三井情報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三井情報株式会社
Mitsui Knowledge Industry Co., Ltd.
Atago Green Hills from Tokyo tower cropped2.jpg
本社が入居する愛宕グリーンヒルズMORIタワー
種類 株式会社
市場情報
東証2部 2665
2004年4月6日 - 2015年1月16日上場
略称 MKI
本社所在地 日本の旗 日本
105-6215
東京都港区愛宕2-5-1
愛宕グリーンヒルズMORIタワー
設立 1991年平成3年)6月20日
業種 情報・通信業
法人番号 6010401078785
事業内容 システムインテグレーション事業
代表者 小日山功(代表取締役社長)
資本金 41億1,300万円(2019年3月31日現在)
売上高 連結:626億8,000万円(2019年3月期)
従業員数 連結:1,963名(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 三井物産
主要子会社 MKIテクノロジーズ株式会社
MKI (U.S.A), Inc.
MKI (U.K.) , LTD
関係する人物 下牧拓(元社長)
上原政二
山本茂
外部リンク https://www.mki.co.jp/
特記事項:各種経営指標は2018年3月期の指標。
テンプレートを表示

三井情報株式会社(みついじょうほう、: Mitsui Knowledge Industry Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く、日本のシステムインテグレータ(ユーザー系)。三井物産の完全子会社。

概要[編集]

三井物産傘下のシステム関連企業数社が合併したネクストコム株式会社、及び三井物産の情報子会社であった三井情報開発株式会社が前身である。

2007年にネクストコムを存続会社とする形で合併した後も東京証券取引所に上場していたが、2015年1月に親会社である三井物産のTOBにより完全子会社となったため上場廃止となった[1]

三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合・月曜会の会員会社であり三井文庫本館と三井記念美術館からなる公益財団法人・三井文庫の賛助会社でもある[2]

沿革[編集]

  • 1967年 - 三井物産株式会社の情報システム部門が株式会社コンピュータシステムズサービスとして独立。
  • 1970年 - 株式会社コンピュータシステムズサービスが三井情報開発株式会社に社名変更、三井グループ19社出資。
  • 1991年06月 - 米国3Com社との合弁でスリーコム株式会社を設立。
  • 1994年06月 - スリーコム株式会社をネクストコム株式会社に改称。
  • 2000年09月 - ネクストコム株式会社が大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現・ジャスダック)に上場。
  • 2004年04月 - ネクストコム株式会社が東京証券取引所第二部に上場。
  • 2004年12月 - ネクストコム株式会社が三井物産グループのアダムネット株式会社、株式会社ビーエスアイを吸収合併。
  • 2007年04月 - ネクストコム株式会社が三井情報開発株式会社を吸収合併、商号を三井情報株式会社に変更。同時に本社を東京都中央区に移転。
  • 2007年10月 - 子会社MKIテクノサービス株式会社とエムケイアイソフトウェアサービス株式会社を統合し、MKIテクノロジーズ株式会社を設立
  • 2008年10月 - 東京都港区に愛宕グリーンヒルズに本社を移転。
  • 2010年10月 - 子会社であるMKIネットワーク・ソリューションズ株式会社を吸収合併[3]
  • 2011年02月 - 『SAP AWARD OF EXCELLENCE 2011』 を受賞
  • 2011年05月 - Amazon Web Services パートナーに認定
  • 2011年09月 - Microsoft Partner of the Year 2011を受賞
  • 2011年10月 - 子会社MKI (U.K.) , LTDを新設、シンガポール支店を開設、MKI (U.S.A.) , Inc. シアトル支店を開設
  • 2014年10月 - 親会社である三井物産株式会社が株式公開買付けを実施し94.33%の株式を取得[4]
  • 2015年01月 - 東京証券取引所上場廃止、三井物産株式会社の完全子会社となる[1]
  • 2017年03月 - MKI (U.S.A.), Inc. ヒューストン支店を開設
  • 2017年04月 - デジタルトランスフォーメーションセンター設立[5]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]