日本紙パルプ商事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本紙パルプ商事株式会社
Japan Pulp and Paper Company Limited
種類 株式会社
市場情報
略称 JP、JPP
本社所在地 日本の旗 日本
104-8656
東京都中央区勝どき三丁目12番1号
フォアフロントタワー
設立 1916年(大正5年)12月15日
1845年創業)
業種 卸売業
法人番号 1010001034978
事業内容 機械ITなどの販売・輸出入、古紙回収・販売
代表者 代表取締役会長 野口憲三
代表取締役社長 渡辺昭彦
資本金 166億4892万円
(2018年3月31日現在)
発行済株式総数 150,215,512株[1]
売上高 連結:5,215億26百万円
単独:3,194億33百万円
(2018年3月期)[1]
純資産 連結:947億35百万円
単独:685億93百万円
(2018年3月期)[1]
総資産 連結:3,382億68百万円
単独:2,356億27百万円
(2018年3月期)[1]
従業員数 連結:3,692名、単独:709名
(2018年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 王子ホールディングス株式会社 11.5%
(2018年3月31日現在)[1]
関係する人物 中井三平(中井三郎兵衛 (3代))
外部リンク https://www.kamipa.co.jp/
テンプレートを表示

日本紙パルプ商事株式会社(にほんかみパルプしょうじ)は、東京都中央区に本社を置く世界最大(2016年現在)の紙専門商社である。又、近年では古紙再資源化やバイオマス発電・太陽光発電等にも積極的に取り組むなど、事業の多角化を推進している。

概要[編集]

1845年(弘化2年)、当時の三越=「三井越後屋呉服店」で番頭をしていた中井三平(中井三郎兵衛 (3代))[2]が独立し、京都にて和紙商「越三商店」として設立された。この時、丸に越の暖簾(現在の三越のロゴマーク)の使用を同族以外で特別に認められた。

1859年(安政6年)には、「丸に井桁三」の暖簾(現在の三井グループのシンボルマーク)[3]の使用も特別に許されている。

1870年(明治3年)、息子(養嗣子)の中井慈眼(中井三郎兵衛 (4代))[4]に越三商店の経営を譲った中井三平は、かつての主家である三井家総領家八代 三井八郎右衞門(高福)に請われ、三井家大元方[5]総元締などの要職に就任し、三井銀行(現在の三井住友銀行)や三井物産の設立に深く関与した。特に、三井銀行では副長を務め、三野村利佐衛門や中上川彦次郎を支えた。

三井グループ綱町三井倶楽部所属。

王子製紙日本製紙など国内製紙メーカーの販売代理店事業の他、製紙製造から古紙リサイクルに至るまで幅広い事業を行っている。

創業から170年以上の歴史を有する老舗企業である。

事業所所在地[編集]

国内主要事業所[編集]

海外グループ拠点[編集]

アジア

米州

オセアニア

欧州

沿革[編集]

  • 1845年弘化2年) - 京都において和紙商、越三商店として創業[1]
  • 1876年明治9年) - 京都府御用掛として梅津パピール・ファブリック(後の王子製紙京都工場)の製品を販売。日本初となる洋紙販売を行う。
  • 1902年(明治35年) - 合名会社中井商店に改組[1]
  • 1916年大正5年)12月15日 - 株式会社中井商店に改組。資本金200万円[1]
  • 1963年昭和38年)5月 - 中井株式会社に社名変更[1]
  • 1968年(昭和43年)4月 - 北興産業株式会社を合併し、北陸紙業株式会社から大阪地区の営業権を譲受[1]
  • 1970年(昭和45年)1月 - 株式会社富士洋紙店と合併、日本紙パルプ商事株式会社に社名変更。資本金17億円[1]
  • 1972年(昭和47年)10月 - 東証2部に上場[1]
  • 1973年(昭和48年)8月 - 東証1部に指定替え[1]
  • 1973年(昭和48年)10月 - 大証1部に上場(2003年12月上場廃止)。
  • 2001年平成13年) 東京地区においてISO14001認証取得。
  • 2003年(平成15年)8月 - トーメングループの紙パルプ事業を譲受[1]
  • 2010年(平成22年)4月 - アメリカグールド社の株式51%を取得し子会社化[1]
  • 2011年(平成23年)4月 - 三栄グループとの資本業務提携。
  • 2011年(平成23年)4月 - 子会社の株式会社中井本社を吸収合併[1]
  • 2011年(平成23年)4月- コアレックスホールディングス株式会社(現・JPコアレックスホールディングス株式会社)およびその子会社を連結子会社化[1]
  • 2012年(平成24年)10月 - 本社を東京都中央区日本橋本石町から現在地に移転。
  • 2015年(平成27年)10月 - 旧本社ビルを建て替えた「日本橋日銀通りビル」が、2015年度グッドデザイン賞を受賞。
  • 2017年(平成29年)4月 - 簡易株式交換により福田三商株式会社を完全子会社化[6]
  • 2018年(平成30年)7月 - 東京都中央区日本橋室町三丁目4-4に、旧JPビルを建て替えた「OVOL日本橋ビル」が竣工。(三井ガーデンホテル日本橋プレミア併設)

▪ 2019年(平成31年)3月 - 京都市下京区に、「OVOL京都駅前ビル」が竣工。 同年5月に、「リッチモンドホテル プレミア京都駅前」としてオープン予定。

主なグループ会社[編集]

製紙・紙加工部門[編集]

  • 株式会社エコペーパーJP
  • JPコアレックスホールディングス株式会社

卸売部門[編集]

  • JPホームサプライ株式会社

リサイクル事業部門[編集]

  • JP資源株式会社
  • 株式会社エコリソースJP

物流部門[編集]

  • JPロジネット株式会社(旧・ジェーピー共同物流株式会社)
  • JPトランスポートサービス株式会社(旧・中井紙輸送株式会社) ※JPロジネットの子会社
  • 株式会社札幌紙流通センター ※JPロジネットの子会社
  • 株式会社箱崎紙流通センター ※JPロジネットの子会社
  • 南港紙センター株式会社
  • 株式会社日昭
  • 株式会社西北紙流通デポ
  • 板橋共同作業株式会社
  • 株式会社板橋紙流通センター
  • 大阪紙共同倉庫株式会社

サービス部門[編集]

  • 株式会社JP情報センター

資源・環境事業部門[編集]

  • 株式会社エコポート九州
  • 株式会社エコパワーJP

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]