FRIDAY (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フライデー (雑誌)から転送されました)
ナビゲーションに移動 検索に移動
FRIDAY
ジャンル 写真週刊誌
刊行頻度 週刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 講談社
刊行期間 1984年11月9日 - 現在
ウェブサイト FRIDAY 公式サイト (日本語)
テンプレートを表示

FRIDAY』(フライデー)は、講談社が発行している、1984年昭和59年)11月9日創刊の写真週刊誌である[1]原則として毎週金曜日に発売される[1]。誌名は金曜日に由来[2]

概要[編集]

写真週刊誌として知名度が高く、有名人がFRIDAYにより何らかの事実スクープされることを指して、「フライデーされる」と呼称されることもある[3][4]

一方、取材手法や記事内容については、プライバシー人権法律を軽視していると指摘されることもある。

2003年平成15年)には創刊1000号を突破した。ゴールデンウィークお盆年末年始に合併号を発行する。また、年に数回、増刊号として「フライデーダイナマイト」を発行している。主な違いとしてグラビアの量や過去に掲載した記事の総集編、様々なジャンルの特集記事を行うことが多いという点がある。販売店の自主規制によって「ダイナマイト」は成年向け雑誌として扱われる場合もある。

過去には、関連する刑事事件としてビートたけしらによるフライデー襲撃事件が発生している。

一部人物(特にグラビアを掲載する女性)において、独特の表記をする例がある(『週刊現代』も同様)。

ライバル誌[編集]

同じジャンルの写真週刊誌『FOCUS』(新潮社)、『FLASH』(発行元のグループ企業の光文社が発行)と共に「3Fスリーエフ)」と呼ばれていた[5]が、『FOCUS』が2001年(平成13年)に休刊して以降は、写真週刊誌では発行部数(40万9,082部 日本雑誌協会)で一位である。最盛期には毎号200万部を売り上げており、2015年(平成27年)度は年間26万部の売上であった[6]

FRIDAY創刊以降の1980年代半ばは写真週刊誌ブームで、『Emma』(文藝春秋)、『TOUCH』(小学館)など他の大手出版社もこぞって写真週刊誌を発行し「3FET」の時代となったが、『Emma』・『TOUCH』の2誌は競争に勝てず、いずれも1990年代を迎えることなく短期間で休刊した。

増刊号[編集]

増刊号として『FRIDAYスペシャル』(2014年(平成26年)以降は発行なし)や『FRIDAYダイナマイト』が不定期に発売されている。

歴代編集長[編集]

出典:『講談社の100年』(同社社史)

氏名 在任期間 備考
伊藤寿男 1984年(昭和59年)7月 - 1985年(昭和60年)6月 元・「週刊現代編集長。後にテーミス社を設立して学習研究社週刊テーミスを発行。[7]
寺島昭彦 1985年昭和60年)6月 - 1987年(昭和62年)4月 編集長退任後は「週刊現代」編集長に着任。
須川真 1987年(昭和62年)4月 - 1988年(昭和63年)4月
森岩弘 1988年(昭和63年)4月 - 1991年平成3年)3月 編集長退任後は「週刊現代」編集長に着任。
元木昌彦 1991年(平成3年)3月 - 1993年(平成5年)3月 編集長退任後は「週刊現代」編集長に着任。
鈴木哲 1993年(平成5年)3月 - 1996年(平成8年)7月 編集長退任後は他部署へ異動後、「週刊現代」編集長に着任。
谷雅志 1996年(平成8年)7月 - 1998年(平成10年)3月
加藤晴之 1998年(平成10年)3月 - 2000年(平成12年)7月 編集長退任後は学芸図書出版部担当部長、「週刊現代」編集長を歴任。
鈴木智之 2000年(平成12年)7月 - 2002年(平成14年)6月
出樋一親 2002年(平成14年)6月 - 2004年(平成16年)7月
中本顕二 2004年(平成16年)7月 - 2006年(平成18年)3月
出樋一親 2006年(平成18年)3月 - 2008年(平成20年)4月 2度目の編集長就任。「週刊現代」編集部(編集長)から異動。
仙波久幸 2008年(平成20年)4月 - 2009年(平成21年)6月
秋吉敦司 2009年(平成21年)6月 - 2012年(平成24年)6月

スクープ・批判を受けた報道[編集]

疑惑[編集]

反社会的勢力との関係[編集]

