シルヴィア・プラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルヴィア・プラス
(1932-1963)

シルヴィア・プラスSylvia Plath; [plæθ]; 1932年10月27日1963年2月11日)は、アメリカの詩人[注釈 1]、小説家、短編作家。ボストン生まれ。詩作や小説で評判を得る前はスミス大学ケンブリッジ大学ニューナム校英語版で学んだ。プラスは1956年に詩人仲間のテッド・ヒューズと結婚する。二人の婚姻関係は1962年9月まで続いた。二人は当初アメリカに、後にイギリスに、二人の子供、フリーダ英語版ニコラス英語版と共に住んだ。プラスは成人してからの人生の大半をうつ病と共に過ごし、1963年に自殺した。

プラスは生前に英米語圏で公刊された2冊の詩集 The Colossus and Other PoemsAriel により最もよく知られる。また、死の直前に公刊された『ベル・ジャー』は半自伝的小説である。プラスは文学史の上では告白詩英語版というジャンルを開拓した詩人として評価されている。没後の1982年には The Collected Poems に対してピューリッツァー賞が追贈された。

生涯[編集]

1932年 - 1950年[編集]

プラスは1932年10月27日、ボストンのジャメイカ・プレイン英語版で生まれた[2]。母のオーレリア・ショーバー・プラス英語版 (1906–1994)はオーストリア移民二世、父のオットー・プラス英語版(1885–1940)はドイツのグラボウ英語版生まれの[3]昆虫学者である。父はボストン大学で生物学を教え、マルハナバチに関する著作もある[4]

1935年4月27日に弟のウォーレンが生まれ[2]、一家は1936年にマサチューセッツ州ジャメイカ・プレインのプリンス通り24番地から、同州ウィンスロップのジョンソン大通り92番地へ引っ越した[5]。ウィンスロップは母オーレリアが育った町で、実家があった。プラスの母方の祖父母、ショーバー一家が住んでいた区画はポイント・シャーリーといい、プラスの詩の中でもその地名への言及がある。ウィンスロップに住んでいた8歳のころに、プラスは『ボストン・ヘラルド英語版』紙の児童部門に詩を投稿、初めて公刊された[6]。このときから数年間、プラスは地元の雑誌や新聞に幾つもの詩を投稿した[7]。11歳のとき、プラスは日記を付け始めた[7]。書くことに加えて、1947年には彼女の描いた絵に対して The Scholastic Art & Writing Awards から賞が贈られ、プラスは芸術家としての有望性を早くから示していた[8]

父オットーは、糖尿病を放置していたせいで片足を切断せざるを得なくなり、その傷の合併症により、シルヴィアが満8歳の誕生日を迎えて10日ばかり経った日の1940年11月5日に亡くなった[4]。オットーは非常に親しい友人を肺癌で失ったすぐ後に病を得た。彼は友人の症状と自分の症状を比較して、自分も肺癌に違いないと思い込み、進行して重篤になるまで糖尿病の治療を受けなかった。プラスはユニテリアン派キリスト教徒として育てられていたが、父の死の後、一時的に信仰を保てなくなった。宗教に対する信頼と反発という相反する思いは生涯続いた[9]。父のなきがらはウィンスロップ墓地に葬られた。プラスはのちに父の眠る墓を訪れ、そのときの閃きを元に Electra on Azalea Path の詩を書いている。夫を亡くしたオーレリアは、1942年に子供たちと両親を連れてマサチューセッツ州ウェルズリー英語版のエルムウッド通り26番地に引っ越した[4]。プラスは遺作となった散文の小品の中で、自分が8歳になるまでの年月を「美しいけど触れられない、ぼんやりしていて。まるでボトルシップみたいだ。真っ白な空飛ぶ神話だ。」と語った[2][10]。プラスは地元ウェルズリーのブラッドフォード高校[注釈 2]に進学、1950年に卒業した[2]。高校を卒業した直後、作品が『クリスチャン・サイエンス・モニター』に掲載された。全国規模のメディアへの初めての作品掲載だった[7]

1950年 - 1956年[編集]

スミス大学の校舎の一つの外観写真
マサチューセッツ州ノーサンプトンにあるスミス大学

1950年、プラスはスミス大学に進学、成績は優秀だった。「世界は熟したスイカみたいに私の足元にパックリ開いている」と母に手紙を書いた[11]。校内新聞の The Smith Review を編集し、大学3年目の夏休みには皆が憧れる雑誌『マドモアゼル英語版』のゲスト編集者の地位を射止めた。そのため、その年の夏休みは丸ひと月、ニューヨークに滞在した[2]。ところが『マドモワゼル』でのインターンは当初思い描いていたものとは異なる体験であった。そしてこれが悪循環の始まりだった。プラスは編集者がウェールズの詩人ディラン・トマスとの打合せの場に同席させてくれなかったことに激怒した。ディラン・トマスはプラスのお気に入りの詩人であった。ボーイフレンドの一人には「死んでもいいくらい好き」と言ったこともある。彼女はトマスに会えることを期待して、丸二日間、チェルシーホテルホワイト・ホース・タヴァーン英語版の前をうろうろした。しかし、トマスは既に帰った後だった。数週間後、プラスは自分が自殺をする勇気があるかどうか確かめるために、自分の両足をナイフでざっくり切った[12]。この大学3年の夏にはプラスの身に多くの出来事が起き、後に彼女はこのときに経験したエピソードを小説『ベル・ジャー』の中で用いている[13]。この夏にはハーヴァード大学の作家養成講座にも応募したが、入学を許可されなかった[11]。また、うつ病治療のため電気けいれん療法を受けたが、その後の1953年の8月下旬、実家の床下で母の睡眠薬を過剰摂取し、自殺を試みた[14]。この事件はカルテに初めて記録が残る自殺未遂となった[14]

ケンブリッジ大学ニューナム校英語版のシジウィック・ホール

プラスは3日間誰にも見つからずに床下で眠り続け、生き延びた。プラスはのちにこの事件のことを次のように回想した[2]

blissfully succumbed to the whirling blackness that I honestly believed was eternal oblivion.

