この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

枕営業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

対象者と一夜を共にして仕事を取る

枕営業(まくらえいぎょう)とは、業務上で付き合いのある人間同士が、性的な関係を築くことによって、物事を有利に進めようとする営業方法のことである。

概要

」とは、本来は就寝に使用する代表的な寝具の1つにすぎないが、この言葉が「寝る」ことの換喩となっているため、次第に性行為売春などの意味合いで用いられるようになった。古くは、江戸時代における「枕芸者(まくらげいしゃ)」や「枕附(まくらつき)」、「枕金(まくらきん)」などの隠語、同衾(どうきん=性交の古語)を意味した「枕を交わす」や「枕を重ねる」といった言葉の用法などに見ることができる。[1][2][3]

隠語の「枕営業」は現代において、特に性的な魅力(セックスアピール)や擬似的な恋愛(感情労働)などを利用することで成り立つ業種、ホストクラブキャバクラなどの水商売風俗店芸能界マスメディアに関連する業種などで多く使用されている隠語である。ただし、世間的に広く知られている隠語であるため、一般の業種やインターネット上の会話などでも通用する隠語となっている。[4]

枕営業は、業務上の利害関係にある人間同士が性的な関係を築き、例えばセックスを交換条件にして物事(交渉や契約などの商行為)を有利に進めたり利益を得ようとする営業方法であるため、不道徳不正行為と見られやすく、それに係わった人間や組織(会社)などを主に揶揄したり侮蔑する目的で使用される場合が多い。つまり、性的な関係を構築する方法をそれなりの実力が必要な営業手法と見做さず、「実力によらない、ルール外の営業手法」と見做す文化が多く存在しているという事である。なお、交換条件としてのセックスについては、双方の合意による和姦の場合もあれば、片方からの強制(強要)や職権の乱用(セクシャルハラスメントパワーハラスメント)による強姦の場合もある。[5][6][7][4]

ただし、和姦と強姦の境界線を厳密に定義したり立証することは困難であるため、マスメディアなどで報道される際は根拠のない噂話都市伝説誹謗中傷風評被害といった名誉毀損の可能性を含む悪質なゴシップとなることも多い。また、和姦の場合は、結果的に愛人(めかけ)といった恋愛感情が含まれる関係に発展する場合がある。一方で、金銭の授受や利益誘導などが立証された場合は、裁判などで明らかな売春行為として看做される場合もある。[8]

性的な関係に至らなくても、同じ業務をするなら好意を抱く人間を選ぼうとするのは心理現象(脳の影響)であり、好意の結果の業務便宜なのか業務の派生としての好意なのか区別がつきにくいため、また、本当の恋愛関係に発展する事もあるため[9]、強要・淫行・売春等犯罪行為が伴わない限りは規制は不可能に近い。

類義語

枕営業の類義語には、「肉体を使った接待」を略した「肉体接待(にくたいせったい)」や「肉接(にくせつ)」、「裏接待(うらせったい)」などの隠語がある。また、「裏営業(うらえいぎょう)」や「夜の営業(よるのえいぎょう)」などといった隠語もある[10][11]。俳優への対価の場合、キャスティング・カウチ(Casting couch)とも言う。

該当事例

枕営業として該当する事例を挙げる。ちなみに、枕営業を持ちかけたり求めたりする人間は男性の場合もあれば女性の場合もあり、それらの相手を紹介したり唆したりする第三者が介在するような場合もあるので、該当者の性別年齢役職などの立場は一様ではない。[5][7][4] また、不道徳であることや、賄賂ハニートラップなどの教唆(共犯)となる可能性を避けるため、該当者となる人間自身は枕営業という隠語を直接は口に出さず、交換条件がセックスであることや、それによって得られる利益や本来の目的などは具体的な言葉として明言しない場合もある。[6][12]

ホストと女性客、ホステスと男性客
性交渉することを交換条件に、客に対してホストやホステスが優先的に指名を得ようとするような場合。
プロデューサーとタレント
タレントに対してセックスを交換条件に、プロデューサーが出演契約や配役を交渉するような場合。あるいは、テレビ局や広告代理店の関係者が性交渉を条件に、芸能事務所や所属タレントを懐柔しようとする(意のままに従わせる)ような場合。キャスティング・カウチ。
顧客と販売員
顧客と性交渉することで、販売員が販売契約の成立を獲得するような場合。
上司と部下
上司とセックスすることで、部下が役職や配属先といった人事を取引するような場合。
店長と店員
店長とセックスすることで、店員が給与査定の増額を取引するような場合。
その他
ある会社の社員が、取引先の会社の社員を接待する際に風俗店を利用したり、懇意の異性との関係をお膳立てすることで、契約更新を取引するような場合。あるいは、枕営業によって相手を懐柔し、ライバルとなる人間や組織の情報を不当に得ようとするような場合。