俳優成宮寛貴が2016年(平成28年)12月に違法薬物を使用した疑惑などが報じられたこと(本人は薬物使用を否定。)が原因で芸能界引退した際、この件をリークしたとされる成宮寛貴の友人Aを名乗る男(らの一部)が詐欺容疑で愛媛県警逮捕されている[34]。また、上述のお笑い芸人による闇営業問題やそれに関連する宮迫博之のギャラ飲み報道では事件で逮捕された反社会勢力の関係者からのリークであると言われており、これに対して一部メディアからは反社会的勢力とのつながりを疑う声も上がっている[35][36]

発行部数[編集]

発行部数(2008年(平成20年)4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1 〜 3月 4 〜 6月 7 〜 9月 10 〜 12月
2008年(平成20年) 380,000 部 375,834 部 364,616 部
2009年(平成21年) 345,000 部 335,417 部 340,000 部 330,231 部
2010年(平成22年) 316,667 部 315,734 部 324,892 部 305,546 部
2011年(平成23年) 303,625 部 306,000 部 308,131 部 311,250 部
2012年(平成24年) 296,539 部 296,100 部 311,850 部 305,910 部
2013年(平成25年) 293,334 部 275,917 部 269,167 部 269,167 部
2014年(平成26年) 273,637 部 275,834 部 277,500 部 278,462 部
2015年(平成27年) 260,000 部 263,334 部 260,910 部 253,847 部
2016年(平成28年) 254,167 部 256,364 部 257,500 部 254,167 部
2017年(平成29年) 254,167 部 254,167 部 250,833 部 242,500 部
2018年(平成30年) 230,833 部 223,333 部 217,917 部 201,667 部
2019年(平成31年・令和元年) 200,000 部 200,000 部 195,000 部 190,769 部
2020年(令和2年) 186,818 部 179,250 部 186,364 部 185,000 部
2021年(令和3年) 172,727 部