Sylvia Plath

(私は)この上なく幸せなことに、旋回する暗闇に負けたのだ。あの暗闇はきっと永遠の忘却だったのだ。

Sylvia Plath

その後の6ヶ月間、彼女は精神科に入院し、ルース・ボイシャー医師(Dr. Ruth Beuscher)の下でさらに何回か、電気けいれん療法インスリン・ショック療法を受けた[2]マクレイン病院英語版の入院費用とスミス大学へ通うための学費は、作家のオリーヴ・ヒギンズ・プルーティ英語版が支払ってくれた。プルーティはかつて自分自身の精神崩壊の危機からうまく立ち直った経験があり、偶然知り合った「将来有望な作家の卵」に経済援助したのであった。プラスは良好な回復を見せ、大学に復帰した。1955年1月に卒業論文を提出、6月に非常に優秀な成績でスミス大学を卒業した[15]。卒業論文の題名は「魔法の鏡:ドストエフスキーの2つの小説における二重人格の登場人物の研究」[注釈 3]であった[15]

プラスはイングランドのケンブリッジ大学が運営する3つの女子校のうちの一つ、ニューナム校英語版で研究するための奨学金をフルブライト・プログラムから得た。ニューナム校では活発に詩作を続け、学内報『ヴァーシティ英語版』に継続的に作品を発表した。ニューナム校における指導教官はドロシーア・クルック英語版であり、プラスはクルックのことを尊敬していた[16]。プラスはニューナム校1年目の冬休みと春休みにヨーロッパを旅行して回った[2]

1956年 - 1961年[編集]

マクレイン病院英語版での入院体験は小説『ベル・ジャー』執筆に生かされる。

シルヴィア・プラスが詩人のテッド・ヒューズに初めて出会ったのは、1956年2月25日、ケンブリッジ大学で催されたあるパーティの席上であった[17]。1961年にBBCがプラスに行ったインタビューで、彼女はヒューズとの始めての出会いを次のように語る[注釈 4][18]

I happened to be at Cambridge. I was sent there by the [US] government on a government grant. And I'd read some of Ted's poems in this magazine and I was very impressed and I wanted to meet him. I went to this little celebration and that's actually where we met... Then we saw a great deal of each other. Ted came back to Cambridge and suddenly we found ourselves getting married a few months later... We kept writing poems to each other. Then it just grew out of that, I guess, a feeling that we both were writing so much and having such a fine time doing it, we decided that this should keep on.

Sylvia Plath、[18]

わたし、たまたまケンブリッジにいた。政府から奨学金もらって、そこに送られてきたのだ。それでテッドの詩をこの雑誌で読んで、とても感動して、彼に会ってみたいと思った。それでこのちょっとしたパーティに出かけたのだった。本当に会ったのは、あのパーティがはじめてだったけど、お互いに今までに何度も会ったことがある人のように相手のことを知ることができた。それからテッドがケンブリッジに戻ってきて、数ヶ月経って気づいたらわたしたちはいきなり結婚してたのだ。お互いずっと、詩を贈りあっていたら、二人ともどんどん書いているし、とても楽しいことをしているという気分が盛り上がって。それで、わたしたちはこれをずっと続けようと決めた。

Sylvia Plath、[18]

プラスはヒューズのことを「神の落とすイカヅチのような声を持った」、「シンガー、ストーリーテラー、ライオン、世界放浪者」[注釈 5]と形容した[2]

Nights, I squat in the cornucopia
Of your left ear, out of the wind,

Counting the red stars and those of plum-color.
The sun rises under the pillar of your tongue.
My hours are married to shadow.
No longer do I listen for the scrape of a keel
On the blank stones of the landing.

—from "The Colossus",
The Colossus and Other Poems, 1960

二人は1956年6月16日、ロンドン中心部のホルボーンにある殉教者聖ゲオルギオス教会英語版でプラスの母オーレリア臨席のもと、結婚した。ハネムーンバレンシアベニドルムで過ごした。同年10月、プラスはニューナム校に戻り、修士2年目の新学期を迎えた[2]。この時期、プラスとヒューズは二人して占星術ウィジャボードを使った占い[注釈 6]に熱中していた。1957年の初めに二人はアメリカに居を移し、同年9月からプラスは母校スミス大学で教え始めた。しかし、教える仕事と創作に向ける時間と体力を充分に保つことの両立が難しいことがわかり[15]、1958年半ばにボストンに引っ越した。プラスはマサチューセッツ総合病院の精神科の受付係に職を得て、夕方には詩人ロバート・ロウエルの創作ゼミナールの講義を受講する生活を送った[15]。このゼミには作家のアン・セクストン英語版ジョージ・スターバック英語版も出席しており[15]、ロウエルとセクストンは二人とも、プラスが自分の体験したことに基づいて創作してみてはどうかとすすめた。プラスは赤裸々に自分の抑うつ体験についてロウエルと議論し、自殺未遂についてセクストンと語り合った。セクストンは女性の価値観から創作をする動機付けをプラスに与えた。プラスは自分がもっとまじめなテーマを扱う集中度の強い短編作家であるという自己認識を持ち始めた[2]。また、プラスとヒューズの作品を高く評価し、また生涯の友となる詩人ウィリアム・スタンリー・マーウィン英語版に初めて出会ったのもこのころであった[19]。プラスはルース・ボイシャー医師のもとで働きながら、1958年12月に精神科の治療を再開した[2]

1959年からプラスとヒューズが住んだチャルコット・スクエアはロンドンのプリムローズ・ヒルの近くにある。

1959年後半、プラスとヒューズはカナダとアメリカを横断する北米旅行を楽しみ、ニューヨーク州サラトガスプリングスにある芸術家村ヤドウに滞在した。プラス自身が語ったところによると、「自分の普通でないところに真摯に向き合うこと[注釈 7]」を学んだのはここヤドウでのことだったという[20]: 520–521。しかしそれでも彼女は、きわめて個人的かつ私的な題材に基づく創作には不安があった[2][20]: 520–521。1959年12月にプラスとヒューズはイングランドに戻ってロンドンに住むことにした[21]。新居はリージェンツ・パーク地区プリムローズ・ヒルにほど近いチャルコット・スクエア3番地である[22][注釈 8]。1960年4月1日に二人の長女、フリーダ英語版が誕生し、10月には処女詩集 The Colossus を出版した[21]。長女の出産後、プラスは第二子を妊娠するが、1961年2月に流産する。"Parliament Hill Fields" など、いくつかの詩にこの出来事が記されている[23]。プラスが8月に半自伝的小説『ベル・ジャー』を完成させると、一家はその直後にデヴォンノース・トウトン英語版村に移住した。「コート・グリーン」と名づけた家で1962年1月、長男のニコラス英語版が誕生した[21]。1962年半ばごろヒューズは養蜂を始めた。そのことは後にプラスの多くの詩において主題となった[2]

1961年 - 1962年[編集]

1961年に、プラスとヒューズはチャルコット・スクエアのフラットをアーシャデイヴィッド英語版のウィーヴィル夫妻に貸した。ヒューズは美人のアーシャに一目惚れし、アーシャも同じくヒューズに一目惚れした[24]。1962年6月、プラスは自動車事故を起こすが、彼女が後に説明したところによると、この事故は数多い自殺未遂の一つであった。1962年7月、プラスはヒューズがアーシャ・ウィーヴィルと関係を持っていたことに気づき、9月にプラスとヒューズは別れた[21]

