寺田千代乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺田 千代乃(てらだ ちよの、1947年(昭和22年)1月8日 - )は、実業家アートコーポレーション(アート引越センター)の創業者であり、「引越サービス業」の生みの親あるいは育ての親と呼ばれることもある。

人物[編集]

顧客負担の軽減をビジネスにつなげるアイディアで、引越業界にさまざまなサービスを導入してきた。 その例は、荷造り・荷解きの代行、手続きをまとめて行える「ワンストップサービス」、企業向け転勤支援システム「ARTist2」など。電話番号をおぼえやすい「0123」にする、PRキャラクターに「ドラえもん」を採用するなどにより認知を広げてきた。

また女性経済人として、2002年-2004年は関西経済同友会代表幹事を務め、2005年5月には、関西経済連合会副会長に就任した。平城遷都1300年記念事業協会顧問。

競走馬馬主冠名はディア)としても知られ、2007年のマーメイドステークスで所有馬のディアチャンスが重賞初制覇をもたらした。

略歴[編集]

  • 1947年神戸市に生まれる。
  • 1962年、大阪市立今宮中学校卒業。
  • 1968年大阪府で夫の寺田寿男と共に寺田運輸株式会社を設立(区域貨物運送事業)。
  • 1976年、アート引越センターを寺田運輸社内で創業(引越事業)。
  • 1977年、アート引越センター株式会社を設立、社長となる。
  • 1990年、アート引越センターをアートコーポレーション株式会社に社名変更。
  • 2002年 - 2004年関西経済同友会代表幹事(女性としては初めて)。
  • 2004年10月、東証2部、大証2部にアートコーポレーションの株式を上場。
  • 2005年5月、関西経済連合会の副会長に就任(女性としては初めて)。内閣府イノベーション25戦略会議メンバーに就任。
  • 2007年8月、日本ユニセフ協会大阪支部理事に就任。日本ユニセフ協会では児童ポルノ撲滅に力を入れている。
  • 2017年5月 日本高校野球連盟 初の女性理事に就任。

主な所有馬[編集]

関連図書[編集]

  • 『寺田千代乃と401人の戦士たち―アート引越センター超高速成長の秘密』藤本健二(著) サンケイ出版 ISBN 4383023045 (1984/01) (絶版)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

寺田千代乃に相当する役を演じた女優[編集]

外部リンク[編集]


先代:
浅田和男
関西経済同友会代表幹事
2002年度 - 2003年度
次代:
奥田務