八田真行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八田真行
人物情報
別名 mhatta
生誕 1979年7月31日(37歳)
日本の旗 日本東京都練馬区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
学問
研究機関 駿河台大学
特筆すべき概念 GNUDebian両プロジェクトへの貢献
公式サイト
Masayuki Hatta a.k.a. mhatta
テンプレートを表示

八田 真行(はった まさゆき、1979年昭和54年)7月31日 - )は日本人の経営学者ハッカー翻訳家コラムニスト

オープンソースの定義の翻訳[1]GNU GPLGNU LGPLGNU FDL (GFDL) などGNUライセンス群の邦訳者、フリーソフトウェア/オープンソース (FLOSS)に関するコラムの執筆者として知られる。

略歴[編集]

東京都練馬区生まれ。東京学芸大学教育学部附属高等学校在学中に米国ニューヨーク州へ留学。東京大学経済学部東京大学大学院経済学研究科修士課程を修了。同大学院経済学研究科博士後期課程を満期単位取得退学。大学院では法と経済学組織論を専攻。財団法人知的財産研究所特別研究員を経て、現在、駿河台大学経済学部専任講師[2]GLOCOM客員研究員[3]

高校在学中よりフリーソフトウェア/オープンソース関連の活動を開始[4]2000年よりDebianの公式開発者[5]2003年から2004年にかけてGNUプロジェクトのチーフ翻訳コーディネータ[6]2006年から2007年にかけてはGPLv3ディスカッション・コミッティー (Committee D) の委員[7]を務めた。

また、2003年にはjapan.linux.com(現SourceForge.JP Magazine)の立ち上げに参与し、主筆となる。2004年からはスラッシュドットジャパンの編集者[8]SourceForge.JPの管理者も務めている。

近年ではウェブメディア上におけるFLOSS関連のコメントを行う他、2007年ウィキマニア 2007、2009年のWikimedia Conference Japan 2009で講演を行っている。また2010年12月には、内部告発ウェブサイトウィキリークスに関するインタビューを受けている。

2014年10月17日日本記者クラブで講演し、内部告発サイト「ウィキリークス」の日本版を12月に開設する計画を明らかにした[9]。匿名化ソフト"Tor"を使い、内部告発者の素性は分からない仕組みにするという。

Googleから独立したNiantic LabsがリリースしたIngressというゲームであるプレイヤー宅を晒す行為をしたが、謝罪せず自身の正当性のみ訴え、その後アカウントを消した。

メディア出演[編集]

著書[編集]

  • 共著:『日本人が知らないウィキリークス』 (新書y) 洋泉社 2011年 ISBN 4862486932

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]