1962年10月の上旬、プラスは大きな創作意欲の高まりを経験した[21][25][26]。彼女が詩人としての評価を現在でも保ち得る結果をもたらした詩作品の多く、没後に出版された詩集『エアリエル英語版』に収録されている少なくとも26編の詩が、この秋に集中的に書かれた[21][25][26]。そしてこの数ヶ月間は、彼女の人生における最後の時間ともなった[21][25][26]。1962年12月、プラスは二人の子どもを連れて独りでロンドンへ戻り、5年の期限付きでフラットを借りた。新しいフラットは、あのチャルコット・スクエアのフラットから道路を数本しか隔てていない、フィッツロイ・ロード23番地であった。この家にはかつてウィリアム・バトラー・イエイツが住んでいた。プラスはそのことが気に入って、幸運な運命のめぐり合わせだと思った。

1962-63年のイギリスの冬は数百年間の観測史上もっとも寒い冬の一つであった[27][注釈 9]。配管が凍りつき、2歳の娘と9ヶ月の息子はしょっちゅう風邪を引いたが、家には電話がなかった[27]。気分の落ち込みがまた襲ってきたが、彼女はともかくも新しい詩集[注釈 10]の出版に向けた作業を終わらせた。1963年1月にプラスの唯一の小説『ベル・ジャー英語版』がヴィクトリア・ルーカス(Victoria Lucas)の変名で刊行されたが、芳しい評判は得られなかった[28]

1963年1月 - 2月[編集]

プラスの亡くなった場所、ロンドンのプリムローズ・ヒル近くにあるフィッツロイ・ロード23番地

亡くなる前にもプラスが何回か自殺未遂を繰り返していたことが知られている[29]。1953年8月24日にプラスは母の家の地下室で睡眠薬をオーバードーズした。1962年6月には車で道を外れ川に突っ込んだ。警察による事故の取り調べで彼女は自殺未遂を認めている。

1963年1月にプラスはかかりつけ医のジョン・ホーダー (Dr John Horder) に相談をした[29]。ホーダーは彼女のことをよく知る仲のいい友人でもあった。プラスは彼に、鬱状態が6、7ヶ月間続いていると語った[29]。ホーダーの証言に基づくと、彼女が仕事を続けることのできた期間もほとんどの時間で気分の落ち込みが悪化し、「絶えざる焦燥感、希死念慮、日常生活に携わることができなくなるといった特徴」[注釈 11]を伴う深刻な状態に陥っていた[29]。また、プラスは不眠に悩み、夜に睡眠導入剤を服用したが早朝に目が覚めることもしばしばであった[29]。また、体重も20ポンド(約7.4kg)減少したが、彼女は外見を取り繕い続け、鬱特有の罪悪感や無力感を言葉に出さなかった[29]

ホーダーはプラスが自殺する数日前に、抗鬱薬としてモノアミン酸化酵素阻害薬を処方している[29]。また、彼女が幼い二人の子と孤立することは危険だと考え、彼女の家を毎日訪れていた[29]。そのうえ、入院に同意させようと相当な努力を払っていたが、説得には失敗した[29]ため、とりあえず住み込みのナースを手配していた[29]。なお、以上の証言に関して、抗鬱薬は効果が発揮されるまでに3週間かかる場合もあるので、ホーダーにより処方された薬は充分な効果が発揮されていなかった可能性があるという説がある。

1963年2月11日の朝、子どもの世話を補助するナースがプラスのフラットに午前9時に到着することになっていた[30]。彼女は早めに到着したがフラットの中に入れなかったため、作業員の男性の手を借りて中に入ったところ、プラスがオーブンの中に頭を入れ、一酸化炭素中毒で死亡しているのを発見した[30]。二人の子どもが寝ている部屋とプラスの遺体があった部屋との間の扉は、濡らしたタオルと布で目張りがされていた[30]。プラスがオーブンの中に頭を差し入れてガスの元栓をひねったのは、早朝4:30ごろと推定された[31]。死亡時満30歳であった。

プラスの自殺は意図的なものではなかったという説がある。階下の住人はプラスに自殺当日の朝、何時にお出かけですかと尋ねられていた。また、「ドクター・ホーダーに電話してください」と記された書付が、医師の電話番号と共に残されてもいた。プラスは本当に自殺するつもりではなかったとする説はこれらの点に留意して、階下の住人が書付を目にするであろう、ちょうどその時間にプラスはガスの栓をひねった、としている[32][注釈 12]。しかしながら、プラスの親友であったジリアン・ベッカー英語版は、プラスの伝記 Giving Up: The Last Days of Sylvia Plath において、「検死を行った警察官によると、プラスはガスオーブンの中に自分の頭を深く差し入れていて、本当に死ぬつもりだったのだろう」と書いている[33][注釈 13]。ホーダー医師も彼女の自殺の意志は固かったと考える。同医師は「隅々まで準備が行き届いたキッチンを見れば、彼女が理性を欠いた衝動に突き動かされたとしか解釈できないだろう」と主張する[31][注釈 14]。プラスは生前、絶望の感情を「わたしの心臓をわしづかみにする梟の爪」のようなものと言い表したことがある[34]。プラスの友人で文芸批評家のアル・アルヴァリーズ英語版は、1971年に書いた自殺に関する本の中で、彼女の自殺は助けを求める叫びであったが、それには誰も決して答えることのできないものとなってしまったと述べた[31][35][注釈 15]

作品[編集]

詩作品[編集]

シルヴィア・プラスは8歳のときから詩を書いた。彼女の最初の詩は『ボストン・トラヴェラー英語版』誌に掲載された[2]。それからスミス大学に入学するまでの間に50編を越える短編を書いており、雑誌に掲載されたものもたっぷりあった[36]。スミス大学では英語を専攻し、優秀なライティングで主要な賞を総取りして奨学金も得た。在学中の夏休みには雑誌『マドモワゼル』のゲスト編集者に抜擢された。卒業の年には Two Lovers and a Beachcomber by the Real Sea の詩でグレイスコック賞を受賞した[注釈 16]。ケンブリッジ時代は学内報『ヴァーシティ』に投稿した。卒業後は、 Yale Series of Younger Poets Competition の詩人ランキングに何度も名が挙がり、Harper's MagazineThe SpectatorTimes Literary Supplement といった印刷媒体に作品が掲載された。こうした1960年までの創作活動は、同年後半に処女詩集 The Colossus and other poemsハイネマン社英語版から出版されるというかたちに結実した。The Colossus が英米語圏の大手の雑誌に載った作品ばかりを集めたものであり、『ザ・ニューヨーカー』誌が作品掲載の契約を結ぶほど[37]、プラスは生前から著名ではあったが、プラスの文学的評価を不動のものとしたのが、没後の1965年に出版された詩集『エアリエル』である。

1971年には『エアリエル』の元になった手書きの遺稿から抽出された未発表の詩9編を含む二分冊の詩集『冬の木立』(Winter Trees)と『川を渡る』(Crossing the Water)がイギリスで出版された[28]。プラスの詩人仲間であったピーター・ポーター英語版は『ニュー・ステイツマン英語版』誌上で次のように書いた。

Crossing the Water is full of perfectly realised works. Its most striking impression is of a front-rank artist in the process of discovering her true power. Such is Plath's control that the book possesses a singularity and certainty which should make it as celebrated as The Colossus or Ariel.

