ディープステート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ディープステート(deep state)は、アメリカ合衆国政治が陰で操られているとするもので、影の政府国家の内部における国家と重複する。政治システムの中に共謀と縁故主義が存在し、合法的に選ばれた政府の中に隠れた政府を構成していることを示唆するもの。

作家のMike Lofgren氏は、「政府の一部とトップレベルの金融と産業の一部の混成連合で、公式の政治的過程を通じて表明されたかのように、被統治者の同意に基づかずに米国を効果的に統治することができる」と考えている。

この言葉はもともと、トルコの比較的目に見えない国家機構(情報機関、軍、治安、司法、組織犯罪の中のハイレベルな要素で構成される)や、エジプト、ウクライナ、スペイン、コロンビア、イタリア、イスラエル、その他多くの国における同様の疑惑のネットワークを指すために作られた。

トランプ政権とディープステート[編集]

ドナルド・トランプ大統領や側近は、高級官僚の一部がトランプを大統領として認めず、ディープステートを形成して弱体化を図っているとの陰謀説を唱えてきた。2020年4月以降、立て続けに監察官を解任した際にも、ナバロ大統領補佐官が解任をディープステート対策であることを示唆している[1]

脚注[編集]

  1. ^ トランプ氏の国務省監察官解任、違法の可能性も=ペロシ下院議長”. 朝日新聞 (2020年5月18日). 2020年5月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • James B. Stewart (2019). Deep State: Trump, the FBI, and the Rule of Law. Penguin Press. ISBN 978-0525559108 

関連項目[編集]