フライデー (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フライデー
FRIDAY
ジャンル 写真週刊誌
刊行頻度 週刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 講談社
刊行期間 1984年11月9日 - 現在
ウェブサイト friday.kodansha.ne.jp

フライデー』(FRIDAY)は、講談社が発行[1]している、1984年昭和59年)11月9日創刊の毎週金曜日発売[1](原則)の写真週刊誌である。

誌名は、原則毎週金曜日に発行することを由来にしている。なお、株式会社週刊金曜日が発行している雑誌、『週刊金曜日』とは全く関係はない。

概要[編集]

写真週刊誌として知名度が高く、有名人が私生活を盗撮されて週刊誌に載せられてしまうことが「フライデーされる」と呼称される[2]こともある。かなりの頻度でスクープを連発して他のメディアの追従取材を引き起こすなど、芸能ニュースの発信源としての座を確保している。その一方で、プライバシー人権法律を軽視した過激取材や記事内容による問題も多く、過去にはビートたけしらによるフライデー襲撃事件などが発生している。

2003年平成15年)には創刊1000号を突破した。ゴールデンウィークお盆年末年始に合併号を発行する。また、年に数回、増刊号として「フライデーダイナマイト」を発行している。主な違いとしてグラビアの量や過去に掲載した記事の総集編、様々なジャンルの特集記事を行うことが多い。販売店の自主規制によって「ダイナマイト」は成年向け雑誌として扱われる場合もある。

有名人の私生活行動をスクープされるケースとしては、女子アナウンサーの私生活行動を隠し撮り(盗撮)するケースが目立つ(とりわけ、フジテレビの女子アナウンサーに対するスクープネタが多い)。

大地震の特集となるといわゆる疑似科学トンデモ説に分類されるものも根拠として「今年こそは首都圏で起きる可能性が」と煽る傾向がある。

一部人物(特にグラビアを掲載する女性)において、独特の表記をする例がある(『週刊現代』も同様)。

  • 壇蜜は、それが1つの名前であることが定着した後も、プロフィール欄のふりがなは姓名区切りの「だん・みつ」としている。
  • 高橋しょう子は、グラビアアイドル(高崎聖子)時代からの愛称「たかしょー」と表記しており、「高橋しょう子」という表記例は見られない(プロフィール欄のふりがなは「たかはし・しょうこ」と、芸名を隠していない)。
  • 並木塔子は、AVデビューした2016年内まで「さん」付けで表記していた。

ライバル誌[編集]

同じジャンルの写真週刊誌『FOCUS』(新潮社)、『FLASH』(発行元のグループ企業の光文社が発行)と共に「3Fスリーエフ)」と呼ばれていたが[3]、『FOCUS』が2001年に休刊して以降は、写真週刊誌では発行部数(40万9,082部 日本雑誌協会)で一位である[要出典]。最盛期には毎号200万部を売り上げており、2015年度は年間26万部の売上であった[4]

FRIDAY創刊以降の1980年代半ばは写真週刊誌ブームで、『Emma』(文藝春秋)『TOUCH』(小学館)など他の大手出版社もこぞって写真週刊誌を発行し「3FET」の時代となったが、『Emma』『TOUCH』の2誌は競争に勝てず、いずれも1990年代を迎えることなく短期間で休刊した。

増刊号[編集]

増刊号として『FRIDAYスペシャル』(2014年以降は発行なし)や『FRIDAYダイナマイト』が不定期に発売されている。 しかし今までAKB48グループのメンバー(乃木坂46を含む)を起用したことが無く、ライバル誌の増刊号『FLASHスペシャル』とは対極である。

歴代編集長[編集]

※出典:『講談社の100年』(同社社史)

