F5ネットワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エフファイブ・ネットワークスジャパン株式会社
F5 Networks Japan K.K.
種類 公開会社
市場情報
NASDAQ FFIV
略称 FFIV、F5 Networks
本社所在地 107-0052
東京都港区赤坂4-15-1
赤坂ガーデンシティ19階
設立 2000年1月
業種 情報・通信業
事業内容 ネットワーク機器の開発、製造、販売、保守
代表者 代表取締役社長 アリイ ヒロシ
資本金 1,000万円
従業員数 120名(2013年9月現在)
主要株主 F5 Networks, Inc.(100%)
外部リンク http://www.f5networks.co.jp/
テンプレートを表示

F5ネットワークスジャパン(エフファイブネットワークスジャパン)は、東京都港区に本社を置くアメリカ合衆国のF5 Networks.Incの日本法人である。F5 Networks.Incは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社に置くロードバランサー、SSL-VPN等のネットワーク・アプライアンス製品を開発、製造、販売する企業である。日本を含む各国に現地法人として子会社を設立している。最も有名な製品は、アプリケーション・デリバリ・コントローラのBIG-IPである。

沿革[編集]

F5 Networks.Inc[編集]

  • 1996年 - アメリカ、ワシントン州シアトルにF5 Networks Inc.を設立
  • 1999年 - NASDAQへ株式上場
  • 2001年 - ノキアと業務提携し、BIG-IPシリーズのOEM供給を開始(2003年にOEM供給は終了している)
  • 2003年 - SSL-VPNの開発、製造を行っていたuRoam社を買収
  • 2004年 - Webアプリケーション・ファイアウォールの開発、製造を行っていたMagniFire WebSystems社を買収
  • 2005年 - WAN高速化製品の開発、製造を行っていたSwan Labs社を買収
  • 2008年 - ファイル仮想化製品の開発、製造を行っていたAcopia Networks社を買収
  • 2009年 - 次世代クラウドに対応する「BIG-IP v10」発表
  • 2010年 - 日本国内でのカスタマーサポートの拡充
  • 2012年 02月22日- [Traffix Systems]キャリアネットワーク向けDiameterシグナリング・ソリューションのリーディング企業を買収
  • 2013年 02月11日 - [Linerate Systems] Software-Defined Networking (SDN) サービスの開発会社を買収
  • 2013年 08月29日- [BIG-IP800]日本市場のみを対象にBIG-IPエントリーモデルを発売
  • 2013年 09月17日- [Versafe]オンライン詐欺対策サービスを提供する会社を買収

F5ネットワークスジャパン[編集]

  • 2000年 - 東京都港区にF5ネットワークスジャパン株式会社を設立
  • 2005年 - 東京都港区にサポートコールセンターを設立
  • 2006年 - 東京都港区にテクノロジーセンターを設立
  • 2007年 - 大阪市北区に西日本支社を設立

社名の由来[編集]

日本の気象学者、藤田哲也シカゴ大学名誉教授が考案した竜巻の強度分類であるFスケールにおける最大級の階級「F5」にちなんで名付けられた。

事業所[編集]

  • 東京本社 - 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ19階
  • 西日本支社 - 大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル 16階

製品[編集]

  • VIPRION(ヴィプリオン)
アプリケーション・デリバリ・コントローラ製品。
  • BIG-IP
F5ネットワークスの最も代表的な製品で、ローカル及び広域の負荷分散、トラフィック制御を行う製品である。
レイヤ4に加え、レイヤ7での細かな制御を行うことができる。
  • FirePass
SSL-VPN製品。元は2003年7月に買収したuRoam社の製品である。
  • ARX
ファイルストレージ仮想化製品。

国内代理店[編集]

日本国内では、正式代理店として、一次代理店、二次代理店で販売体制が組織されている。

  • 一次代理店:
- F5 Value Added Distributor (VAD)
- F5 Value Added Reseller (VAR)
- F5 Distributor (Disti)
  • 二次代理店:
- F5 Advantage Partner (ADC,ARX)

2010年11月1日以降は、UNITYという新たなパートナー制度が開始された。

  • F5 Value Added Distributor (VAD)
NTTアドバンステクノロジ
テクマトリックス株式会社
東京エレクトロンデバイス株式会社
  • F5 Value Added Reseller (VAR)
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
日本電気通信システム株式会社
  • F5 Distributor (Disti)
株式会社ネットワールド
ネットワンシステムズ株式会社
  • F5 Advantage Partner (ADC,ARX)
株式会社インターネットイニシアティブ
エス・アンド・アイ株式会社
NRIセキュアデクノロジーズ株式会社
NECネッツエスアイ株式会社
NTTデータ先端技術株式会社
兼松エレクトロニクス株式会社
キャノンITソリューションズ株式会社
クオリカ株式会社
新日鉄ソリューションズ株式会社
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
株式会社ソリトンシステムズ
デジタルテクノロジー株式会社
日本ビジネス株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
株式会社野村総合研究所
株式会社BSNアイネット
株式会社日立システムズ
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
三井情報株式会社
ユニアデックス株式会社

脚注[編集]

外部リンク[編集]