木下ほうか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きのした ほうか
木下 ほうか
本名 木下 鳳華
(読み同じ)
別名義 イヤミ課長
生年月日 (1964-01-24) 1964年1月24日(58歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大東市
身長 173 cm
血液型 O型
職業 俳優タレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1980年代 -
主な作品
映画・Vシネマ
ガキ帝国
岸和田少年愚連隊
『SWinG maN』
SHINOBI -HEART UNDER BLADE-
寝ずの番
次郎長三国志
恋と嘘
空飛ぶタイヤ
事故物件 恐い間取り
テレビドラマ
京都殺人案内
仮面ライダーキバ
昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜
下町ロケット
チア☆ダン
なつぞら
アライブ がん専門医のカルテ
バラエティ
痛快TV スカッとジャパン
ラジオ
ほうか道R
テンプレートを表示

木下 ほうか(きのした ほうか、1964年昭和39年)1月24日 - )は、日本俳優タレント映画監督。本名は木下 鳳華(読み同じ)[1]。かつては吉本新喜劇座員を経て、マツ・カンパニーキャストパワーカクタスに在籍していた。

大阪府大東市出身。大阪府立野崎高等学校大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科卒業。

来歴[編集]

父は一級建築士。高校時代は剃り込みを入れたいわゆるヤンキーファッションであったが、不良であったというよりは当時の流行のファッションに倣っていただけだという。

1980年(昭和55年)、16歳のときに井筒和幸監督の映画『ガキ帝国』のオーディションの新聞広告を見て応募し、合格。同作品で俳優デビューする。その後大阪芸術大学を卒業、吉本興業大阪本社に入社し、吉本新喜劇の団員となった。しかし新喜劇では目立つ存在になれず、1980年代の新喜劇低迷期と重なったこともあって3年で退団した。この時期の座員(浅香あき恵未知やすえ等)とは現在も交流があり、来阪時の飲み仲間となっている[2]。吉本新喜劇出演当時、先輩役者から「目立つな」と言われ、池乃めだかから「客が笑い、うけ続ければやがて怒られなくなり、上に上がれる」と励まされていた。

1989年(昭和64/平成元年)、吉本の先輩である島田紳助から「ほうか、役者をやりたいんやったら、やっぱ東京行かなあかんやろ?」との助言を受け、井筒を頼って上京した。東京での下積み時代には島田に頻繁に手料理を振る舞ってもらっていたという[3]

当初はVシネマを中心に活動していたが、業界関係者やプロデューサーなどの飲み会に積極的に参加し、名刺を配るなどして人脈を広げた。また、男ウケしそうな後輩の女優を同伴することで関係者の信頼を徐々に獲得していった[4]2014年放送のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』は、配布した名刺がきっかけで出演することとなったという。そして同年放送開始の『痛快TV スカッとジャパン』で演じた「イヤミ課長」がブレイク。決めゼリフの「はい論破!」は2015年新語・流行語大賞の候補50語にノミネートされた。

人物[編集]

趣味は献血バイク(愛車はホンダ CBX1000をフルレストア+ワンオフチタンフルエキマフラーやスズキGT550とダックスホンダ8)、特技はキックボクシング空手正道会館空手初段)。ロレックスのコレクターとしても知られる[5]

本人曰く、「来る役が『悪党』『いじわる』『いけず』」な役ばかりらしく、本当はビールや家族と仲良くドライブするCMがやりたいと思っている。

痛快TV スカッとジャパン』のイヤミ課長に代表される個性的な役柄(ネチネチと部下をイビる・温厚そうに見せて突如豹変する・粘着質な役・オネエなど)を担当している一方、バラエティー番組に出演するとゆったりとした柔らかい大阪弁で話す。育ちが良く、喧嘩とも無縁に育ったため、あまりにも口調が柔らかく、悠然とした態度なため「ベテランのおかまバーのママ」と言われたことがあるが、一方で会見で冗談を飛ばして共演者をドギマギさせることもある[6]。「『誘拐ラプソディー』の暴力団幹部(自分の組も持つナンバー3だが上には全く頭があがらず、卑屈さ、冷静さ、凶暴さを併せ持つ)のように少ない出番で多面性を表現できるような役柄のバイプレイヤーとして真骨頂を発揮する。

不祥事・週刊誌報道[編集]

性加害疑惑[編集]