氏名 在任期間 備考
伊藤寿男 1984年7月 - 1985年6月 元「週刊現代」編集長。後にテーミス社を設立して学習研究社週刊テーミスを発行。[5]
寺島昭彦 1985年6月 - 1987年4月 編集長退任後は「週刊現代」編集長に着任。
須川真 1987年4月 - 1988年4月
森岩弘 1988年4月 - 1991年3月 編集長退任後は「週刊現代」編集長に着任。
元木昌彦 1991年3月 - 1993年3月 編集長退任後は「週刊現代」編集長に着任。
鈴木哲 1993年3月 - 1996年7月 編集長退任後は他部署へ異動後、「週刊現代」編集長に着任。
谷雅志 1996年7月 - 1998年3月
加藤晴之 1998年3月 - 2000年7月 編集長退任後は学芸図書出版部担当部長、「週刊現代」編集長を歴任。
鈴木智之 2000年7月 - 2002年6月
出樋一親 2002年6月 - 2004年7月
中本顕二 2004年7月 - 2006年3月
出樋一親 2006年3月 - 2008年4月 2度目の編集長就任。「週刊現代」編集部(編集長)から異動。
仙波久幸 2008年4月 - 2009年6月
秋吉敦司 2009年6月 - 2012年6月

エピソード[編集]

発行部数[編集]

発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 380,000 部 375,834 部 364,616 部
2009年 345,000 部 335,417 部 340,000 部 330,231 部
2010年 316,667 部 315,734 部 324,892 部 305,546 部
2011年 303,625 部 306,000 部 308,131 部 311,250 部
2012年 296,539 部 296,100 部 311,850 部 305,910 部
2013年 293,334 部 275,917 部 269,167 部 269,167 部
2014年 273,637 部 275,834 部 277,500 部 278,462 部
2015年 260,000 部 263,334 部 260,910 部 253,847 部
2016年 254,167 部 256,364 部 257,500 部 254,167 部
2017年 254,167 部 254,167 部 250,833 部

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 総合誌:講談社”. 講談社. 2017年1月13日閲覧。
  2. ^ “フライデー襲撃事件からちょうど30年! 成宮寛貴をスクープした『FRIDAY』”. エキサイトニュース (エキサイト). (2016年12月10日). http://www.excite.co.jp/News/90s/20161210/E1481294581187.html 2017年1月13日閲覧。 
  3. ^ 創刊60周年、週刊女性古参記者が語る「田原俊彦と中山美穂の幻のデート取材」ほか”. 週刊女性PRIME (2017年1月12日). 2017年1月13日閲覧。
  4. ^ フライデー創刊編集長で襲撃事件の当事者・伊藤寿男さんに聞く「怒られても前向きでいる方法」”. パソナキャリア. はたラボ ~働くコト研究所~ (2016年5月13日). 2017年1月13日閲覧。
  5. ^ 編集者ほど面白い仕事はない/伊藤 寿男【著】- 紀伊國屋書店ウェブストア”. 紀伊國屋書店. 2017年1月13日閲覧。
  6. ^ 三島事件にて自決した際、介錯された。
  7. ^ 「サミットで首脳夫人にも嫌われた森喜朗首相の英会話」、『週刊文春』第42巻第29号、文芸春秋2000年8月3日、 27-28頁。“国立国会図書館サーチより(詳細情報)
  8. ^ 中村真理子「森首相、クリントン大統領に「フー・アー・ユー」失言の真偽」『週刊朝日』2000年8月11日
  9. ^ “ブッシュ再選と今後の日米関係”. 琉球新報. (2004年12月8日). http://ryukyushimpo.jp/modules/icontent/inPages/imagesLibrary/forum/pdf/200501ryukyu_forum.pdf 2013年10月18日閲覧。  この第141回琉球フォーラム講演会にて高畑は創作である旨を認めた。
  10. ^ 「マスコミとの387日戦争」『新潮45』2001年6月
  11. ^ “島田紳助さんが勝訴 フライデー記事で賠償命令”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年9月26日). https://web.archive.org/web/20120929000553/http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012092601002642.html 2017年10月12日閲覧。  ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  12. ^ “バナナマン日村とあの元NHK美人アナ仰天の半同棲中!!”. フライデー (講談社). (2015年4月17日). http://elb.friday.kodansha.ne.jp/archives/46204 2016年8月29日閲覧。 
  13. ^ “バナナマン日村 8歳下・神田愛花アナと熱愛、ともに認める”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2015年4月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/17/kiji/K20150417010185180.html 2016年8月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]