コンテンツデリバリネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンテンツデリバリネットワーク(: content delivery networkCDN)とは、ウェブコンテンツをインターネット経由で配信するために最適化されたネットワークのことである。コンテンツ配信網とも。

1990年代以降ネットが一般に普及するにつれ、大手サイトからのリンクやテレビといった他メディアからのリンクにより、通常想定されていない大量のユーザーがサイトへ集中し、反応が遅くなったり、まったく応答不能になること(フラッシュクラウド効果)が多くなってきた。このような現象に対処する場合、サーバを一ヶ所だけに置くのではなく、地理的・バックボーン的に分散させるのが効果的である。同一のコンテンツを多くのサーバでミラーする手段としては、単純なDNSラウンドロビンから、P2P、地理情報を加味した複雑な配信技術までさまざまなものがあり、研究、実用化がなされている。

コンテンツデリバリネットワークを用いることにより、ウェブのみならず、大容量アプリケーション、音楽、動画の配信やオンラインゲームといったブロードバンドのコンテンツを配信することが安定かつ低コストで行えるようになる。そのためビジネス分野において注目されている。

よく知られたサービス[編集]

商用[編集]

商用(P2Pベース)[編集]

学術研究用[編集]

  • Coral Content Distribution Networkコーラル・コンテント・ディストリビューション・ネットワーク - ニューヨーク大学によるオープンソース実装
  • FCANエフキャン / TENBINテンピン - DNS分散技術の TENBINRing Server Projectリング・サーバー・プロジェクト で用いられている

関連項目[編集]

外部リンク[編集]