報道事例

以下、マスメディアにおいて実際に「枕営業」という隠語を使用して報道された事例や、海外で枕営業に相当する報道の事例を挙げる。なお、大概の報道において事実を確認することは困難であり、特に「内部関係者」などという匿名者が情報源であった場合は事実の確認がほぼ不可能といってもよい。

従って、枕営業という隠語を使用した報道があった場合、かえって噂話や風評被害の拡大原因になってしまうことも多く、また、情報源となった人間の売名行為と看做されるような場合もあるので、報道合戦が過熱した場合やインターネット上で拡散していく伝聞などについては充分な注意が必要である(「メディアリテラシー」を参照)。

日本

日本の芸能界では古くから枕営業など性接待が行われている。かつては興行を取り仕切る暴力団と関係の深い芸能会社によって、興行などを巡る枕営業・性接待が常態化していた[13]。1970 - 1980年代には、俳優のスケジュールを押さえるため映画会社やプロデューサーが女性を用意して枕営業で接待することが横行しており、当時の芸能界を振り返って歌手の泉谷しげるは「接待を断ると「お前はホモか」などと言われてしまう」「習慣だから。長年そうだったから。俺のちょっと先輩達はそういう習慣できちゃってる」と明かしている[14]

近年の事例は以下の通り。

  • 2007年4月、芸能事務所「アーツビジョン」代表取締役の松田咲實が、オーディション面接者の少女(当時16歳)に対して、合格を交換条件に猥褻行為を強要したとして逮捕された。これにより声優業界における枕営業問題が取り沙汰され、大塚明夫小野坂昌也などの男性声優陣がインターネットラジオの番組などで苦言やコメントを述べた[15][16]
  • 2008年11月、芸能事務所「リップ」から解雇通告を受けた女性タレントの小向美奈子が、芸能界で枕営業が常態化していたとして告白記事が週刊誌『週刊ポスト』に掲載され、後追いの報道やインターネットで取り沙汰された[17][18][19]
  • 2009年8月、グラビアアイドル立花麗美が、旧芸名の橘麗美時代に所属していた芸能事務所から猥褻行為を強要されていたとして告白記事が写真週刊誌フライデー』に掲載され、枕営業として取り沙汰された[20]
  • 2010年6月、寺田千代乃アートコーポレーション社長の夫で当時同社の会長であった寺田寿男が芸能プロダクション社長から紹介された16歳の女子生徒に対し、芸能界入りと引き替えにわいせつな行為に及んだとして警視庁が東京都青少年健全育成条例違反(淫行)の容疑で書類送検された。[21][22]
  • 2010年8月、芸能事務所「アヴィラ」との契約解除について法廷で争っていた女性タレントの眞鍋かをりが、準備書面において事務所側や男性オーナーによる猥褻行為の強要があった旨を暴露している、などとしてスポーツ新聞東京スポーツ』に掲載され、枕営業として取り沙汰された[23]
  • 2014年12月、男性ファッション誌の編集長がモデルとして活動する女性に枕営業を強要し、「東京ガールズコレクション」(TGC)への出演をエサに、ホテルに連れ込んでいたことを「ファッション業界を舞台にした枕営業の実態が明らかになった」と、写真週刊誌『フライデー』が報じ、話題となった。女性モデルが、雑誌関係者やイベント関係者らからTGC出演と引き換えに編集長と肉体関係を無理やりもたされた、とフライデー誌上で告発しており、「聞いてるよね?このまま帰るとTGCには出さないよ」と脅され従うしかなく、複数回関係をもたされたという[24]

韓国

韓国では、枕営業に相当する言葉に「性上納[25]」がある。2009年3月、韓国版「花より男子」などへの出演で有名な韓国人女優チャン・ジャヨンが自殺した(チャン・ジャヨン自殺事件)。その自殺直前に、彼女がマネージャーに手渡していた手紙(チャン・ジャヨン文書)があったとされ、その中には性上納を強要した人物リストがあったとされる。これらの事件をきっかけに、韓国の国会議員による事件関与の暴露や元マネージャーが自殺未遂で逮捕されるなど、警察の捜査状況と共に日本でも話題となった。[26][27][28]また、2009年の「チャン・ジャヨン自殺事件」をきっかけとして、韓国放送映画公演芸術家労働組合が実施した人権侵害実態調査にて「調査対象の19.1%が、自分あるいは仲間が性上納を強要されたことがある」との報道があった。[26][27][29][28][30][31]2010年に韓国の国家人権委員会の「女性芸能人人権状況の実態調査(対象者:351人)」は、女性タレントの6割が「肉体的接待」求められた経験があると報告し、芸能プロダクションの資格を厳格化することや人権教育を行うことを提言している[32]。また、2011年には韓国で開催されたミスコンテストに参加した英国人少女が韓国人主催者から性上納を求められたことを告発し、国際問題となった[33]。2014年にも「ミスアジアパシフィックワールドコンテスト」で優勝した16歳のミャンマー人女性が、韓国の主催者から豊胸手術と性上納を求められ、拒否したことを告発した[34]

