田中融二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

田中 融二(たなか ゆうじ、1926年10月18日[1] - 1998年5月12日)は、日本の翻訳家東京千駄ケ谷生まれ[1]

大学予科から海軍予備学校生徒となり、東京大空襲で父を、広島の原爆で母を失い、敗戦後一橋大学卒業。

1952年日本新聞協会、1963年ダイヤモンド・タイムに勤務[1]。さまざまな職業に就きつつ翻訳をし1953年「ソビエト無銭旅行」で翻訳家としてデビュー。1957年沼田茂の名で「或る遺書」により文学界新人賞受賞。小説は翌年「鶏」を『文學界』に発表したのみで、以後翻訳家として生計を立てる。推理もの、SF、ビジネスものなど多数を翻訳、E・S・ガードナーレン・デイトンなどが多かった。

最後はがんを宣告され、北海道小樽で自動車に排気ガスを引き込んで自殺した。親友の宮田昇に予告していたという(宮田『戦後「翻訳」風雲録』)。

翻訳[編集]

  • 『ソヴィエト無銭旅行』(T・ウィットリン、法政大学出版局) 1953
  • ローゼンバーグ夫妻事件 虚構か直実か』(S・A・ファインバーグ編著、法政大学出版局) 1953
  • 『アメリカはひとりぼっち』(L・バルジーニ、法政大学出版局) 1954
  • 『泥棒成金』(デヴィッド・ドッヂ、早川書房、世界探偵小説全集) 1955
  • 『灰色の服を着た男』(スローン・ウイルスン、早川書房) 1956
  • 『愛と抵抗の遺書』(キム・マルテ=ブルーン、河出新書) 1956
  • 『ハリーの災難』(J・T・ストーリイ、早川書房) 1956
  • 『土星の環の秘密』(ウォルハイム、銀河書房、少年少女科学小説選集) 1956
  • 『たつた二人の大西洋 ハーフ・セーフ号』(ベン・カーリン、大日本雄弁会講談社、世界の人間記録) 1957
  • 『少年少女世界の旅 イタリア編』(デビッド・レイモンド、保育社) 1958
  • 『土星へいく少年』(ウォルハイム、講談社、少年少女世界科学冒険全集) 1958
  • 『曲線美にご用心』(A・A・フェア、早川書房、世界探偵小説全集) 1958
  • 『南極大陸 人間の記録』(ウオルター・サリヴァン、講談社) 1958
  • 『星に憑かれた男』(フレドリック・ブラウン、講談社、S.F.シリーズ) 1958
  • 『あなたを強く美しくするもの』(ドロシー・カーネギーダイヤモンド社) 1959、のちサンマーク文庫
  • 『南極新婚旅行』(ジュニー・ダーリントン,ジェーン・マキルヴェイン、講談社) 1959
  • 『特別料理』(スタンリイ・エリン、早川書房、異色作家短篇集2) 1961
  • 『野球天国』(ハーマン・メイジン、河出書房新社) 1961
  • 宇宙の戦士』(ロバート・A・ハインライン、早川書房) 1961(S-Fマガジン。抄訳)
  • 『少年少女世界の旅 スウェーデン編』(ジョージ・L・プロクター、保育社) 1962
  • 『地球の緑の丘』(ロバート・A・ハインライン、早川書房、ハヤカワ・SF・シリーズ) 1962
  • 『努力しないで出世する方法』(シェパード・ミード、ダイヤモンド社) 1964
  • 『天の光はすべて星』(フレドリック・ブラウン、早川書房) 1964、のち文庫
  • 『作家となる法』(アースキン・コールドウェル、至誠堂新書) 1965
  • 『ヴェトナムの大使』(モーリス・L・ウェスト、河出書房新社) 1966
  • 『すれっからし』(カーター・ブラウン、早川書房、世界ミステリシリーズ) 1968
  • 『白い大陸 南極探検の二世紀』(ウォルター・サリヴァン、早川書房) 1969
  • 『重役室』(キャメロン・ホーリイ、早川書房、ハヤカワ・ビジネス・ノヴェルズ) 1969
  • 『リリアン』(イェンス・ビョルネボ、三笠書房) 1971 
  • 『男と女のあいだ』(ロイス・グールド、早川書房、ハヤカワ・ノヴェルズ) 1972
  • 『ダブ号の冒険』(ロビン・リー・グレアム、小学館) 1973
  • アシモフのミステリ世界』(アイザック・アシモフ、早川書房、ハヤカワ・SF・シリーズ) 1973
  • 『自殺志願』(シルビア・プラス、角川書店) 1974
  • ワトスン博士の未発表手記によるシャーロック・ホームズ氏の素敵な昌険』(故ジョン・H・ワトスン博士、ニコラス・メイヤー編、立風書房) 1975
    のちメイヤー著として扶桑社より復刊
  • 『脱走の谷』(バリイ・イングランド、早川書房、ハヤカワ・ノヴェルズ) 1975
  • 『ナイトムーブス 私立探偵ハリー』(アラン・シャープ、ベストセラーズ) 1976
  • 『ウエスト・エンドの恐怖 シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険 PART II』(故ワトスン博士、メイヤー編、立風書房) 1977.6
    のち『ウエスト・エンドの恐怖』(ニコラス・メイヤー、扶桑社、扶桑社ミステリー) 1997.5
  • 『ウオルナット計画』(ジム・ギャリソン、新潮社) 1977.6
  • 『死刑は一回でたくさん』(ダシール・ハメット、講談社文庫) 1979
  • 『解決はベッドの中で』(ジャック・T・ストーリィ、文春文庫) 1980
  • 『バレンタインの遺産』(スタンリイ・エリン、早川文庫) 1980
  • 『殺人よさらば』(ジョン・ラックレス、集英社) 1981.2、のち文庫
  • 『ブルガリア特電』(アンソニー・グレイ、文春文庫) 1981
  • 『失われた遺産』(ロバート・A・ハインライン、矢野徹共訳、早川文庫) 1982.8
  • 『ソーン・バーズ』1-3(コリーン・マッカラ、講談社文庫) 1984
  • 『いとしのメアリー』(ラッセル・F・デイビス、集英社文庫) 1984.12
  • 『レッド・メッセージ』(ピーター・エイブラハムズ、文春文庫) 1986.12
  • 『マージャン・スパイ』(ジョン・トレンヘイル、扶桑社、扶桑社ミステリー) 1988.6
  • 『ありあまる殺人』(トマス・チャステイン、早川書房、ハヤカワ・ミステリ) 1990.12
  • 『飛行艇クリッパーの客』(ケン・フォレット、新潮文庫) 1993.1
  • 『愛を奪った女ベリル・マーカム』(エロル・トレビンスキ、新潮文庫) 1996.2
  • 『遺言補足書』(トム・トポール、早川書房) 1997.2
  • 『シークレット・サービス』(フィリップ・シェルビー 新潮文庫 1997.8

