ジム・ギャリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジム・ギャリソン(Earling Carothers "Jim" Garrison、1921年10月22日 - 1992年10月21日)はアメリカ合衆国の検事。1960年代初頭にファースト・ネームをジムに変えた。

1962年から1973年まで、ルイジアナ州から選出されたオーリンズ・パリッシュの地方検事であった。民主党のメンバーであり、ケネディ大統領暗殺事件の捜査でよく知られている。

著書である「JFK ケネディ暗殺犯を追え英語版」は1988年に刊行[1]、日本での翻訳は1992年に早川書房が刊行された[2]。原作となった映画『JFK[3]のモデルになり、彼の役をケビン・コスナーが演じた。また、自身もアール・ウォーレン役で出演した。

著書[編集]

  • A Heritage of Stone (1970).
  • The Star Spangled Contract (1976). 『ウォルナット計画』田中融二新潮社、1977年6月。 - ケネディ暗殺事件を題材としたフィクション。
  • On the Trail of the Assassins: My Investigation and Prosecution of the Murder of the President Kennedy (1988). 『JFK ケネディ暗殺犯を追え』岩瀬孝雄早川書房ハヤカワ文庫NF〉、1992年2月。ISBN 4-15-050167-X

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ eのらぼらとり
  2. ^ 岩瀬孝雄(訳)『JFK ケネディ暗殺犯を追え』早川書房、1992年2月15日。ISBN 4-15-050167-X
  3. ^ ケネディ暗殺事件と私

参考文献[編集]