Peter Porter、[38]

『川を渡る』は完璧な作品集だ。プラスの真の実力を発見していく中で、この作品集から受ける強い印象は第一級の芸術家から受ける印象と同じものとなった。『コロッサス』や『エアリエル』と同等の評価を受けるべき途方もなさや確からしさといったものは、本書の隅々に行き渡るプラスの目配りにこそある。

ピーター・ポーター

1981年にはテッド・ヒューズが序文を書き、編集した『シルヴィア・プラス詩集』(Collected Poems)が出版された。これには1956年からなくなるまでに書かれた詩が集められている。こうしてプラスは没後にその詩作への評価が定まり、ピューリッツアー賞が追贈された[28]。そのほかには、ヴァージニア・コモンウェルス大学の院生により2006年に発見された、スミス大学に入りたてのころに書いた「アンニュイ」という題名のソネットなどがある。

And I
Am the arrow,

The dew that flies
Suicidal, at one with the drive
Into the red

Eye, the cauldron of morning.

—from the poem Ariel, October 12, 1962[39]

『コロッサス』は発表当時、イギリスで非常に好評を博した。そこでは、プラスの詩の語り口や抑揚が斬新で強い個性があり、アメリカ風であることに対して特に好意的な言葉が寄せられた。ピーター・ディキンスンは『パンチ』誌において、この詩集が「正真正銘の掘り出し物」であり「読んでいて爽快な気分になる」「清潔感がありわかりやすい詩句」で満ちていると評した[37]T・S・エリオットの専門家バーナード・バーゴンジ英語版は『マンチェスター・ガーディアン』誌において、この詩集が「並外れた技巧が駆使されている」ため「完成度が極めて高い」と評した[37]。また、作品を公開してその価値を世に問うという観点から見ると、プラスは『コロッサス』の出版をもって詩歌の愛好家たちの世界に始めて姿を現した。1962年にはアメリカ合衆国でも出版されることとなったが、あまり熱のこもった批評は得られなかった。しかし、作品の評価が高まるに連れ、他の詩人の亜流ではないとみなされるようになった[37]。後の世代の批評においては、奔放な想像力のほとばしりや凝縮性に富むプラスの後期作品と比較して、『コロッサス』のころの作品は、いくぶん若く、まじめで、過渡的な性格を持っていると解説されてもいる。

プラスの名前を急速に有名にしたのは、1965年の『エアリエル』の出版であった。出版直後から批評家たちはこの詩集に詩人のいやます絶望や死を願う心の軌跡を読み取ろうとし、この詩集をそのようなものとして理解した。彼女の悲劇的な死はたしかに彼女を最も有名にし、その現状は今でも変わっていないが、そのような理解は彼女の一面を捉えているにすぎない[2]。雑誌『タイム』と『ライフ』は両方とも、ロバート・ロウエルが序文を書いた薄い詩集『エアリエル』をプラスが亡くなった直後に取り上げている[31]。『タイム』のレビュワーは次のように語った。

Within a week of her death, intellectual London was hunched over copies of a strange and terrible poem she had written during her last sick slide toward suicide. 'Daddy' was its title; its subject was her morbid love-hatred of her father; its style was as brutal as a truncheon. What is more, 'Daddy' was merely the first jet of flame from a literary dragon who in the last months of her life breathed a burning river of bile across the literary landscape. [...] In her most ferocious poems, 'Daddy' and 'Lady Lazarus,' fear, hate, love, death and the poet's own identity become fused at black heat with the figure of her father, and through him, with the guilt of the German exterminators and the suffering of their Jewish victims. They are poems, as Robert Lowell says in his preface to Ariel, that 'play Russian roulette with six cartridges in the cylinder.'

Reviewer of Time[40][注釈 17]

フェミニズム運動の文脈において、プラスは「しおれた天才女性のシンボル」とみなされ、フェミニストの闘士たちはプラスの詩句が自分たちの経験を語っているかのように感じた[31]。作家のオナー・ムーア英語版は『エアリエル』が運動のはじまりを画期したと述べ、プラスは突然「活字となった女性」として現れ、確信に満ちた様子で、大胆不敵に語り始めたと表現した。ムーアは次のように語る。

When Sylvia Plath’s Ariel was published in the United States in 1966, American women noticed. Not only women who ordinarily read poems, but housewives and mothers whose ambitions had awakened [...] Here was a woman, superbly trained in her craft, whose final poems uncompromisingly charted female rage, ambivalence, and grief, in a voice with which many women identified.

オナー・ムーア、[41]

作品のテーマ[編集]

シルヴィア・プラスの詩には、典型的に現れる言葉のモチーフ(月、血、病院、胎児、頭蓋骨など)がある。これらは初期の作品のころから見られるものであるが、彼女が憧れていたディラン・トマスウィリアム・バトラー・イェイツマリアン・ムーア英語版といった詩人の模倣である場合がほとんどである[36]。1959年後半、プラスとヒューズがニューヨーク州のヤドウの作家コロニーにいたときに彼女が書いた7節に分かれる詩 "Poem for a Birthday" には、テオドール・レートケ英語版の “Lost Son” のシーケンスの残照が感じ取れるが、そのテーマは彼女がはたちの時に経験したトラウマのような自己崩壊と自殺未遂を扱っており、プラスに独自の主題となっている。1960年以後の作品は、死の影もしくは父親の影がちらつく、閉塞的で超現実的な景観を呈する作風へと移行した。詩集『コロッサス』は死と贖いと再生の主題で一貫している。ヒューズがプラスの許から去った後の2ヶ月足らずの間にプラスが生み出した40編の詩には、怒り、絶望、愛、復讐が主題として書かれている。この短期間に集中して書かれた40編こそが、プラスの死後に獲得した名声のもととなった[36]

プラスは生涯を通して自然景観を題材にした詩を書いた[42]。これら景観詩は「見落とされがちであるが、充実し重要な分野である」と言われる[42]。プラスの景観詩のうち最もすぐれた作品がヨークシャー・ムーア英語版を題材にしたいくつかであるとされる[42]。彼女は1961年9月に「嵐が丘」とタイトルの詩を書いている[43]。題名こそエミリー・ブロンテの有名な小説から借りているが、内容と様式はプラスがペナイン山脈を目の前にして感得した独自の思いを歌っている[42]

詩集『エアリエル』に収められた詩は初期作品と一線を画し、より個人的な葛藤の詩的言語化の世界へと入り込んでいる。プラスは生前のインタビューで、ロバート・ロウエルが1959年に書いた詩集 Life Studies に強い影響を受けたとして引用しており、ロウエルの詩作品が『エアリエル』における作風の変化に何らかの役割を果たした可能性がある[44]。プラス自死後の1966年に出版された『エアリエル』のインパクトは劇的であった[44]。『エアリエル』には「チューリップ」「パパ」「レイディ・ラザルス」といった作品において、精神的に悪化した状態を暗鬱かつ自伝的に描写する作品が含まれており、プラスの作品群が「告白詩」のジャンルに属するという見解がよく見られる。また、それらはロウエルやスノウドグラス英語版といった同時代の詩人とよく比較される。シルヴィア・プラスの親友であったアル・アルヴァリーズは、彼女について非常に多くのことを書いているが、特に後期の作品については次のように語る。

Plath's case is complicated by the fact that, in her mature work, she deliberately used the details of her everyday life as raw material for her art. A casual visitor or unexpected telephone call, a cut, a bruise, a kitchen bowl, a candlestick—everything became usable, charged with meaning, transformed. Her poems are full of references and images that seem impenetrable at this distance, but which could mostly be explained in footnotes by a scholar with full access to the details of her life.

