エッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アニメやまんがでの、エッチなイメージの女の子を描いている。

エッチ (H) とは性的にいやらしい様、またはそういう人を指す日本語の俗語ラテンアルファベットHは「エイチ」と発音して区別することが多い。類義語に「エロ」 (エロスの略) がある。

1980年代頃から、性行為の婉曲表現として「エッチする」と言われる様になった。

概要[編集]

その語源は変態 (Hentai) の「H」である[1]。古くは明治20年代から、性的な隠語として女学生の間で使われた[2]大正時代には、同性愛者を意味する隠語だった[3]

現代の「エッチ」に近い意味で使われはじめたのは1952年頃からで、いやらしい人物や態度を(非難を込めて)指示する隠語として日本の女学生の間で使われた[4]1955年から1956年にかけて朝日新聞に連載された舟橋聖一新聞小説『白い魔魚』で使われたのが、一般への流行のきっかけと言われる[5][6]

現在では、セックス(性行為)のぼかした言い方としても定着している。「エッチする」という使い方は、1980年代以降でなされ、バラエティ番組においては明石家さんま、または島田紳助が初めて言ったとされる[7][8][9][10]

語源[編集]

  • 変態 (Hentai) から、性に関する言動が露骨なこと[11][12][4][6]
    • クラフト=エビングの著書、『Psychopathia Sexualis』(性的精神病理,1903年)が、日本で『変態性欲心理』(1914年)という題名で翻訳出版された当時は、性科学がブームになった頃で、「変態」という言葉を冠した雑誌や書籍がいくつも刊行された。1996年、伏見憲明のインタビューを受けた男性(当時80歳)は「変態という言葉は、僕が小学生になってから出てきた言葉です。変態のHがエッチに変わっていったのです。」といっている[13]
  • (明治) 英語Husband「夫」の頭文字Hを、女学生が性的な意味で使った隠語[2]
  • (大正 - 昭和初め) 男性同性愛者をさした「鶏姦」を、英語Hen (雌どり) の頭文字Hで隠語とした[3]男色を表す。不良仲間の隠語[14]

異説[編集]

エッチの語源については諸説が乱立している状態である。

  • 英語letch (レッチ) 「助平な、いやらしい」の意[15]
  • 1955年マリリン・モンロー主演の映画の題名、"The Seven Year Itch"(邦題「七年目の浮気」)のItch(浮気)から。
  • キスをK (Kiss)、性行為を愛 (I) としたときのKやI以前の段階として、手をつなぐ、肩を寄せ合う程度から、軽い愛撫ペッティングなどの行為を「H」と称した[16]。あの男女はまだHの段階のつきあいであると言うような使われ方をした。1950年から1960年代中頃に言われた説。
  • 自慰 (G) の後に来て、愛 (I) に繋がるのでH。
  • 英語horny【形】「性欲をかき立てられて」の頭文字H。
  • 「助平」のにあたる英語Helpの頭文字Hから、大日本帝国海軍の兵隊が隠語として使ったという説(海軍では、「淋病」をR、妻をK.A (かあちゃん) と呼ぶなど、アルファベット由来の隠語を使う趣味があった)。
  • 同じく海軍語源説として石井幸之助の著作『報道班員従軍記』(光人社)中に、隠語としてHを上げ、語源をHELL(地獄)=下に落ちる話、との記述がある。
  • 破廉恥のローマ字表記"Harenchi"の頭文字H。永井豪ハレンチ学園』が語源であるという説。初出が1968年以降であるため語源にはならないものの、ふたたび「エッチ」が広まるきっかけとなり、子供まで「エッチ」と言うようになり問題視された[17]
  • erotic (eroticism) ⇒ エロチック (エロチシズム) ⇒ エロ ⇒ エ ⇒ H
  • (H)の字体が、男女同士の性交中の様子に似ていることから。縦線二本(││)が男女が並んだ姿を表し、横線一本(━)が男性器を表し、それ同士が合わさって(H)となり、性交中の姿に見えることから呼ばれるようになったという説。
  • 「えちもの 姿ばかりを飾って役に立たない柔弱な者」広辞苑 第四版より引用