2022年3月31日号の週刊文春にて、木下の「性加害」を2人の女優が告発した[7]。1人目は演技指導の名目で木下の家に呼ばれ最初は台本読みしていたが最終的には性行為を求められ、応じざるを得なかったと語った。2人目は木下から無理やりキスされそうになり、それを拒んだら後日「期待してこれから育ててあげようとしたのに残念。これぐらいの根性なのですね」とメールが届き、最終的には木下の自宅で性行為に至ったという[8]。また木下は20代の女優ばかりを狙っては性行為を迫ったり「ほうか牧場」と称して女性を飼っていると吹聴していた[9]

性加害疑惑報道後、2019年に木下を初代アンバサダーに任命した公共財団法人 日本骨髄バンクが木下のインタビューページ等を削除した。同法人の広報担当者はマスメディアに対し、所属事務所に事実関係の確認を試みたものの、連絡が取れなかったために公開を中止したとコメントした[10]

2022年3月28日、週刊文春報道に対し、Twitterで謝罪文を掲載した[11]。謝罪文には、謝罪が遅れたことに関して事務所と協議していたため遅れたと理由を説明。報道内容については、一部事実と異なる点があること、10年程度前のことで記憶にないこともあるが、概ね間違っていないと認めた。週刊誌からの質問については、断られた女性に対して関係を持ったことや、薬物を使っての関係を持った記憶はないと回答[12]

性加害疑惑報道で、4月5日からスタートするNHK総合の連続ドラマ『正直不動産』を降板することなり、NHK側は、収録済みの場面について、編集でカット作業に追われることとなったほか、所属事務所からマネジメント契約を解消され[13][14]、無期限活動休止を発表した[12]。一方、WOWOWで放送予定のドラマ2作品については「現段階で出演予定に変更はありません」と予定通り放送する方針を示した[15]

2022年3月29日、新たな性加害疑惑が掲載。元文春記者でジャーナリストの中村竜太郎が芸能プロ社長へ取材したところによると、約4年前に自社の若手女優が木下に誘われて性被害にあったと話した。被害女優は、強いお酒をたくさん飲まされ泥酔させられ狙われたという。社長が心配し訴え出ようと助言したが、被害女優は今後枕営業などと噂される可能性が高く、女優を続けたい意思があったので泣き寝入りを選択したという[16]

2022年4月7日号の週刊文春では、性加害疑惑の第2弾が掲載された。新たに3人の女優が被害を告発。3人のうち1人の女優は、2010年5月に木下が臨時講師を務めていたワークショップに参加して出会い交流をもった。あるとき2人で居酒屋で飲んだ帰りに、木下の自宅に連れ込まれ無理やり関係を迫られたという。怖くなりトイレに駆け込んで泣いていたが、木下の自宅なので逃げ道がなく最終的には無理やりさせられたと、言葉を詰まらせながら話した[17]

2022年4月11日の週刊女性PRIMEでは、芸能活動をしていた女性が7年前に木下から性加害にあったと告発。強姦されたことについて誠意ある対応を期待したが程遠かったため、強姦されたことを知人に相談すると告げると態度を一変させ「今回は、本当にごめんなさい」等の謝罪があったという。被害女性側は不信感があったので、弁護士に相談し木下が所属していた事務所宛で損害賠償を請求したところ木下の代理人から、合意の上であることを理由として損害賠償請求応じられないと返答の通知書が届いた。その後、被害女性は弁護士と共に告訴状を作成し強姦罪での刑事告訴に踏み切ったが、証拠不十分であるとして告訴状は受理されず捜査してもらえず告訴状は取り下げていないものの泣き寝入り状態だという。現在、被害女性は外傷後ストレス障害で苦しんでいる[18]

週刊女性の記事のみ民事提訴[編集]

2022年4月22日の週刊女性PRIMEで報じられた木下の性加害について、木下は発行元の主婦と生活社の担当記者を東京地裁に民事提訴したと発表した。木下は「記事上の女性を強姦した事実はございませんので、今後は法廷の場において明らかにさせていただきたく存じます」とコメントし週刊女性の性加害記事については争う姿勢を示した [19]が最初に性加害報道がでた週刊文春などは訴えていない。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • けんか屋 伝説の裏ケンカ師!無敗伝説(1994年)
  • キタの帝王 闇の法廷伝説(1996年) - 黒龍会組員
  • 厄災仔寵(1997年、原作:みやすのんき
    • 厄災仔寵 死神たちの罠(1997年4月)
    • 厄災仔寵2 悪霊たちの学園篇(1997年10月)
  • 首領への道5・6(1999年) - 島田組組員 野口
  • 獅子の絆 浅草哀歌(2002年)
  • 実録・なにわ女侠伝(2003年)
  • 実録・ぼったくり 風営法全史(2003年) - 新豊興業
  • 男の生活(2007年)
  • 半グレvsやくざ1,2(2013年,2014年) - 横関組幹部 萩尾高弘
  • 若頭暗殺史 修羅の男たち(2016年) - 山東連合会若頭 京島恒美
  • 孤高の叫び(2018年)全2作 - 建設会社社長 ホリグチ ※友情出演
  • GOKU・OH 極王4,5,6(2020年) - 大阪府警 捜査4課刑事 梅沢哲彦

