物産不動産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
物産不動産株式会社
Bussan Real Estate CO., LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋1-4-14
設立 1987年
業種 不動産業
法人番号 6010401026059
事業内容 ビル賃貸・管理事業、不動産の売買・仲介・斡旋等
代表者 代表取締役社長 田中浩司
資本金 55億円(2012年3月現在)
売上高 104億円(2012年3月期)
従業員数 157名(2012年3月現在)
決算期 3月
主要株主 三井物産株式会社 100%
主要子会社 物産プロパティマネジメント株式会社
外部リンク http://www.bfk.co.jp/
テンプレートを表示

物産不動産株式会社(ぶっさんふどうさん)は、三井物産グループの不動産会社。

沿革[編集]

  • 1920年大正9年)4月 合同肥料(株)として設立。
  • 1937年(昭和12年)7月 現在の東​京​都​港​区​西​新​橋​一丁目に日産館を建設。
  • 1938年(昭和13年)2月 日本産業(株)の満州移転とともに、(株)日産と社名変更。
  • 1950年(昭和25年)1月 財閥解体にともない合同ビルディング(株)に商号変更、日産館を厚生省より買い戻して、不動産賃貸業に業種変更。
  • 1952年(昭和27年)2月 日産ビルディング(株)に商号変更。
  • 1956年(昭和31年)4月 三井物産(株)が資本参加 90%の株式取得、日産館を物産館と名称変更し本社ビルとする。
  • 1963年(昭和38年)8月 三井物産(株)が全株式を取得し、同社の100%子会社となる。
  • 1963年(昭和38年)12月 物産ビルディング(株)に商号変更。
  • 1969年(昭和44年)10月 物産不動産(株)に商号変更。
  • 1974年(昭和49年)10月 物産館が三井物産爆破事件で爆破される。
  • 1976年(昭和51年)11月 本社を現在の物産ビルに移転。
  • 1976年(昭和51年)12月 三井物産(株)本社大手町移転に伴い、物産館を警視庁に仮庁舎として賃貸。
  • 1983年(昭和58年)6月 物産館を日比谷セントラルビルに建替え。
  • 1987年(昭和62年)6月 三井物産(株)に吸収合併。賃貸管理事業部門が、新生「物産不動産」として再スタート。
  • 1989年平成元年)9月 建物管理専門会社として、子会社(株)エイチ・ビー・エスを設立。
  • 2007年(平成19年)4月 サービスオフィス運営子会社オフィシア(株)をリゾートトラスト㈱との設立。
  • 2007年(平成19年)9月 ㈱エイチ・ビー・エスを物産不動産ビルサービス㈱に商号変更。
  • 2009年(平成21年)10月 フランス大使館の管理事業を受託。
  • 2010年(平成22年)8月 東京国際エアカーゴターミナルの管理を受託。
  • 2010年(平成22年)11月 セブンタウン小豆沢の商業施設管理事業を受託。
  • 2011年(平成23年)3月 実中研 再生医療・新薬開発センターの管理事業を受託。
  • 2011年(平成23年)10月 物産不動産ビルサービス(株)を物産プロパティマネジメント㈱へ商号変更。
  • 2012年(平成24年)3月 日比谷セントラルビル、物産ビル別館、汐留ビルディングの準共有持分10%を取得。
  • 2012年(平成24年)8月 グローバル人材開発センターの管理事業を受託。
  • 2015年(平成27年)10月 「三井物産都市開発株式会社」として新たに営業を開始。


外部リンク[編集]