日本以外の国における「エッチ」の用法[編集]

英語圏の国々、特にアメリカ合衆国においては、「エッチ」 (ecchi) という言葉は、日本製の漫画アニメゲーム作品の中で、性的な内容・表現を漠然と含むものに対して用いられている。具体的にはヌードセミヌードパンチラなどの描写を含むが、登場人物が直接的な性行為にまでは及ばないような漫画・アニメ・ゲーム作品、またはそれらを模したものを指して "ecchi" と呼ぶことが多い。これに対して露骨な性描写があるような作品については、「ヘンタイ」 (hentai) と呼ばれ、区別されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊読売1955年8月28日
  2. ^ a b 西垣幸夫『日本語の語源辞典』文芸社, 2005年。出典は三宅花圃『藪の鶯』(初出:金港堂、明治21年6月)「オヤあの方はH(エッチ)ぢゃァないの」「Hですけれどエンゲイジばかりですから」文脈からHusbandと推論。[1]
  3. ^ a b 日本博学倶楽部『雑学大学』PHP文庫、2000年。間もなく変態の意味に変わり、やがて現在の意味へと変化していったとする。
  4. ^ a b 週刊朝日1952年4月13日号 18頁。「「エッチ」とは変態性 (HENTAISEI) の頭文字から来た言葉つまり、いやらしい男のことだ。映画館、満員電車などで、怪しげな男につきまとわれたとき「エッチ」と叫んで、同僚の救いを求めるのだ。」現代で言う痴漢変質者のこと。「女子大生」など大学生からの聞き込み。
  5. ^ 米川明彦編著『明治・大正・昭和の新語・流行語辞典』三省堂2002年
  6. ^ a b 舟橋 聖一『白い魔魚』新潮社 昭32.12.25初版 68-69頁。「Hは変態の頭文字。」
  7. ^ 語源由来辞典
  8. ^ 明石家さんまに関して、亀井肇編集『外辞苑:平成新語流行語辞典』66ページ、平凡社2000年7月 ISBN 4-582-12419-4
  9. ^ 島田紳助に関して、米川明彦編著『若者ことば辞典』36ページ東京堂出版、1997年2月、ISBN 4-490-10449-9
  10. ^ 島田紳助に関して、米川明彦編著『日本俗語大辞典』87ページ東京堂出版、2003年10月、ISBN 4-490-10638-6
  11. ^ 1973年(昭和48年)3月発行三省堂『広辞林』第5版P209
  12. ^ 1983年(昭和58年)12月発行『広辞苑』第3版P262
  13. ^ Badi1997年4月号「ゲイの考古学 X氏の回想」。
  14. ^ 日本国語大辞典654ページ、第2版第2巻、2001年2月発行ISBN 4095210028は『特殊語百科辞典』から引用として記述するが、国会図書館NDL-OPAC検索に拠ればタイトルキーワード「特殊語百科辞典」でヒットする『司法警察特殊語百科辞典』、高久景一編、出版地 東京、司法警務学会、1931年(昭和6年)発行からの引用。
  15. ^ 日本では「エッチ・スケッチ・ワンタッチ (3番目は地方により変わる) 」という言葉が流行したが、その語源と思われる英語のetch-a-sketch (お絵かきボードの名称) が変化して、letch-a-sketch, letch sketch, またはsketch-a-letchなどのように韻を踏む言葉遊びがある。参考
  16. ^ 亀井肇編集『外辞苑:平成新語流行語辞典』66ページ、平凡社2000年7月 ISBN 4-582-12419-4は、"エッチ"を中年世代男性は女性への軽いタッチ程度のことと理解するが、若者はセックスと同じ意味とする、と辞典発行時点での世代間の理解や捉え方に違いがあると記述・指摘している。
  17. ^ 俗説の参考