三井不動産ファシリティーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三井不動産ファシリティーズ株式会社
Mitsui Fudosan Facilities Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 MFFC
本社所在地 日本の旗 日本
111-8605
東京都中央区勝どき3-13-1
FOREFRONT TOWERⅡ 7階
設立 1957年12月18日
業種 サービス業
事業内容 建物の保守・管理等
建物の修繕・改造工事
建物管理に関する運営・全体管理業務
建物の省エネルギー関連コンサルティング・調査・運用改善
代表者 土屋昭裕 (代表取締役社長)
資本金 4億9000万円
売上高 334億円(2015年度実績)
従業員数 3,691名(平成28年3月末日現在)
決算期 3月
主要株主 三井不動産100%
主要子会社 三井不動産ファシリティーズ・ウエスト
ファースト・ファシリティーズ千葉
ファースト・ファシリティーズ群馬
東京プロパティサービス
ファースト・ファシリティーズ・チャレンジド
外部リンク 三井不動産ファシリティーズ
テンプレートを表示

三井不動産ファシリティーズは、三井不動産グループの総合建物管理会社である。

三井不動産が所有・管理する建物を中心に、350棟以上のオフィスビル、商業施設、病院、ホテル、マンション、美術館等の管理を請け負っている。首都圏を中心に東日本エリアで事業展開している。

三井不動産の完全子会社だが親会社とは別個に三井グループによって設立された公益財団法人・三井文庫の賛助会社となっている[1]

沿革[編集]

  • 1957年昭和32年)12月 - 第一整備株式会社として設立[2]
  • 1960年(昭和35年)8月 - 三井不動産株式会社の傘下に入り、日比谷三井ビルディングの管理業務受注[2]
  • 1968年(昭和43年)4月 - 霞が関ビルディングの管理業務受注[2]
  • 1972年(昭和47年)3月 - 関東第一整備株式会社(現ファースト・ファシリティーズ群馬株式会社)設立[2]
  • 1973年(昭和48年)3月 - 環境整備株式会社(現ファースト・ファシリティーズ千葉株式会社)設立[2]
  • 1987年(昭和62年)5月 - 株式会社ディス横浜(後のファースト・ファシリティーズ横浜株式会社)設立[2]
  • 1987年(昭和62年)12月 - 株式会社ディスホテルサービス(現株式会社東京プロパティサービス)設立[2]
  • 1993年平成5年)4月 - 東京都知事認定の職業能力開発校「ビルコム21」(現FFCカレッジ)開校
  • 1998年(平成10年)11月 - ISO9002認証取得[2]
  • 2001年(平成13年)8月 - ISO14001認証取得[2]
  • 2001年(平成13年)10月 - 三鷹の森ジブリ美術館の管理業務受注
  • 2002年(平成14年)7月 - ISO9002からISO9001への移行登録[2]
  • 2005年(平成17年)4月 - 第一整備からファースト・ファシリティーズに商号変更[2]
  • 2005年(平成17年)12月 - 日本橋三井タワーの管理業務受注[2]
  • 2007年(平成19年)3月 - ららぽーと横浜および東京ミッドタウンの管理業務受注受注[2]
  • 2007年(平成19年)9月 - 東京倶楽部ビルディングの管理業務受注[2]
  • 2008年(平成20年)2月 - 赤坂Bizタワーの管理業務受注[2]
  • 2013年(平成25年)4月 - ファースト・ファシリティーズから三井不動産ファシリティーズに商号変更[2][3]
  • 2014年(平成26年)4月 - ファースト・ファシリティーズ横浜株式会社を吸収合併[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]