また「性接待[35]」ともいい、2004年春川地方法院判事性接待事件朝鮮語版2010年検事性接待事件朝鮮語版2013年大韓民国高位層性接待事件朝鮮語版などが起こっている。

判決事例

以下、マスメディアにおいて実際に報道された国内の判決事例を挙げる。なお、枕営業の立証は非常に困難であるものの、金銭の授受や利益誘導による賄賂罪恐喝罪に該当した場合、または売春防止法児童福祉法に抵触するような不正行為が認められた場合には逮捕有罪の判決理由となることが多い。

  • 2005年12月、東京の芸能事務所社長が、所属する女性タレントに「CDを出すには金が必要なので稼げ」と命じ、スポンサーやプロダクション社長と自称する男性達に売春を強要したとされた。東京地方裁判所の裁判長は「社長らは芸能界では当たり前としているが、一般社会では通用しない感覚で売春を強要しており、不法行為に当たる」として、約320万円の賠償支払を命じている[8]
  • 2010年4月、東京の芸能事務所社長が、イベントで知り合った未成年女性に「スターになりたいなら夢に向かう階段がある」などと勧誘し、猥褻な行為をしたとされた。この未成年女性が給料不払などで神奈川県警察に相談して発覚、社長は児童福祉法違反で逮捕され、事実を認めたことで有罪となっている[36]
  • 2014年4月、東京都中央区銀座クラブママが、妻の居る会社社長の男性に「枕営業」として、7年間繰り返し性交渉したとして、男性の妻が不倫で精神的苦痛を受けたとして、クラブママの女性に対して慰謝料400万円を請求した民事訴訟で、東京地方裁判所の始関正光裁判長は「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」と判断し、妻の賠償請求を退ける判決を出していた事が、2015年平成27年)5月28日朝日新聞の報道で判明した。判決では、枕営業は「優良顧客を確保するために要求に応じて性交渉をする営業活動」とし「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実だ」と指摘し「客が店に通って代金を支払う中から、間接的に枕営業の対価が支払われている」として、枕営業と売春との違いは「対価の支払いが、直接か間接かの違いに過ぎない」と、売春婦が対価を得て妻のある客と性交渉しても、客の求めに商売として応じたにすぎないと指摘。「何ら結婚生活の平和を害するものでなく、妻が不快に感じても不法行為にはならない」とした。妻は東京高等裁判所に控訴せず、地裁判決がそのまま確定判決となった[37]

