サラリーマン)を作り出す意味で言うと、学校の勉強で事務処理能力の高さを測るのが重要みたいになってしまっている」「客観的公平性を保ち誰もが文句をつけられない仕組みを残しながら、その中でどういうスキル・能力を測るのかというのをもっと多様にしていく、色んなタイプの能力を測れる色んな試験が共存する、評価の仕方自体が何百個もある、寿司職人もいればヨーヨー少年、仮想現実世界でVRアートを作る人もいるみたいな形で、何百個何千個と入試が乱立していて、各人がどの基準で評価されたいかを選べる社会になっていくべき」といった欠点・改善するべき点も指摘している。
  • アメリカの大学や教育が多様性を尊重し、幅広い人に機会を与えているという考えは「誤解 (misconception)」であると主張している[36]
  • 2021年11月の『報道ステーション』で「学歴中心の履歴書から経験中心の履歴書へ」と主張した平原依文に対して、「経験重視は、最も格差を作り出すタイプのもの」「(アメリカの高校生が)多様な経験と称するものを手に入れるために、2週間で100万円といった、経験を買うためのパッケージツアーなどに参加します」「家の豊かな子ほどその経験をしっかりと蓄えられる」と反論した[37]

格差社会

  • 選挙ステーション2021』(テレビ朝日)や『日曜日の初耳学』(TBS)での林修との対談企画で、日本の格差拡大について「格差を気にしない方がいい。むしろ、どうやったら格差を作り出せるかという事を考えるべき。日本の格差の増え方はすごく緩やかであり、ここ数十年で大きな産業による新しい富を生み出せなかったため、格差を生み出すこともすごく難しい。全体としてお金持ちも貧乏人も同じように貧乏になっていっている。ある種の『一億総貧困社会』が生まれている。なので、弱者を助けるためにこそ稼ぎまくって納税しまくる人を作り出すことが大事。弱者と呼ばれる人たちを救うためにこそ、一時的に格差を作り出して富を蓄積できる人を増やすことが大事。中途半端に『弱者を助けよう』として分配とか格差を強調しすぎるとそれによって社会全体が貧しくなって、勝ち組も負け組もみんな傷つくみたいな予期せぬことが起きてしまう可能性を注意しなきゃいけない」と語った。

少子高齢化

  • 選挙ステーション2021』(テレビ朝日)や『日曜日の初耳学』(TBS)では、「(20代以下の人口は全体の25%にすぎず)マイノリティー(少数派)である若者が政治に参加したり、選挙に行ったりしても、何も変わらない」「もっと言うと、今の日本の政治や、日本の社会の停滞は、若者の政治参加とか、選挙に行くとか、そんな程度の生ぬるいことで変わるような、そんな状況にないと思う。もっと何かとてつもない危機の状態に陥っていて、革命みたいなことが起きないと何も変化は起きない。例えば、若者しか投票できないような世代別の投票をつくり出すとか。もっと過激に言えば、若者が反乱を起こして、一定以上の年齢の人から投票権を奪い取るとか。あるいは、この国に絶望した若者が新しい独立国をつくり出して、自分たち自身で新しい政治制度を実現していくとか。革命レベルのことが起きないと、日本が本当に変わるってことはない。その革命“100”だとすると、政治に参加するとか、選挙に行くとかというのは、“3”とか“5”の焼け石に水程度の話だと思います」と語った[38]
  • ABEMA Prime』では、日本経済について「高齢化があっても、そこそこ成長している国はある。シンガポール韓国ドイツが典型だ。なので、日本も全く無理ではないと思う」としながら、「だが、サービス業が壊滅的にダメで、サービス業の生産性をどうやって上げて根本的に体質転換するか。ここが問題になるのかなという気がしている」と語った。
  • 高齢化について「唯一の解決策ははっきりしている」として、「結局、高齢者集団自決、集団切腹みたいなのしかないんじゃないか。僕はこれを大真面目に言っていて、やっぱり人間は引き際が重要だと思う。別に物理的な切腹ではなくて、社会的な切腹でもいい。過去の功績を使って居座り続ける人がいろいろなレイヤーで多すぎる。これがこの国の明らかな問題だ」と語り、スタジオのアナウンサー専門家を驚かせた[39]
    • 後に語ったところによると、成田は「”切腹”や”自決”は議論のためのメタファーで、肉体的なものだけでなく、社会的・文化的なものも含めた色々な形があり得ます」と述べ、三島由紀夫がやったような文字通りの切腹のレイヤー、尊厳死の解禁や一定以上の延命措置への保険適応を見直すというレイヤー、世代交代のレイヤーの大きく分けて3種類のレイヤーがあるという[25]
    • ABEMA Prime』の竹中平蔵がゲストに登場した回において、成田は「政治家や経営者からも支持を集める竹中先生が積極的にスパッと引退されて、“一緒に引退しよう”みたいなことを呼びかける選択肢はないのか?」と竹中平蔵本人に正面から提案したが、竹中は「いや、それはよくないと思う」「だって個人によって全然事情が違うから。『私は辞めます』というのはいいと思うが、みんな辞めましょうというのは、もっとできる人もいるわけだから。日本では年齢による差別が露骨に行われている。“何歳で定年”というのは年齢による差別で、こんなことを堂々とやっている先進国はない。年齢によって差があって、65歳でもすごい能力の差がある。そこはやはり個人の自由と能力を認めるべき」として断られた[40]
    • 経済同友会の機関誌の『経済同友』において成田は、経済同友会代表幹事でありSOMPOホールディングスCEOの櫻田謙悟と対談をし、その中で物理学者マックス・プランクの「科学は葬式のたびに進歩する」という言葉を引用し、「経済同友会解散、重鎮経営者の引退」を呼びかけた[41]。成田によると明治維新第二次世界大戦後の焼け野原からの再出発で共通していたのは、日本社会を支配していた重鎮たちがいなくなったことであるという。成田の発言に対して櫻田は「『経済同友会解散』は刺激的な言葉ですが、意図は大いに賛成します」と答えた[41]

