アカマイ・テクノロジーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アカマイ・テクノロジーズ
Akamai Technologies, Inc.
Akamai logo.svg
種類 株式会社
市場情報 NASDAQ: AKAM
略称 アカマイ
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ケンブリッジ
ケンブリッジセンター 8
北緯42度21分51.5秒 西経71度5分20.5秒 / 北緯42.364306度 西経71.089028度 / 42.364306; -71.089028座標: 北緯42度21分51.5秒 西経71度5分20.5秒 / 北緯42.364306度 西経71.089028度 / 42.364306; -71.089028
設立 1998年
業種 情報・通信業
従業員数 6,600人[1]
外部リンク http://www.akamai.com/
テンプレートを表示

アカマイ・テクノロジーズ: Akamai Technologies, Inc., NASDAQ: AKAM)は、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)事業、クラウドセキュリティー事業を提供する、アメリカ合衆国の企業。数学理論(グラフ理論等)を取り入れたシステムを武器としている[2]

概要[編集]

アカマイ社は、MITの応用数学教授トム・レイトン英語版らが中心になって1998年に設立された。世界最大手のコンテンツデリバリネットワーク(CDN)事業者であり、世界130カ国以上に分散するサーバ群によって、地球規模の負荷分散サービスとクラウドセキュリティーサービスを事業者に提供している。会社名は「賢い」を意味するハワイ語に由来する[2]。本社はマサチューセッツ州ケンブリッジマサチューセッツ工科大学(MIT)の目の前に存在する。報告書「インターネットの現状」を四半期ごとに発表しており、各国の通信状況などについて統計を取っている[3]

世界随一とも言われる高速ネットワークを有しており、「誰も知らないインターネット上最大の会社」と呼ばれている[2]

技術[編集]

アカマイ社では、毎日10億件を超えるヒットに対して配信を実施しており、インターネット通信量の15〜30%を取り仕切っているとされている。要求の処理を行うサーバは世界130か国以上に設置されており、24万台以上となっている。各サーバ間は高速ネットワークで接続されている[4]

また、アカマイ社はいくつかの独自システムを有している。一例として、DNSサーバがユーザーのIPアドレスからユーザーの位置を推測し、ユーザーに近い位置にある配信サーバを割り当てるようにすることによって、コンテンツを高速に配信するダイナミック・サイト・デリバリーがある。

これらの技術によって、アカマイ社は国内外でコンテンツデリバリネットワーク(CDN)最大手企業としての地位を不動のものとしている。

顧客[編集]

アカマイ社は、世界中の様々な業界企業顧客として抱えている。例として、アメリカ国防総省Yahoo!LINEAppleIBMAmazon.comメジャーリーグベースボール (MLB)、日本国内では全日本空輸 (ANA)、読売新聞グループ日本放送協会 (NHK)、ユニクロが挙げられる。Wiiおよびプレイステーション3におけるコンテンツ配信のインフラとしても採用されている[5]

東日本大震災の際には、ニコニコ生放送の『NHK総合 (1ch)【東北地方太平洋沖地震・特別対応】』(2011年3月11日)や『フジテレビ (8ch)【東北地方太平洋沖地震・特別対応】(第二夜)』(2011年3月12日)の配信において、回線の強化を行った。

日本法人[編集]

日本法人のアカマイ・テクノロジーズ合同会社: Akamai Technologies GK)は東京都に所在する[6]日本オンラインゲーム協会に準会員として参加している[7]

障害[編集]

2004年6月、Yahoo!Googleなど、アカマイの顧客のサイトが分散型サービス妨害攻撃(DDoS攻撃)を受けて、サイトが繋がりにくくなるアクセス障害が起こった[8]

脚注[編集]

  1. ^ 2011 Form 10-K, Akamai Technologies, Inc.”. U.S. Securities and Exchange Commission. 2012年8月8日閲覧。
  2. ^ a b c 『知の逆転』NHK出版新書 2012年pp.199-255。
  3. ^ [1]
  4. ^ 世界最高クラスのデジタル体験 | Akamai JP”. web.archive.org (2020年8月21日). 2020年8月21日閲覧。
  5. ^ “【アカマイ】WiiとPS3のコンテンツ配信インフラとして採用される”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). (2006年12月20日). http://japan.cnet.com/news/tech/20339510/ 2012年5月16日閲覧。 
  6. ^ Akamai 日本法人について”. アカマイ・テクノロジーズ合同会社. 2016年10月19日閲覧。
  7. ^ 会員一覧”. 日本オンラインゲーム協会. 2016年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月19日閲覧。
  8. ^ “米Akamai,主要サイトの障害は「特定顧客を狙った高度なDoS攻撃が原因」と報告”. ITpro (日経BP社). (2004年6月17日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20040617/145974/ 2012年5月16日閲覧。 

関連文献[編集]

  • 小川 晃通『アカマイ - 知られざるインターネットの巨人』KADOKAWA、2014年。ISBN 4040800176

関連項目[編集]

外部リンク[編集]