マッチポンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マッチポンプとは、自らマッチで火をつけておいて、それを自らポンプで水を掛けて消すと言う意味で 偽善的な自作自演の手法・行為を意味する和製外来語である。

マッチ(match)は元は英語ポンプ(pomp)は元はオランダ語である(英語ではpump)。

概要[編集]

日本の国会会議録にマッチポンプを用いた発言が残っている。1961年4月11日の衆議院本会議において、松井誠衆議院議員は「銃砲刀剣類等所持取締法の一部を改正する法律案」への質問の中で以下のように発言している。

世に、いわゆるマッチ・ポンプ方式といわれるものがあります。右手のマッチで、公共料金を上げて、もって物価値上げに火をつけながら、左手のポンプでは、物価値上げを抑制するがごとき矛盾したゼスチュアを示すのをいうのでございましょう。 — 松井誠、「第38回国会 衆議院本会議 1961(昭和36)年4月11日」[1]

朝日新聞の索引によれば、1966年黒い霧事件第1弾の田中彰治代議士事件で生まれた言葉だった[2]1974年刊の「現代流行語辞典[3]」では「デスク日記3[4]1966年8月5日の項にマッチポンプの記述があると紹介している。

産経新聞は日本で日韓関係、日中関係が悪化した背景には半世紀による朝日新聞の相手の怒りを増幅させた後、謝らせるマッチポンプによるものだと報道している[5]

2020年には朝日新聞が「コロナウィルスによって、#東京脱出が流行ってる」と全く使われてなかった#東京脱出というハッシュタグを記事タイトルに仕込むことで、記事のSNSボタンなどでツイッターに投稿すると、そのままハッシュタグ付きのツイートとなるマッチポンプ記事を出したことに政治学者の斉藤淳田中秀臣は「東京脱出なんてハッシュタグ、昨日まで見なかった。」「#東京脱出 なる文字はこの記事で初めてみた。この現象を結果的に流行らせてしまう記事になるだろう。煽るのも大概にした方がいい。ダイレクトに人命がかかわる」と批判した[6][7][8]


脚注[編集]

  1. ^ http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/038/0512/03804110512028a.html[リンク切れ] ( アーカイブ 2016年3月4日 - ウェイバックマシン )
  2. ^ 「マッチポンプ」という言葉が初めて新聞などで使われたのはいつか。 2006/2/26 東京都立中央図書館
  3. ^ 奥山益朗(編)(1974年)現代流行語辞典、東京堂出版
  4. ^ 小和田次郎(1967年)デスク日記第3:マスコミと歴史、みすず書房
  5. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【iRONNA発】なぜ韓国人は、朝日の社旗に怒らないのか? 繰り返されるマッチポンプ 皆川豪志” (日本語). 産経ニュース. 2020年4月7日閲覧。
  6. ^ 「東京脱出」SNS拡散中 新たなクラスター生むおそれ(朝日新聞デジタル)へのコメント - 「先ほどヤフーのリアルタイム検索でツイッター上のハッ...」(不破雷蔵)”. news.yahoo.co.jp. 2020年4月7日閲覧。
  7. ^ 淳, 斉藤 (2020年4月6日). “東京脱出なんてハッシュタグ、昨日まで見なかった。朝日が記事化することで拡散させてる疑いの方が強くないか、これ → #東京脱出、専門家「やめて」 帰省で家族に感染、新たなクラスターも 新型コロナ:朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/DA3S14432379.html …” (日本語). @junsaito0529. 2020年4月7日閲覧。
  8. ^ 田中秀臣 (2020年4月6日). “#東京脱出 なる文字はこの記事で初めてみた。この現象を結果的に流行らせてしまう記事になるだろう。煽るのも大概にした方がいい。ダイレクトに人命がかかわる #東京脱出、専門家「やめて」 帰省で家族に感染、新たなクラスターも 新型コロナ:朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/DA3S14432379.html …” (日本語). @hidetomitanaka. 2020年4月7日閲覧。

関連項目[編集]