偽旗作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

偽旗作戦(にせはたさくせん、false flag)とは、あたかも他の存在によって実施されているように見せかける、政府、法人、あるいはその他の団体が行う秘密作戦である。平たく言えば、敵になりすまして行動し、結果の責任を相手側になすりつける行為である。名称は自国以外の国旗、つまり偽の国旗を掲げて敵方を欺くという軍の構想に由来する。偽旗作戦は、戦争や対反乱作戦に限定されたものではなく、平時にも使用される。偽旗工作・偽旗軍事行動とも呼ばれる。英語ではしばしば false flag operation(s)(偽旗作戦)、false flag technique(偽旗技法)、false flag tactics(偽旗戦術)、false flag attack(s)(偽旗攻撃)等の句として用いられる。 

過去の例[編集]

日本[編集]

民間団体と学校法人との関係。

特に国内最大のマンモス大学では、マスコミ業界に数多くの人材を輩出していることから、テレビ局との太いパイプが構築されている。国家による民間団体の特権として、政治連盟あるいは民族派団体は、国とマスコミの長い関係性からテレビ局と密接に関わっている場合がある。その為、学校法人や民間団体の代表はテレビ局との個人的な深い関係があるとされる。

隠蔽・偽造工作、情報操作[編集]

国や組織にとって、都合の悪い情報があれば、隠蔽・ねつ造して、他へとなすりつける行為を過剰な演出や印象操作を加えながら日常的に行われている。例えば、国の宗教である神道(古神道ではない)やテレビ局(マスコミ)にとって都合の悪い情報が取り上げられていると、ニュースバラエティ番組などでカンペ映像などの手法を駆使し、出演者または場面に都合の悪い部分だけを他の存在[1]になすりつけるような演出がされている場合がある。特に芸能人、専門家、アナウンサーは、殆ど本人は分からないまま演技をさせられている。

嫌がらせ・晒し行為[編集]

特に文化人有名人、組織に対する場合が多い。難関大学の学生・卒業生、芸能人、政治家などのプライベート醜聞を全国放送で晒す行為である。地方が攻撃の対象にされる場合も多い。

最近では、舛添要一石原慎太郎蓮舫猪瀬直樹鳥越俊太郎上西小百合ベッキーゲスの極み乙女山尾志桜里奥田愛基沢尻エリカなど、他にも数多くの著名人がいる。

過去に圧殺された政治家[編集]

一般市民への危害[編集]

ドラマ、ニュースなどの番組や映画に過剰な演出や印象操作を加えて攻撃する悪質行為である。テレビ局が個人情報を無断で放送しない限り、視聴者にはまったく分からない為、テレビ局側からすると一般市民に危害を与える有効な手段である。被害者は証拠がないので、警察は事件として取り扱えない為、ほとんどの場合、被害者側が泣き寝入りするケースが多い。昨今では、世田谷一家殺人事件の被害者が過剰な演出があったとして、某テレビ局はBPOに勧告を受けている。

脚注[編集]

  1. ^ 特に、芸能人、政治家、一般市民、地方、他宗教(仏教、キリスト教など)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]