Al Alvarez、[45]

プラスの後期作品の多くが、「家庭内の超現実」と呼ばれるものを題材にする。プラスは日常生活の諸要素を扱うが、そのイメージは捩じ曲げられ、ほとんど悪夢じみたものとなる。

プラスの友人で、告白詩ムーヴメントにおける同志でもあったアン・セクストンは次のように語る。

Sylvia and I would talk at length about our first suicide, in detail and in depth—between the free potato chips. Suicide is, after all, the opposite of the poem. Sylvia and I often talked opposites. We talked death with burned-up intensity, both of us drawn to it like moths to an electric lightbulb, sucking on it. She told the story of her first suicide in sweet and loving detail, and her description in The Bell Jar is just that same story.

Anne Sexton、[46]

しかしながら、プラス作品を内面告白の詩としてだけ捉える解釈は、プラス作品のいくつかの側面を等閑視し、感傷主義者によるメロドラマとして捉える作品観を引き出す。例えば2010年には精神科医のシオドア・デイルリンプル英語版が、シルヴィア・プラスは「自己悲劇化と自己憐憫の守護聖人」であり続けてきたと述べた[47]。また、トレイシー・ブレイン(Tracy Brain)のような批評家は、プラスの作品の受け取り方として彼女の人生に起きた出来事と作品とをいちいち対応づける読みの危険性について述べた[48][49][50]

Love set you going like a fat gold watch.
The midwife slapped your footsoles, and your bald cry
Took its place among the elements.

—from Morning Song, Ariel, 1965[51]

日記と手紙[編集]

プラスの書いた手紙が1975年に出版された。収録した手紙の選別と編集は母のオーレリア・プラスが行った。書簡集 Letters Home: Correspondence 1950–1963 の出版は、アメリカにおける『ベル・ジャー』の出版が巻き起こした大きな反響に応えるという意味合いが一部に込められていた[28]。シルヴィア・プラスは11歳のときから日記を付け始め、自殺するその日までずっと続けていた。1950年のスミス大学1年生のときから始まる日記集が、1982年に The Journals of Sylvia Plath として出版された。この日記集はテッド・ヒューズが助言的編集を行った上でフランシス・マカルー(Frances McCullough)が編集した。同年1982年にスミス大学がプラスの日記の残りを取得したが、ヒューズはその内の2日分の日記を、プラスの没後50周年の日に当たる2013年2月11日まで封印した[52]

ヒューズは晩年にプラスの日記をできるだけ完全な形で出版する作業を始め、亡くなる少し前の1998年に上述の2日分の日記の封印を解き、プラスの二人の子ども、フリーダとニコラスに受け継がせた。子どもたちはその作業をカレン・キューキル(Karen V. Kukil)に託した。キューキルは1999年12月に編集を終え、2000年にアンカーブックス社から The Unabridged Journals of Sylvia Plath として出版した。こうして、マカルー編集の1982年版と比較して1.5倍を超える一次資料が新たに公開された[52]。アメリカの作家ジョイス・キャロル・オーツはこの出版を「文学におけるすばらしいできごと」と歓迎したが、ヒューズは日記の取り扱いに関して厳しい批判に曝されることになった。ヒューズはプラスの日記の最後の一冊を燃やしたと述べており、それには1962年の冬から彼女の自死の日に至るまでの日記が含まれていた。1982年版の序文において、ヒューズは次のように書いている[2][53]

I destroyed [the last of her journals] because I did not want her children to have to read it (in those days I regarded forgetfulness as an essential part of survival).

Ted Hughes、[2][53]

『ベル・ジャー』[編集]

『ベル・ジャー』は半自伝的な小説である。イギリスでは1963年に出版されたが、プラスの母親が封印を望んだ経緯もあって、アメリカでは遅れて1971年に出版された[28][54]。プラスは母への手紙の中で本書の編集について次のように書いている。

What I've done is to throw together events from my own life, fictionalising to add colour – it's a pot boiler really, but I think it will show how isolated a person feels when he is suffering a breakdown.... I've tried to picture my world and the people in it as seen through the distorting lens of a bell jar.

シルヴィア・プラス、Plath Biographical Note 294–5.[55]

プラスは『ベル・ジャー』が「わたしが過去から自分を解き放つために、書かなくてはならなかった自伝的習作」("an autobiographical apprentice work which I had to write in order to free myself from the past".)であると述べた(Plath Biographical Note 293)[56]。プラスは大学3年生のときにイエール大学の4年に在籍していたディック・ノートンという名前の学生とデートした。ノートンは『ベル・ジャー』の中ではバディー(Buddy)という登場人物のモデルとなった人物であり、結核をわずらい、ニューヨーク州のサラナック湖英語版畔にあるサナトリウムで療養した。プラスはノートンを見舞いにサナトリウムを訪れたとき、ついでにスキーを楽しんだが、足の骨を折ってしまった。この事故の経験は『ベル・ジャー』の中の一エピソードとして生かされた[57]

『ダブル・エクスポージャー』[編集]

「ダブル・エクスポージャー」は3作品目の小説であるが未完に終わった[58]。ヒューズによると、プラスは「タイプ書きで130ページ前後になる小説」を遺稿として残しており、彼女はそれを「ダブル・エクスポージャー」という題名にするつもりだったという[59]。ところが、その原稿は1970年ごろにどこかに行ってなくなってしまったという[59][注釈 18]。『ベル・ジャー』が出版されたのちの1963年、プラスは「ダブル・エクスポージャー」(Double Exposure)という題名の文学作品の製作に取り掛かったことがわかっている[60]。ところが原稿が1970年ごろに姿を消し、本作は一度も出版・公開されていない[60]。英文学研究者のFerretter 2012 によると、原稿は破棄されたか盗まれたか、ともかくも失われたが、スミス大学のアーカイブにコピーが封印された状態で眠っているはずであるという[60]

墓標とヒューズ論争[編集]