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

情報番組・教養番組[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

監督作品[編集]

  • 17才(2003年3月2日) - 脚本・出演[43]
  • スパイ道 女スパイ編第3話『スパイDAY作戦 援交スパイ17号』(2005年10月6日、BS-i

著書[編集]

  • 僕が骨髄提供をした理由。言うほどたいしたことなかったで(2018年11月26日、辰巳出版

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b AbemaTVと朝日放送による共同制作。

出典[編集]

  1. ^ 木下ほうか”. 映画.com. 2020年6月27日閲覧。
  2. ^ 浅香あき恵 (2015年2月3日). “ほうかが来たよ\(^o^)/”. あき恵ちゃんのチョベリグ日記. Yahoo! Japan. 2018年3月11日閲覧。
  3. ^ 木下ほうか (2011年8月24日). “島田紳助氏について。”. 木下ほうかオフシャルブログ「ほうか道」. サイバーエージェント. 2018年3月11日閲覧。
  4. ^ 木下ほうか、“性加害”報道で掘り起こされた「後輩の女優を同伴」発言”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2022年3月26日). 2022年3月30日閲覧。
  5. ^ #66 2017/07/16 ゲスト:木下ほうか”. 極上!お宝サロン. BSジャパン. 2018年3月11日閲覧。
  6. ^ “武田梨奈、「追い込まれた」過酷撮影を回顧 顔を“ベチョベチョ”になめられ…”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年10月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2060191/full/ 2016年3月5日閲覧。 
  7. ^ 木下ほうか芸能活動無期限休止発表 女優2人「性加害」報道 事務所契約解消でNHKドラマ降板”. 日刊スポーツ (2022年3月29日). 2022年3月29日閲覧。
  8. ^ “榊英雄監督の盟友、木下ほうかの「性加害」を2人の女優が告発する”. 週刊文春 (文藝春秋). (2022年3月23日). https://bunshun.jp/articles/-/52915 2022年3月23日閲覧。 
  9. ^ “木下ほうか「性加害報道にダンマリ」決め込む事務所込みの無責任さ”. friday (講談社). (2022年3月28日). https://friday.kodansha.co.jp/article/236464 2022年3月28日閲覧。 
  10. ^ “「日本骨髄バンク」も困惑…木下ほうかが“逃亡”! 文春砲の事実確認をしたくても連絡取れず、公式サイトから削除”. Smart FLASH (光文社). (2022年3月23日). https://nordot.app/879684008806301696?c=516798125649773665 2022年3月23日閲覧。 
  11. ^ 木下ほうかKINOSHITA Houka [@KINOSHITA_Houka] (2022年3月28日). "ご報告" (ツイート). Twitterより2022年3月28日閲覧
  12. ^ a b “【全文】木下ほうか 性加害報道「概ね」認める 「記憶にないことも」 芸能活動休止”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2022年3月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2022/03/28/0015173423.shtml 2022年3月28日閲覧。 
  13. ^ https://www.cactus-mgt.co.jp/news/pdf/220328_news.pdf
  14. ^ https://www.oricon.co.jp/news/2229525/full/
  15. ^ a b c “WOWOW 木下ほうか出演ドラマ予定通り放送、2作品撮影終了 撮り直しせず”. スポーツニッポン. (2022年3月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/03/30/kiji/20220329s00041000736000c.html 2022年4月4日閲覧。 
  16. ^ “〝氷山の一角〟木下ほうかの性行為強要疑惑 若手女優「ほうか牧場で放牧」 怒りの芸能プロ社長「〝枕営業〟と噂されるのがオチ」”. zakzak (産経デジタル). (2022年3月29日). https://www.zakzak.co.jp/article/20220329-IYJBJJR7ENIE5HJ4CQADWEF3VI/2/ 2022年3月29日閲覧。 
  17. ^ “木下ほうか 無期限活動休止とNHKドラマ降板の裏に新たな性加害告発”. 週刊文春 (文藝春秋). (2022年3月30日). https://bunshun.jp/articles/-/53117 2022年3月30日閲覧。 
  18. ^ “木下ほうかに新たな告発!「抵抗する私を無理やり…」被害女性が明かす非道なやり口、強姦で刑事告訴されていた”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2022年4月11日). https://www.jprime.jp/articles/-/23710 2022年4月11日閲覧。 