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ 辞書「精選版 日本国語大辞典」(発行2006年・出版:小学館)、第三巻にて「枕芸者」や「枕金」の項目より。小説「腕くらべ」(発行:1918年・著者:永井荷風)の文中より「あんな枕芸者(まくらげいしゃ)を置いちゃ家の名にかかわる」や、古書「安愚楽鍋」(発行:1871年・著者:仮名垣魯文)の文中より「あはよくば塾奴の尻尾を持上て枕金(まくらきん)の小釣をとるか」などの使用例。枕芸者とは売春をする芸者、枕金とは売春の代金を意味する。なお、枕金は「まくらがね」とも読んだ。
  2. ^ 辞書「東京弁辞典」(発行:2004年・出版:東京堂出版)、「枕附」の項目より。落語「真景累ヶ淵」(三遊亭圓朝)の台詞より「水街道(茨城県の水海道と同義)あたりでは皆枕附(まくらつき)といいまして、働き女(飯盛女)がお客に身を任せるが多く有ります」などの使用例。なお、現代のエロ本に相当する春画は、枕絵(まくらえ)とも呼ばれた。
  3. ^ 辞書「精選版 日本語大辞典」(発行2006年・出版:小学館)、第三巻にて「枕を交わす」や「枕を重ねる」の項目より。和歌集「後拾遺和歌集」(発行:推定11世紀頃・著者:中古三十六歌仙の一人である藤原義孝)の和歌より「つらからば人に語らんしきたへの枕かはして(枕を交わして)一夜ねてきと」や、古書「好色一代男」(発行:1682年・著者:井原西鶴)の文中より「昼夜共に其薬を呑ては飽ず枕をかさね(枕を重ね)侍る」などの使用例。
  4. ^ a b c 東スポWEB「生保レディーに聞いた『枕営業は本当にあるんですか?』」 (発行:2010年5月5日・新聞:東京スポーツ新聞)より。一般の職種である生命保険の女性販売員(生保レディー)へのインタビューにて、枕営業の意味がそのまま通じている。
  5. ^ a b 書籍「ホスト裏物語」(発行:2007年・著者:高崎ケン)より、「ドンペリの値段、バックレ、給料、枕営業、警察の手入れ、ホスト寮…きらびやかに見えるホストの実態とは?」など。
  6. ^ a b 雑誌「実話ナックルズ 2010年2月号」(発行:2009年・出版:ミリオン出版)、記事「AKB48の危険な接待」および「AKB48 国民的アイドルの夜の顔 紅白出場の陰で囁かれる『過剰すぎる接待』疑惑」より。記事には「人気者に対して異常に厳しいのがこの芸能界。悲しいことに、そんなありあえない噂が現在、まことしやかに囁かれている」や「事務所の偉い人が『どのメンバーがお好みですか』なんて訊いてくるんですよ。もしよかったらそのまま持ち帰ってくださいよ的なノリで。(中略)事務所は『クビが嫌なら接待要員になれ』なんていう条件を突きつけたとかいないとか」などとある。
  7. ^ a b 書籍「裏社会の住人が見た芸能人の秘密」(発行:2010年・出版:コアマガジン)より、「アキバグループ事務所派閥抗争とモデルメンバーS枕営業の闇」など。
  8. ^ a b スポニチ「アイドルに売春強要芸能プロに賠償命令」(発行:2005年12月21日・出版:スポニチ)。
  9. ^ 三谷幸喜ぞっこん!?離婚の影にバツイチ美人舞台女優
  10. ^ アダルトビデオ「素人猥写 十八人目 肉体接待が得意なドエログラビア娘」(発売:2010年・メーカー:プレステージ)、同「新人OL裏接待 セックス調教」(発売:2008年・メーカー:マルクス兄弟)、同「不況を勝ち抜け!セールスレディの『裏営業』話し」(発売:2011年・メーカー:Fプロジェクト)など。なお、「不況を勝ち抜け!セールスレディの『裏営業』話し」のキャプションには「女とは強かな(したたかな)生き物、引くに引けない枕営業」ともある。
  11. ^ 書籍「枕女優」(発行:2008年・著者:新道冬樹)より、「一人の少女が手にした夢の芸能界への切符。しかし、そこには想像を絶する現実が待ち受けていた。整形、枕営業、裏切り、イジメ」や「プロデューサー、脚本家、企業の重役との『夜の営業』」などとある。
  12. ^ アダルトビデオ「枕営業を強要された熟女歌手の淫行記録」(発売:2010年・メーカー:映天)、題名には「音楽業界の関係者はイベントやTV、ラジオ番組の出演を匂わせ、交換条件としてステージ裏で生ハメを強要していた」とある。「匂わせ(匂わせる)」とは「仄めかす(ほのめかす)」という意味。
  13. ^ 高倉健・菅原文太と暴力団 週刊ポスト2015年1月30日号
  14. ^ 泉谷しげるかつての映画業界では枕営業が横行していたことを告白”. ライブドアニュース (2014年12月15日). 2015年2月4日閲覧。
  15. ^ 日刊サイゾー「声優業界のパワハラ事情」 (発行:2007年08月14日・出版:サイゾー)より。記事中には「『人気のある女性声優は、枕営業で役を手に入れている』などの噂話がネット上で過熱」や「ベテラン声優の大塚明夫と黒田崇矢が自身のネットラジオ番組Knock Out VOICE!!で、枕営業の事実をほのめかす発言」などとある。
  16. ^ ネットラジオ「Knock Out VOICE!!」(放送:2007年6月8日・放送局:ウォーターオリオン)より。