ベーシック・インカム

『ABEMA Prime』でベーシックインカムの導入については、「僕たちは心が弱い。少しお金をもらったぐらいだと働くことを辞められない。何か働いていないと、自分のアイデンティティーが揺らいでしまうとか、何か働いていないと世の中とか社会に対する責任を果たしていないみたいに、未だに僕たちは思っている。本当に重要なのは、働いたり、お金を稼いだりしなくても、特に気にせず自信を持って生きていけるような人間をどう作るかだ。それを実現するためには、ベーシックインカムというのはあまり役に立たないのではないか」と語った[42]

著書

論文

単著

共著

翻訳

解説

出演

ウェブ番組

テレビ番組

ラジオ

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 本人は自身の役職について「助教授」と自称しており、他メディアもそれに倣っている[3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]。なお、助教授という役職は現在日本には存在しない[17]

出典

  1. ^ 生きる目的や倫理は蒸発する 人類が行きつく「幸福なデータ奴隷」とは?”. Forbes JAPAN (2019年3月25日). 2022年12月10日閲覧。
  2. ^ Yusuke Narita | Department of Economics” (英語). economics.yale.edu. 2022年5月24日閲覧。
  3. ^ Yusuke Narita
  4. ^ イェール大学助教授・成田悠輔が語る「幸福の見つけ方」とは?
  5. ^ 【ひろゆきより謎】成田助教授!まったり教室【イェール大学で何してるの?】
  6. ^ 文藝春秋digital成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」
  7. ^ 週刊新潮【特別対談】偏差値はいくらでどれくらい伸ばせるか
  8. ^ 文藝春秋digital-成田悠輔×先崎彰容 「『22世紀の民主主義』に希望はあるか」
  9. ^ 週刊新潮-【特別対談】偏差値はいくらでどれくらい伸ばせるか
  10. ^ 朝日新聞-「逃走論」40年後の世界 浅田彰さんは今なお「逃げろ」と訴える
  11. ^ 読売新聞-「真っ黒なインスタ」が伝える権威主義の恐怖
  12. ^ 毎日新聞-気鋭の研究者・成田悠輔氏ついに登場!
  13. ^ 日本経済新聞-米エール大助教授・成田悠輔さん 借金残して蒸発した父
  14. ^ 産経新聞-気鋭の研究者・成田悠輔氏ついに登場!
  15. ^ NHK-日本経済の設計図は描けるか~ノーベル経済学賞に最も近い男たち~
  16. ^ 毎日新聞気鋭の研究者・成田悠輔氏ついに登場!
  17. ^ 大場淳「助教授」 - 大学事典、平凡社。
  18. ^ イェール大学助教授・成田悠輔が語る「幸福の見つけ方」とは?
  19. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “残念家庭の不登校児が麻布へ 先端文化人と交流で転機|キャリア|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2021年12月20日閲覧。
  20. ^ ギャルが考える「人生に必要なのは愛かお金か」成田悠輔氏VS『egg』編集部|#アベヒル《アベマで放送中》ABEMAニュース【公式】https://m.youtube.com/watch?v=1iGcA7H2W8A
  21. ^ yusuke narita October 14, 2021”. 成田悠輔. 2021年11月16日閲覧。
  22. ^ Yusuke Narita | Department of Economics” (英語). economics.yale.edu. 2022年6月12日閲覧。
  23. ^ a b 【ひろゆき&成田悠輔が暴走】Re:Hack旅!蛭子さんの偉大さを知る【草津温泉へ】 (YouTube). 日経テレ東大学. (2022年4月28日). https://www.youtube.com/watch?v=S6X4Rdws_lY 2023年1月13日閲覧。 
  24. ^ 温泉大国 日本に異変 湯量激減で温泉施設が休館 “おんせん県”の取り組み【解説】. TBSテレビ. (2023年1月13日). https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/275090? 2023年1月13日閲覧。 
  25. ^ a b c 成田悠輔「私が“言ってはいけない”ことを言う理由」|賢人論”. みんなの介護. 2023年1月26日閲覧。
  26. ^ 【成田悠輔の素顔】奥さんの前では●●です。結婚式ではタキシードを着て●●してました。成田悠輔の弟成田修造が大暴露。成田悠輔嫁/妻/リハック【日経テレ東大学切り抜き/Re:Hack】 (YouTube). テレ東パンダの切り抜き部屋. (2022年2月13日). https://www.youtube.com/watch?v=CciPDLv_b6Y 2023年1月13日閲覧。 