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 総合誌(書籍紹介)”. 講談社. 2018年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月19日閲覧。
  2. ^ FRIDAY(フライデー) 1 ~ 1035号 – - 文生書院
  3. ^ 「フライデーされる」の意味や使い方 Weblio辞書”. 2017年1月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月29日閲覧。
  4. ^ “フライデー襲撃事件からちょうど30年! 成宮寛貴をスクープした『FRIDAY』”. エキサイトニュース (エキサイト). (2016年12月10日). http://www.excite.co.jp/News/90s/20161210/E1481294581187.html 2017年1月13日閲覧。 
  5. ^ 創刊60周年、週刊女性古参記者が語る「田原俊彦と中山美穂の幻のデート取材」ほか”. 週刊女性PRIME (2017年1月12日). 2017年1月13日閲覧。
  6. ^ フライデー創刊編集長で襲撃事件の当事者・伊藤寿男さんに聞く「怒られても前向きでいる方法」”. パソナキャリア. はたラボ ~働くコト研究所~ (2016年5月13日). 2017年1月13日閲覧。
  7. ^ 編集者ほど面白い仕事はない/伊藤 寿男【著】- 紀伊國屋書店ウェブストア”. 紀伊國屋書店. 2017年1月13日閲覧。
  8. ^ 三島事件にて自決した際、介錯された。
  9. ^ 「サミットで首脳夫人にも嫌われた森喜朗首相の英会話」『週刊文春』第42巻第29号、文芸春秋、2000年8月3日、 27 - 28頁。“国立国会図書館サーチより(詳細情報)
  10. ^ 中村真理子「森首相、クリントン大統領に「フー・アー・ユー」失言の真偽」『週刊朝日』2000年(平成12年)8月11日
  11. ^ “ブッシュ再選と今後の日米関係”. 琉球新報. (2004年12月8日). http://ryukyushimpo.jp/modules/icontent/inPages/imagesLibrary/forum/pdf/200501ryukyu_forum.pdf 2013年10月18日閲覧。  この第141回琉球フォーラム講演会にて高畑は創作である旨を認めた。
  12. ^ 「マスコミとの387日戦争」『新潮452001年(平成13年)6月
  13. ^ “島田紳助さんが勝訴 フライデー記事で賠償命令”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年9月26日). https://web.archive.org/web/20120929000553/http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012092601002642.html 2017年10月12日閲覧。  現在インターネットアーカイブ内に残存
  14. ^ “バナナマン日村とあの元NHK美人アナ仰天の半同棲中!!”. フライデー (講談社). (2015年4月17日). http://elb.friday.kodansha.ne.jp/archives/46204 2016年8月29日閲覧。 
  15. ^ “バナナマン日村 8歳下・神田愛花アナと熱愛、ともに認める”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2015年4月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/17/kiji/K20150417010185180.html 2016年8月29日閲覧。 
  16. ^ “バナナマン・日村 神田愛花と結婚 交際約3年 45歳の春”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年4月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/07/kiji/20180407s00041000076000c.html 2018年4月7日閲覧。 
  17. ^ a b フライデー2019年6月21日号、26-29頁
  18. ^ “カラテカ入江 吉本解雇…振り込め詐欺集団の忘年会仲介 コンビの今後は未定”. デイリー. (2019年6月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/06/07/0012403770.shtml 2019年6月7日閲覧。 
  19. ^ 第26回「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」受賞作決定のお知らせ
  20. ^ “宮迫博之、田村亮、レイザーラモン HG、福島善成、くまだまさし、パンチ浜崎、木村卓寛、ムーディ勝山、2700、ディエゴに関するご報告とお詫び” (プレスリリース), 吉本興業, (2019年6月24日), https://www.yoshimoto.co.jp/corp/news/media/media190624.html 2019年6月24日閲覧。 
  21. ^ “ザブングルの謹慎処分をワタナベエンターテインメントが発表”. お笑いナタリー. (2019年6月24日). https://natalie.mu/owarai/news/336957 2019年6月25日閲覧。 
  22. ^ フライデー2019年7月12日号、26 - 29頁
  23. ^ “「2700」も無期限謹慎処分 スリムクラブと同じ暴力団関係者の会合に出席 吉本興業が正式発表”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年6月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/27/kiji/20190627s00041000273000c.html 2019年7月1日閲覧。 
  24. ^ フライデー2019年8月2日号、26 - 29頁
  25. ^ “吉本興業が宮迫さんとの契約解消、写真週刊誌が新たな記事”. 共同通信社 (共同通信). (2019年7月19日). https://this.kiji.is/524749474851947617?c=39546741839462401 2019年7月19日閲覧。 
  26. ^ “宮迫博之(雨上がり決死隊)、マネジメント契約解消のご報告” (プレスリリース), 吉本興業, (2019年7月19日), https://www.yoshimoto.co.jp/ 2019年7月19日閲覧。 
  27. ^ “ロッテの主力・清田育宏 不倫相手との「札幌同伴遠征」”. フライデー (フライデー). (2021年1月7日). https://friday.kodansha.co.jp/article/156173 2021年1月7日閲覧。 
  28. ^ “ロッテ清田選手が虚偽説明 遠征先で部外者と会食”. 共同通信社 (共同通信). (2021年1月7日). https://this.kiji.is/719883759197356032?c=39546741839462401 2021年1月7日閲覧。 
  29. ^ “球団処分について” (プレスリリース), 千葉ロッテマリーンズ公式サイト, (2021年1月15日), https://www.marines.co.jp/news/detail/00006172.html 2021年1月15日閲覧。 
  30. ^ フライデー2021年3月19日号、18 - 22頁
  31. ^ “不倫疑惑報じられた静岡新聞&静岡放送社長辞任へ” (プレスリリース), 日刊スポーツ, (2021年3月5日), https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103050000805.html 2021年3月5日閲覧。 
  32. ^ “懲りない男…ロッテ・清田育宏が復帰早々の「不倫デート」!”. フライデー (フライデー). (2021年5月21日). https://friday.kodansha.co.jp/article/182155 2021年5月21日閲覧。 
  33. ^ “清田選手 契約解除について” (プレスリリース), 千葉ロッテマリーンズ公式サイト, (2021年5月23日), https://www.marines.co.jp/news/detail/00006645.html 2021年5月23日閲覧。 
  34. ^ “孫装い電話、300万円詐欺容疑で三重のブラジル国籍の男逮捕 愛媛県警”. 産経新聞社 (産経WEST). (2018年1月29日). https://www.sankei.com/west/news/180129/wst1801290081-n1.html 2019年10月2日閲覧。 
  35. ^ “吉本芸人らの解雇・謹慎に箕輪厚介氏「メディアが反社会勢力から写真を買ったのだとすれば気持ち悪い」”. Abema TIMES. (2019年6月24日). https://times.abema.tv/posts/7007934 2019年10月2日閲覧。 
  36. ^ ““闇営業”報道のフライデーは情報提供者から宮迫の写真を買ったのか? 講談社の回答は…”. AERA dot.. (2019年7月3日). https://dot.asahi.com/dot/2019070300098.html 2019年10月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]