  19. ^ “木下ほうかが「週刊女性PRIME」と「週刊女性」の記事で発行元に民事提訴 ツイッターで明かす”. サンスポ (産経新聞社). (2022年4月22日). https://www.sanspo.com/article/20220422-EOGL6FUF7RMJPCDWJOUB42XNXM/ 2022年4月22日閲覧。 
  20. ^ 《2019年度前期 連続テレビ小説「なつぞら」》アニメーション編の出演者が決定!”. NHKオンライン. 2019年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月1日閲覧。
  21. ^ ふなっしー、探偵役でドラマ初主演 相棒はアンジャッシュ児嶋”. ORICON STYLE. オリコン (2015年12月10日). 2015年12月15日閲覧。
  22. ^ 小出恵介、つんく♂モデルのアイドルP役「カリスマ性出したい」 ドラマ『武道館』”. ORICON STYLE. オリコン (2015年11月24日). 2015年11月24日閲覧。
  23. ^ 米倉涼子、松本清張原作の歴史サスペンスに主演”. ORICON STYLE. オリコン (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  24. ^ 黒島結菜、ドS女子高生役でEXILE NAOTOを翻ろう”. ORICON STYLE. オリコン (2016年2月21日). 2016年2月21日閲覧。
  25. ^ “夏菜、5年ぶりの連ドラ主演作で女優人生最大露出に挑む!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年9月18日). https://thetv.jp/news/detail/121799/ 2017年9月18日閲覧。 
  26. ^ “清原翔、岡崎紗絵、木下ほうか、藤井隆が医師に、松下奈緒の主演ドラマ参加”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月22日). https://natalie.mu/eiga/news/356460 2019年11月22日閲覧。 
  27. ^ "ドラマ『異世界居酒屋「のぶ」Season2』水野美紀ら新キャスト発表 第1弾予告映像も解禁". ORICON NEWS. oricon ME. 12 March 2022. 2022年3月13日閲覧
  28. ^ 七人の秘書:都知事役に萬田久子 リリー・フランキー、永瀬莉子も出演 キャスト12人一挙公開” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年10月8日閲覧。
  29. ^ ザテレビジョン. “<七人の秘書>豪華追加キャスト12人が一挙解禁!萬田久子、大和田伸也らが物語を左右する重要人物に | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2020年10月8日閲覧。
  30. ^ 木下ほうか:反町隆史の“陰険な上司”に 「WOWOWオリジナルドラマ 今どきの若いモンは」”. MANTANWEB(まんたんウェブ). 2022年4月4日閲覧。
  31. ^ 暴力無双 -サブリミナル・ウォー- Xstream46<エクストリームフォーティーシックス>” (日本語). Xstream46<エクストリームフォーティーシックス> (2021年1月24日). 2021年7月10日閲覧。
  32. ^ 木下ほうか初主演「sWinG maN」インタビュー” (日本語). パーフェクト・ムービーガイド. 2022年6月22日閲覧。
  33. ^ “カラテカ・矢部太郎、ミスキャストと監督に言われる”. シネマトゥデイ. (2014年10月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0067709 2014年11月4日閲覧。 
  34. ^ リリースはDVDで「民暴」「民暴2」の全2巻。
  35. ^ IZAM、紗綾の袋とじグラビアに悩殺される「思わず袋切りました」”. シネマトゥデイ (2016年1月31日). 2016年2月1日閲覧。
  36. ^ ファンファーレが鳴り響く : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2020年10月1日閲覧。
  37. ^ ワンピース特番アニメ、フォクシー海賊団声優に市川猿之助ら”. コミックナタリー. ナターシャ (2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。
  38. ^ “ウッチャン、『サザエさん』本人役で出演 27時間テレビで『スカッとジャパン』とコラボ”. ORICON STYLE. (2016年7月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2075280/full/ 2016年7月19日閲覧。 
  39. ^ 木下ほうか初のレギュラー冠番組『ほうか道R』、9日から生配信開始” (日本語). マイナビニュース (2021年2月8日). 2021年4月19日閲覧。
  40. ^ YouTube 番組再生リスト
  41. ^ http://www4.nhk.or.jp/nhktanka/x/2018-11-04/31/24903/2013040/
  42. ^ GENERATIONS「DREAMERS」MVはドラマ仕立ての11分超え”. 音楽ナタリー (2019年7月31日). 2019年11月7日閲覧。
  43. ^ 17才(2002・日本) : 作品情報 - 映画.com”. 株式会社エイガ・ドット・コム (2012年6月7日). 2019年2月22日閲覧。

外部リンク[編集]