ウェスト・ヨークシャーヘプトンズトール英語版にある教会の墓地に、シルヴィア・プラスが眠る墓がある。

プラスが亡くなった翌日には取調べが行われ、自殺と判断された。ヒューズは6ヶ月間離れて暮らしていたので困惑し、驚いていた。スミス大学のころからプラスを知っている彼女の友人にヒューズが宛てた手紙には「あれで僕の人生は終わりました。あれ以来、僕は死人のように暮らしています」と綴られている[27][61][注釈 19]。プラスはウェスト・ヨークシャーヘプトンズトール英語版の教区教会、使徒聖トマス教会の庭に埋葬された。「荒れ狂う炎の只中でさえも金の蓮華は根を張り得る」[注釈 20]という墓石の碑銘はヒューズが彼女のために選んだものである[63]。出典は Kirk (2004) によるとヒンドゥー教の聖典『バガヴァッド・ギーター』にあるとされるが[63]、イギリスの東洋学者アーサー・ウェイリーが1942年に呉承恩の『西遊記』から抄訳した Monkey にある一節かもしれない[64][65]

墓石には SYLVIA PLATH HUGHES の文字が記されており、ヒューズのファミリーネームが入っていることに憤慨する者たちもいる。墓石から HUGHES の文字を剥ぎ取ろうとする事件が今までに繰り返し起きている[66]。ヒューズのパートナーとなったアーシャが1969年に、ヒューズとの間にできた娘シューラ4歳を道連れにして自殺すると、その試みはいっそう激しくなった。ヒューズは文字が剥ぎ取られるたびに傷ついた墓石を取り替えた。修復中のため墓標がまったくない状態に置かれることが一再ならずあったが、限度を超えて怒るプラスの哀悼者の中には、雑誌などでこのことをあげつらって、墓石を取り除くなんてプラスに失礼ではないかとヒューズを糾弾する者もいた[67]。また、アーシャ・ウィーヴィルが自殺したことをきっかけとして、ヒューズがプラスだけでなくアーシャに対しても虐待的な言動をしていたのではないかと疑う声も上がった[35]1970年にはラディカル・フェミニストロビン・モーガン英語版が、ヒューズの罪を咎める内容の詩「罪状認否」("Arraignment")を書き、ヒューズがプラスを殴打し、死に追いやったと責め立てた[67]。その他に、プラスの名においてヒューズを殺すと脅したラディカル・フェミニストもいた[31]。プラスの詩の中には、語り手がその夫の暴力性を非難する「看守」と題された詩がある。詩「看守」はモーガンが第二次女性解放運動英語版フランス語版のさなかの1970年に編集し出版したアンソロジーシスターフッド・イズ・パワフル英語版』の一編に選ばれた[68]

ヒューズが広く非難を受け続けていた1989年、『ガーディアン』誌と『インデペンデント』誌の読者投稿欄を戦場にして、論争が持ち上がった。きっかけは1989年4月20日、『ガーディアン』にヒューズが書いた記事「シルヴィア・プラスが安息を得て眠るべき場所」("The Place Where Sylvia Plath Should Rest in Peace")だった。ヒューズはプラス幻想の行き過ぎにより言論の自由が奪われているとして、次のように書いた。

In the years soon after [Plath's] death, when scholars approached me, I tried to take their apparently serious concern for the truth about Sylvia Plath seriously. But I learned my lesson early. [...] If I tried too hard to tell them exactly how something happened, in the hope of correcting some fantasy, I was quite likely to be accused of trying to suppress Free Speech. In general, my refusal to have anything to do with the Plath Fantasia has been regarded as an attempt to suppress Free Speech [...] The Fantasia about Sylvia Plath is more needed than the facts. Where that leaves respect for the truth of her life (and of mine), or for her memory, or for the literary tradition, I do not know.

Ted Hughes、[67][69]

2009年3月16日、プラスとヒューズの間に生まれた息子、ニコラス・ヒューズ英語版アラスカ州フェアバンクスの自宅で、鬱病と苦闘した末に首を吊って亡くなった[70][71]

And here you come, with a cup of tea
Wreathed in steam.
The blood jet is poetry,
There is no stopping it.
You hand me two children, two roses.

—from Kindness, written February 1, 1963. Ariel

プラスが亡くなった時点において、ヒューズとプラスは法的な婚姻関係にあったため、ヒューズはプラスの資産を相続した。その中には彼女の作品すべても含まれている。ヒューズはプラスの日記の最後の一冊を、「子どもたちが読まなければならなくなることを望まない」[注釈 21]と言って燃やしてしまった[72]。この行為はこれまでに何度も非難されている[72]。ヒューズは未完の小説「ダブル・エクスポージャー」の原稿を紛失したことや、日記の一部を2013年まで封印しようとしたことでも非難された[72][73]。ヒューズはプラスの遺産を自分の支配下に置こうとしたため糾弾を受けたが、プラスの詩作品によりもたらされた経済的利益については2人の子ども、フリーダとニコラスのために設けられた口座に振り込まれるようにしていた[74][75]

ヒューズは1998年に、プラスとの関係を題材にする88編の詩を集めた『バースデイ・レターズ』(Birthday Letters)を出版した。本詩集の出版は彼のセンセーションを巻き起こした。ヒューズはプラスとの結婚生活において経験したことや、その後の彼女の自殺について、この詩集の出版以前はほとんど語ってこなかった。本詩集はそれらをはじめて確かな言葉で明かしたものと受けとめられ、今でも考察や非難の対象であり続けている。『バースデイ・レターズ』はプラスの亡くなった1963年より後に書かれた詩を集めているが、中にはかなり長い時間が経ってからのものもある。プラスがなぜ自らの死を選んだのか、その理由を探す試みが本詩集のテーマである。本詩集は1998年のフォワード詩賞英語版T・S・エリオット賞英語版ウィットブレッド賞を連続して獲得した。また、刊行の際には知られていなかったことであるがヒューズは末期癌を患っており、同年に亡くなった[76]

2015年10月には BBC TwoTed Hughes: Stronger Than Death と題したドキュメンタリを放送した。その中では、ヒューズの生涯と作品が検証され、プラスが自作の詩を朗読する録音音声もあった。また、二人の娘、フリーダがはじめて父と母について語った[77]

インスパイア作品[編集]

没後40年にあたる2003年には女優のグウィネス・パルトロウがシルヴィア・プラスを演じ、彼女の半生を描いた映画『シルヴィア (映画)』が公開された。母親が亡くなった当時2歳であったフリーダ・ヒューズ英語版は、両親の人生をエンターテイメントに仕立て上げたことに対して怒った。フリーダは「ピーナツをクチャクチャ噛みながら」家族の悲劇を眺めて満足したがる大衆を批判した[78][注釈 22]

フリーダは長じて画家となり、詩も書いている。2003年には「私の母」("My Mother")という題で、次のような詩句を含む詩を雑誌上で発表した。

Now they want to make a film
For anyone lacking the ability
To imagine the body, head in oven,
Orphaning children

 [...] they think
I should give them my mother's words
To fill the mouth of their monster,
Their Sylvia Suicide Doll [79]

著作一覧[編集]

詩集[編集]