E・S・ガードナー作品[編集]

  • 『日光浴者の日記』(E・S・ガードナー、早川書房) 1955、のち文庫
  • 『怪しい花婿』(E・S・ガードナー、早川書房) 1956、のち文庫
  • 『転がるダイス』(E・S・ガードナー、早川書房) 1957、のち文庫
  • 『長い脚のモデル』(E・S・ガードナー、早川書房) 1960
  • 『歌うスカート』(E・S・ガードナー、早川書房) 1961、のち文庫
  • 『車椅子に乗った女』(E・S・ガードナー、早川書房) 1961、のち文庫

レン・デイトン作品[編集]

  • 『ベルリン・ゲーム』(レン・デイトン、光文社) 1984.11、のち文庫
  • 『メキシコ・セット』(レン・デイトン、光文社) 1985.9、のち文庫
  • 『ロンドン・マッチ』(レン・デイトン、光文社) 1986.6、のち文庫
  • 『ヴィンター家の兄弟』(レン・デイトン、新潮文庫) 1989.11
  • 『スパイ・フック』(レン・デイトン、光文社文庫) 1990.3
  • 『スパイ・ライン』(レン・デイトン、光文社文庫) 1990.10
  • 『スパイ・シンカー』(レン・デイトン、光文社文庫) 1991.9
  • 『マミスタ』(レン・デイトン、光文社) 1992.9、のち改題『南米ゲリラマミスタ』(光文社文庫)
  • 『黄金の都』(レン・デイトン、光文社文庫) 1994.4
  • 『信義 最後のスパイ』(レン・デイトン、光文社文庫) 1996.8
  • 『希望 最後のスパイ』(レン・デイトン、光文社文庫) 1997.12
  • 『慈愛 最後のスパイ』(レン・デイトン、町田康子共訳、光文社文庫) 1999.1

ロス・H・スペンサー作品[編集]

  • 『されば愛しきコールガールよ』(ロス・H・スペンサー、早川文庫) 1983.7
  • 『おれに恋した女スパイ』(ロス・H・スペンサー、早川文庫) 1983.8
  • 『哀愁のストレンジャー・シティ』(ロス・H・スペンサー、早川文庫) 1983.10
  • 『聖なる剣を奪いとれ』(ロス・H・スペンサー、早川文庫) 1983.12
  • 『怪人ホー・ホーホ博士』(ロス・H・スペンサー、早川文庫) 1984.3

ビジネス書[編集]

  • 『カーネギー話し方教室 あなたも人前で臆せず話せる』(デール・カーネギー、ダイヤモンド社) 1965
  • GMとともに 世界最大企業の経営哲学と成長戦略』(A・P・スローン Jr.、狩野貞子,石川博友共訳、ダイヤモンド社) 1967
  • 『ピーターの法則 創造的無能のすすめ』(L・J・ピーター,R・ハル、ダイヤモンド社) 1970
  • 『デボノ式思考能力開発法 創造的行動への前進』(エドワード・デボノ、日本生産性本部) 1973
  • ゼロックスとともに』(ジョン・H・デサウァー、ダイヤモンド社) 1973
  • 『企業国家ITT 巨大多国籍企業の生態』(アンソニー・サンプソン、サイマル出版会) 1974
  • 『銀行と世界危機』(アンソニー・サンプソン、TBSブリタニカ) 1982.2
  • 『こんなことがなぜ起こる <実証>ピーターの法則』(L・J・ピーター、ダイヤモンド社) 1985.5
  • 『プロフェッショナル・マネジャー わが実績の経営』(ハロルド・ジェニーン,アルヴィン・モスコー、早川書房) 1985.11
  • 『ピーターのピラミッド法則 なぜ組織は無能化するのか』(L・J・ピーター、ダイヤモンド社) 1986.10

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日外アソシエーツ人物情報