トンキン湾事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トンキン湾事件
Tonkingunboats.jpg
マドックスから撮影した3隻のP-4魚雷艇
戦争ベトナム戦争
年月日:1964年8月2日、4日
場所トンキン湾
結果:アメリカ合衆国のベトナム介入拡大
交戦勢力
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 北ベトナムの旗 北ベトナム
指導者・指揮官
Jack of the United States.svg ジョージ・スティーヴン・モリソン Ensign of Vietnam People's Navy.svgレ・ドゥイ・コアイ
戦力
海上
航空母艦1隻、
駆逐艦1隻
航空機
F-8戦闘機4機
魚雷艇3隻
損害
駆逐艦1隻小破、
航空機1機小破
魚雷艇1隻大破、
魚雷艇2隻中破、
4名死亡、
6名負傷
ベトナム戦争
事件経過を示す図
駆逐艦マドックス

トンキン湾事件(トンキンわんじけん、: Gulf of Tonkin Incident, ベトナム語: Sự kiện Vịnh Bắc Bộ / 事件灣北部)は、1964年8月北ベトナム沖のトンキン湾北ベトナム軍哨戒艇アメリカ海軍駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件である。

これをきっかけに、アメリカ合衆国連邦政府は本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。アメリカ合衆国議会は、上院で88対2、下院で416対0で大統領支持を決議(トンキン湾決議)をした。しかし、1971年6月ニューヨーク・タイムズ』が、いわゆる「ペンタゴン・ペーパーズ」を入手、事件の一部はアメリカ合衆国が仕組んだ物だったことを暴露した。

事件の公式経緯[編集]

1964年以降南ベトナム軍とアメリカ軍は共同で空挺降下や小型舟艇を使用したコマンド部隊による北ベトナムへの越境襲撃作戦(34Α作戦)を実行していた。

これとは別に1964年7月31日より、アメリカ海軍駆逐艦マドックスはトンキン湾で哨戒行動を開始した。マドックスの任務の公式目的は、領海を侵犯して北ベトナムの沿岸防衛能力に関する情報を得ることにあり、同様の任務は中国等の他の共産国の沿岸でも行われていた。 マドックスの他にも同様の任務に当たっているアメリカ海軍艦艇があり、34Α作戦の一環として同時期に行われていた南ベトナムコマンド部隊による北ベトナム沿岸への襲撃作戦を支援していた。

7月30日、南ベトナム海軍の哨戒艇数隻がコマンド部隊を乗せてダナン港を出港し、31日にトンキン湾内の北ベトナム軍基地二ヶ所を攻撃した。マドックスは攻撃を終えて帰還中の南ベトナム哨戒艇と遭遇し、入れ違いにトンキン湾へ侵入していった。

8月2日、3隻の北ベトナム魚雷艇が南ベトナム艦艇と間違え、マドックスに対し魚雷と機関銃による攻撃を行った。その攻撃に対してマドックスも直ちに反撃を行い、その近くにいた空母タイコンデロガの艦載機の支援も受け、魚雷艇のうち1隻を撃破、他の2隻にも損害を与えた。マドックスのみ機関銃弾丸により軽微な損傷を受けただけであったが、駆逐艦ターナー・ジョイと合流し、南ベトナム海域へと撤退した。

8月4日より、マドックスとターナー・ジョイによる北ベトナム沿岸への哨戒行動があらためて開始された。4日夜間にターナー・ジョイは望遠鏡により北ベトナム軍が攻撃してくることを確認した。その後、約2時間にわたりマドックスとターナー・ジョイの2隻は北ベトナム軍艦艇と思われるレーダー目標に対して発砲した。

アメリカ側は自国艦艇が公海において北ベトナム側から攻撃を受けたと発表したが、実際には北ベトナムの主張する領海内に進入していた。また8月4日の襲撃は戦果確認ができず、誤認の可能性が指摘されたが隠蔽された。

なお、後に捏造と判明したのは8月4日の事件であり、北ベトナム側も2日の事件は認め4日の事件については当初から否定している。またリンドン・ジョンソン大統領は8月4日の時点で既に、2日の事件に対する報復として、北ベトナムの魚雷艇基地と燃料貯蔵所に対する爆撃(ピアス・アロー作戦)を命じていた。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]