  • The Colossus and Other Poems (1960) William Heinemann
  • Ariel (1965) Faber and Faber
  • Three Women: A Monologue for Three Voices (1968) Turret Books
  • Crossing the Water (1971) Faber and Faber
  • Winter Trees (1971) Faber and Faber
  • The Collected Poems (1981) Faber and Faber
  • Selected Poems (1985) Faber and Faber

散文集と小説[編集]

  • The Bell Jar: A novel (1963), under the pseudonym "Victoria Lucas"
  • Letters Home: Correspondence 1950–1963 (1975)
  • Johnny Panic and the Bible of Dreams: Short Stories, Prose, and Diary Excerpts (1977)
  • The Journals of Sylvia Plath (1982)
  • The Magic Mirror (published 1989), Plath's Smith College senior thesis
  • The Unabridged Journals of Sylvia Plath, edited by Karen V. Kukil (2000)

子ども向けの本[編集]

  • The Bed Book (1976), illustrated by Quentin Blake, Faber and Faber
  • The It-Doesn't-Matter-Suit (1996) Faber and Faber
  • Collected Children's Stories (UK, 2001) Faber and Faber
  • Mrs. Cherry's Kitchen (2001) Faber and Faber

日本語訳書[編集]

  • 『エアリアル』徳永暢三訳 構造社 1971
  • 『自殺志願』田中融二訳 角川書店 1974
  • 『シルヴィア・プラス詩集』皆見昭訳 鷹書房 1976
  • 『ジョニー・パニックと夢の聖書 シルヴィア・プラス短編集』皆見昭,小塩トシ子訳 弓書房 1980
  • 『鏡の中の錯乱 シルヴィア・プラス詩選+シルヴィア・プラスー受難の女性詩人』水田宗子訳・著 静地社 1981
  • 『シルヴィア・プラス詩集』徳永暢三編・訳 小沢書店 1993 双書・20世紀の詩人
  • 『シルヴィア・プラス詩集』吉原幸子,皆見昭訳 思潮社 1995
  • 『おやすみ、おやすみ』長田弘訳 みすず書房 2000 詩人が贈る絵本
  • 『湖水を渡って シルヴィア・プラス詩集』高田宣子,小久江晴子訳 思潮社 2001
  • 『ベル・ジャー』青柳祐美子訳 河出書房新社 2004

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アル・アルヴァリーズによれば、シルヴィア・プラスは1959年頃には完全に祖国離脱者となっていて自分のことをイギリスの詩人と呼び習わしていたという[1]
  2. ^ Bradford Senior High School (now Wellesley High School)[2]
  3. ^ The Magic Mirror: A Study of the Double in Two of Dostoyevsky's Novels が卒業論文の原題である。なお英語で Magic Mirror は one-way mirror とは異なり、魔物などの正体を暴露する魔法の鏡を意味する。
  4. ^ インタビューの録音はブリティッシュ・ライブラリー・サウンド・アーカイヴ英語版が保存している[18]
  5. ^ "a singer, story-teller, lion and world-wanderer" with "a voice like the thunder of God" 訳注:world-wanderer は英語圏では普通、ゲルマン神話の「オーディン」を連想させる。
  6. ^ 西洋風の扶乩術中国語版コックリさんに似る。
  7. ^ 原文:Plath says that it was here that she learned "to be true to my own weirdnesses."[20]: 520–521 訳注:weirdness は可算名詞として使う場合、"The result or product of being weird." を意味する。
  8. ^ チャルコット・スクエアの同所には英国遺産協会が2000年1月1日にブループラークを設置した[22]
  9. ^ 詳細は、1962年から1963年のヨーロッパ大寒波英語版ドイツ語版を参照。
  10. ^ プラスの没後1965年に英国で、1966年に米国で出版された『エアリエル』のこと。
  11. ^ "marked by constant agitation, suicidal thoughts and inability to cope with daily life."
  12. ^ プラス母子のフラットには電話がなかった[27]ので、誰かに電話をかける場合、電話を借りる必要があった。
  13. ^ "According to Mr. Goodchild, a police officer attached to the coroner's office ... [Plath] had thrust her head far into the gas oven... [and] had really meant to die."
  14. ^ "No one who saw the care with which the kitchen was prepared could have interpreted her action as anything but an irrational compulsion."
  15. ^ Al Alvarez, a poet, editor and literary companion of Hughes and Plath, spoke, in a BBC interview in March 2000, about his failure to recognize Plath's depression. Alvarez says he regretted his inability to offer emotional support to Plath: "I failed her on that level. I was thirty years old and stupid. What did I know about chronic clinical depression? [...] She kind of needed someone to take care of her. And that was not something I could do."
  16. ^ グレイスコック賞英語版はインターカレッジ文学賞の一つ。完全招待制。
  17. ^ Plath has been criticized for her numerous and controversial allusions to the Holocaust. See The Boot in the Face: The Problem of the Holocaust in the Poetry of Sylvia Plath
  18. ^ According to Hughes, Plath left behind "some one hundred thirty [typed] pages of another novel, provisionally titled Double Exposure. That manuscript disappeared somewhere around 1970."[59]
  19. ^ "That's the end of my life. The rest is posthumous."[62]
  20. ^ "Even amidst fierce flames the golden lotus can be planted."
  21. ^ "did not want her children to have to read it."[72]
  22. ^ ”peanut-crunching crowd” は「レイディー・ラザルス」の25行目に現れる詩句。

出典[編集]