  17. ^ 週刊ポスト 2008年11月28日号「スクープ!ニッポンの事件簿」(発行:2008年・出版:小学館)より。タイトル「突然の解雇から1か月半、グラビアクイーン・小向美奈子が衝撃告白!私が見た『副業は売春』という悪夢、監禁・金慢紳士・整形強要・薄給と格差・闇組織、タブーをすべて語り尽くした」の記事にて「売春を副業にしちゃうグラドル、何人も見てきた。なんかもう、当たり前な感じだった」などとある。
  18. ^ 週刊ポスト2008年11月28日号 (発行:2008年・出版:小学館)より。
  19. ^ リアルライブ「小向美奈子がぶちまけた芸能界のタブー」 (発行:2008年・出版:内外タイムス)より。
  20. ^ フライデー 2009年9月4日号「私が強要されたグラドル『肉欲接待』」(発行:2009年・出版:講談社)より。記事には「本当にイヤだったのは、仕事のために『TV局や大手広告代理店のエラい人と寝てこい!』などと度々、接待を強要されたことです。(中略)まず社長を含めた3人で食事をします。(中略)別の日に社長が『先方が会いたがっている。何を求められるか分かってるよな? 誘われたら断るなよ!』と言ってきて(中略)、私はどうしてもそれだけはできなくて相手に謝り、その場から何度も帰ってきてしまいました」などとある。
  21. ^ 淫行で引っ越しの「アート」会長を書類送検 元芸能プロ代表も逮捕 産経新聞 2010年6月21日 インターネットアーカイブ
  22. ^ アート引越センター会長が辞任 わいせつ行為で引責 共同通信 2010年6月04日
  23. ^ 東スポWEB「眞鍋かをり暴露『社内SEX営業』」 (発行:2010年8月4日・新聞:東京スポーツ新聞)より。記事中には「双方が裁判所に提出した準備書面には同社の事実上のオーナーと所属タレントの社内枕営業や中絶強要など、芸能界のタブーがふんだんに盛り込まれていることが本紙の調べで判明」などとある。同記事は紙面においても「枕営業」という言葉を使用して報道している。
  24. ^ 「ちょいワルオヤジ」元LEON編集長の枕営業強要を美人モデルが告発(FRIDAY)”. Yahoo!ニュース (2014年12月5日). 2015年2月4日閲覧。
  25. ^ : 성상납
  26. ^ a b 産経ニュース2009年4月5日「【週刊韓から】性上納って?韓国芸能界の暗部」 (発行:2009年・新聞:産経新聞)より。
  27. ^ a b 韓国情報発信基地!innolife.com「韓国放送映画公演芸術家労働組合、タレント2000人対象に人権侵害実態調査着手」 (発行:2010年・発信:ユーキャンバイザワールド株式会社)より。
  28. ^ a b 한겨레21(제768호)「연기자 5명 중 1명 “나 또는 동료가 성상납 강요받았다”(演技者5人中1人“私または同僚が性上納強要された”)」(2009年・ハンギョレ)より。韓国の雑誌「ハンギョレ21 2009年7月13日 第768号より、韓国放送映画公演芸術家労働組合政策委員議長ムン・ジェガプの談話や同委員長キム・ウンソクのインタビューなど。記事には、人権侵害実態調査の結果をもとにキム・ウンソクの談話として「優越的な地位を利用して弱者に何かを強要するようなことがあってはならない。加害者たちも家族がいるはず、自分の娘や妹がそんな目に遭ったらと立場を変えて考えてほしい。(中略)チャン・ジャヨン事件の捜査によって加害者に警鐘を鳴らしたい」などとある。なお、ブログ「薫のハムニダ日記<演技者5人中1人が『自分あるいは仲間が性上納を強要された』>」にて同記事の日本語完訳を見ることができる。
  29. ^ 韓国情報発信基地!innolife.com「女優の半分以上、性接待の提案受ける」 (発行:2010年・発信:ユーキャンバイザワールド株式会社)より。
  30. ^ 中央日報「キーワードで見た09年・韓国10大事件」 (発行:2009年・新聞:中央日報)より。2009年の韓国を振り返る大事件の5番目として「チャン・ジャヨン、著名人の接待リスト広がる」の記事。
  31. ^ 中央日報「【社説】スターになりたいなら肉体を上納しろという芸能界」 (発行:2010年・新聞:中央日報)より。
  32. ^ 東亜日報 2010年4月28日 『女性タレントの6割が「肉体的接待」求められた経験』
  33. ^ 中央日報【社説】国に恥をかかせたセクハラ美人コンテスト 2011年10月22日10時47分 [1]
  34. ^ はNEW YORK DAILY MAIL電子版 [2]
  35. ^ : 성접대
  36. ^ デイリースポーツ「芸能事務所エロ社長わいせつオーディション」(発行:2010年4月24日・出版:デイリースポーツ)。
  37. ^ “銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償請求を棄却”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年5月28日). http://www.asahi.com/articles/ASH5W4T8BH5WUTIL013.html 2015年7月10日閲覧。 

関連項目