ネットワーク・アプライアンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ネットワーク・アプライアンス: network appliance)は、WebメールDNSDHCPなど、ネットワークに接続して使う用途のアプライアンスである。通常、LinuxなどのサーバOS上に特定用途向けソフトウェアを組み込んだシステムが、筐体入りモジュールあるいはむき出しのモジュールなどの形態で製品となっている。通常の設定など[1]は、リモート端末上のウェブブラウザからHTTPで行うこととしているものが多い。

ネットワーク・アプライアンスのもつ機能としては、WebメールDNSDHCPのほか、HTTPキャッシュルータファイルサーバSSL暗号化装置など、さまざまな用途がある。

「サービスを提供するもの」という意味では一種のサーバであるため、アプライアンスサーバと呼ばれることがある。一方、ワークステーションのような汎用あるいは任意のサービスを提供できるシステムによるものを指す「サーバ」に対置して、専用機という意味でこの語が使われることもある。

[編集]

  1. ^ 開発用の(非常用としても使える場合もある)シリアルコンソールに、テストパッドなど何らかの方法でアクセス可能なものもある。

関連項目[編集]