  27. ^ 壮絶人生!成田修造。借金、女、酒...14歳で父が失踪!25歳で上場企業役員に!プロデューサーも絶句する”成田家ヒストリー””. テレビ東京 (2022年2月10日). 2023年1月13日閲覧。
  28. ^ FR67wi9e1kA 成田悠輔の第一印象】身長180超えの大男が●●しながら来社。成田家は弟・父ともに高身長でイケメン。失踪中の父は現在ヒモ生活説。リハック切り抜き【日経テレ東大学切り抜き/Re:Hack】 (YouTube). テレ東パンダの切り抜き部屋. (2022年2月13日). https://www.youtube.com/watch?v= FR67wi9e1kA 2023年1月13日閲覧。 
  29. ^ 経済をバラエティー感覚で学ぶ!MCはひろゆきと成田悠輔。YouTubeチャンネル「日経テレ東大学」が...”. テレ東プラス (2022年3月29日). 2022年4月4日閲覧。
  30. ^ a b c Yusuke Narita 来歴”. Yusuke Narita 成田悠輔 公式ホームページ. 2023年1月13日閲覧。
  31. ^ 成田悠輔客員研究員が内閣府日本オープンイノベーション大賞・内閣総理大臣賞を受賞”. 独立行政法人経済産業研究所. 2023年1月13日閲覧。
  32. ^ 成田悠輔客員研究員が Innovators under 35 Japan に選出”. 独立行政法人経済産業研究所. 2023年1月13日閲覧。
  33. ^ (日本語) 成田 悠輔 / 受賞者プレゼンテーション World OMOSIROI Award 8th., https://www.youtube.com/watch?v=IeCJKk9fvSE 2023年1月27日閲覧。 
  34. ^ 生きる目的や倫理は蒸発する 人類が行きつく「幸福なデータ奴隷」とは?” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2019年3月25日). 2022年1月26日閲覧。
  35. ^ Interview with Visiting Faculty- 13 - Center for Economic Institutions(Recorded on May 12, 2021)”. cei.ier.hit-u.ac.jp. 2022年5月2日閲覧。
  36. ^ Interview with Visiting Faculty- 13 - Center for Economic Institutions(Recorded on May 12, 2021)”. cei.ier.hit-u.ac.jp. 2022年5月2日閲覧。
  37. ^ 衆院選挙の夜に考える2“格差を解決する方法”” (日本語). テレ朝news. 2022年8月29日閲覧。
  38. ^ 衆院選挙の夜に考える1“若者の投票率上げる方法””. テレ朝news (2021年11月1日). 2022年4月13日閲覧。
  39. ^ ひろゆき氏&成田悠輔氏の「ニッポン改造論」 おばあちゃん一人のために“橋”は作るべき? ABEMA TIMES(2021年12月31日)
  40. ^ TIMES編集部, ABEMA. “竹中平蔵氏「私はたくさんの老害を見てきた」、成田悠輔氏「竹中先生がスパッと引退されるのは?」 年金だけじゃ老後は無理?何歳まで働く?を議論 | 国内”. ABEMA TIMES. 2023年1月26日閲覧。
  41. ^ a b 生活者共創社会(後編) 成田悠輔氏と「生活者共創社会」を考える”. 経済同友会. 2023年1月26日閲覧。
  42. ^ 「僕たちは心が弱い」成田悠輔氏がベーシックインカム導入に反対の理由 ひろゆき氏が反論”. ABEMA TIMES (2021年12月21日). 2022年6月14日閲覧。
  43. ^ ABEMA夜のニュース番組『ABEMA Prime』がリニューアル!MCに成田悠輔・柏木由紀・宇垣美里のレギュラー出演が決定” (日本語). CINEMA Life! シネマライフ|映画情報 (2022年4月4日). 2022年4月23日閲覧。
  44. ^ オールナイトニッポン [@Ann_Since1967] (2022年11月11日). "✨NEWS✨" (ツイート). Twitterより2022年11月22日閲覧
  45. ^ “11月19日(土)は「成田悠輔のオールナイトニッポン0(ZERO)」”. allnightnippon.com (ニッポン放送). (2022年11月13日). https://www.allnightnippon.com/zero-sat/zero-sat_blog/20221113-71136/ 2022年11月22日閲覧。 
  46. ^ 成田悠輔 [@narita_yusuke] (2022年11月20日). "オールナイトニッポンでは脱法バーの話をし、" (ツイート). Twitterより2022年11月22日閲覧

関連項目

外部リンク