  1. ^ アル・アルヴァリーズ「シルヴィア・プラス(抄)」(徳永暢三編訳『シルヴィア・プラス詩集』(双書20世紀の詩人、小沢書店、1993年)所収)pp.162-163
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Sally Brown and Clare L. Taylor, "Plath, Sylvia (1932–1963)", Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004
  3. ^ Kirk 2004, p. 2.
  4. ^ a b c Steven Axelrod. “Sylvia Plath”. The Literary Encyclopedia, 17 Sept. 2003, The Literary Dictionary Company (April 24, 2007), University of California Riverside. 2007年6月1日閲覧。
  5. ^ A celebration, this is”. Sylviaplath.info. 2014年3月11日閲覧。
  6. ^ Kirk 2004, p. 23.
  7. ^ a b c Sylvia Plath | Academy of American Poets”. 2016年4月27日閲覧。
  8. ^ Kirk 2004, p. 32.
  9. ^ Plath Helle 2007, pp. 41-44.
  10. ^ Plath, Sylvia Johnny Panic, p124.
  11. ^ a b “Sylvia Plath”. Oxford Dictionary of National Biography (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/37855.  (Subscription or UK public library membership required.)
  12. ^ Thomas, David N. (2008). Fatal Neglect: Who Killed Dylan Thomas?. p. 35. ISBN 978-1854114808. 
  13. ^ Wagner-Martin 1988, p. 108.
  14. ^ a b Kibler, James E. Jr (1980) Dictionary of Literary Biography, 2nd, volume 6; American Novelists Since World War II. Bruccoli Clark Layman Book, University of Georgia. The Gale Group pp. 259–264
  15. ^ a b c d e Kirk 2004, p. xix.
  16. ^ Helle 2007, p. 44.
  17. ^ Sylvia Plath and Ted Hughes meet — History.com This Day in History — 2/25/1956”. History.com. 2014年3月11日閲覧。
  18. ^ a b c d Sylvia Plath and Ted Hughes talk about their relationship”. 'Guardian Audio (2010年4月15日). 2010年7月9日閲覧。 ( Extract from BBC interview with Plath and Hughes 1961. Now held in British Library Sound Archive.
  19. ^ Helle 2007.
  20. ^ a b c The Journals of Sylvia Plath (1982)
  21. ^ a b c d e f g Kirk 2004, p. xx.
  22. ^ a b Sylvia Plath blue plaque in London”. 2016年12月7日閲覧。
  23. ^ Kirk 2004, p. 85.
  24. ^ Feinstein, Elaine (2001). Ted Hughes – The Life of a Poet. Weidenfeld & Nicholson. pp. 120-124. http://www.elainefeinstein.com/TedHughes-Devon.shtml 2016年12月7日閲覧。. 
  25. ^ a b c Poetry Archive: Plath Biog”. 2010年7月9日閲覧。
  26. ^ a b c Whittington-Egan, Richard (2005). (Essay). “Ted Hughes and Sylvia Plath—a marriage examined”. The Contemporary Review. http://findarticles.com/p/articles/mi_m2242/is_1669_286/ai_n13247735 2010年7月9日閲覧。. 
  27. ^ a b c d Gifford, Terry (2008). Ted Hughes. Routledge. ISBN 0-415-31189-6.  p.15
  28. ^ a b c d e Kirk 2004, p. xxi.
  29. ^ a b c d e f g h i j Cooper, MD, Brian (2003-06). “Sylvia Plath and the depression continuum”. Journal of the Royal Society of Medicine (6): 296-301. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC539515/ 2016年12月8日閲覧。. 
  30. ^ a b c Stevenson 1998.
  31. ^ a b c d e f Rhyme, reason and depression”. The Guardian (1993年2月16日). 2010年7月9日閲覧。
  32. ^ Kirk 2004, p. 103.
  33. ^ Becker 2003.
  34. ^ Edward Guthmann, Chronicle Staff Writer (2005年10月30日). “The Allure: Beauty and an easy route to death have long made the Golden Gate Bridge a magnet for suicides”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/bayarea/article/Lethal-Beauty-The-Allure-Beauty-and-an-easy-3302966.php#page-6 2012年7月29日閲覧。 
  35. ^ a b I failed her. I was 30 and stupid”. The Observer (2000年3月19日). 2010年7月9日閲覧。
  36. ^ a b c Stevenson, Anne (1996). “Plath, Sylvia”. In Ian Hamilton. The Oxford Companion to Twentieth-Century Poetry in English (print 1st ed.). Oxford University Press. ISBN 9780192800428. 
  37. ^ a b c d Wagner-Martin 1988, pp. 2-5.
  38. ^ Plath, Sylvia. The Colossus and Other Poems, Faber and Faber, 1977.
  39. ^ Guardian article Ariel March 13, 2008 Accessed 2010-07-09
  40. ^ Time magazine article. The Blood Jet Is Poetry. Friday, Jun. 10, 1966 Accessed 2010-07-09
  41. ^ Boston Review. Article by Honor Moore. March/April 2009. After Ariel: Celebrating the poetry of the women’s movement Accessed 2010-07-09
  42. ^ a b c d A Poet's Guide to Britain: Sylvia Plath”. bbc.co.uk (2009年5月11日). 2013年7月31日閲覧。
  43. ^ Sylvia PLath. “Wuthering Heights”. .poemhunter.com/. 2013年7月31日閲覧。
  44. ^ a b Wagner-Martin 1988, p. 184.
  45. ^ Alvarez (2007) p214
  46. ^ "The Paris Review Interviews:The Art of Poetry No. 15. Anne Sexton" Interview by Barbara Kevles. Issue 52, Summer 1971. Accessed 2010-07-15
  47. ^ Dalrymple, Theodore (2010). Spoilt Rotten: The Toxic Cult of Sentimentality. Gibson Square Books Ltd. p. 157. ISBN 1-906142-61-0. 
  48. ^ Brain, Tracy. The Other Sylvia Plath. Essex: Longman, 2001
  49. ^ Brain, Tracy. "Dangerous Confessions: The Problem of Reading Sylvia Plath Biographically." Modern Confessional Writing: New Critical Essays. Ed. Jo Gill.
  50. ^ The Unraveling Archive: Essays on Sylvia Plath Ann Arbor: University of Michigan, 2007. Ed. Anita Helle.
  51. ^ Jeanette Winterson Website: Plath's Morning Song Accessed 2010-07-09
  52. ^ a b Kirk 2004, p. xxii.
  53. ^ a b Wagner-Martin 1988, p. 313.
  54. ^ The Bell Jar. Harper Perennial Classics Edition. ISBN 0-06-093018-7 p xii. Introduction by Frances McCullough
  55. ^ Wagner-Martin 1988, p. 107.
  56. ^ Wagner-Martin 1988, p. 112.
  57. ^ Taylor, Robert (1986). America's Magic Mountain. Boston: Houghton Mifflin. ISBN 0-395-37905-9
  58. ^ Ferretter 2012, pp. 13-14.
  59. ^ a b c The Ghost of Plath’s Double Exposure”. Lost Manuscripts (2010年8月29日). 2012年4月6日閲覧。
  60. ^ a b c Ferretter 2012.
  61. ^ Smith College. Plath papers. Series 6, Hughes. Plath archive.
  62. ^ Smith College. Plath papers. Series 6, Hughes. Plath archive.
  63. ^ a b Kirk 2004, p. 104.
  64. ^ Carmody and Carmody (1996) Mysticism: Holiness East and West. Oxford University Press ISBN 0-19-508819-0
  65. ^ Cheng'en Wu, translated and abridged by Arthur Waley (1942) Monkey: Folk Novel of China. UNESCO collection, Chinese series. Grove Press
  66. ^ Short news report on Plath's grave, featuring some of her poetry - YouTube
  67. ^ a b c Badia, Janet; Phegle, Jennifer (2005). Reading Women: Literary Figures and Cultural Icons from the Victorian Age to the Present. University of Toronto Press. ISBN 0-8020-8928-3.  p252
  68. ^ Sisterhood is powerful : an anthology of writings from the women's liberation movement (Book, 1970)”. WorldCat.org. 2015年5月8日閲覧。
  69. ^ Hughes, Ted. "The Place Where Sylvia Plath Should Rest in Peace". Guardian Article. April 20, 1989
  70. ^ Son of poets Sylvia Plath and Ted Hughes kills himself”. Guardian (2009年3月23日). 2010年7月9日閲覧。
  71. ^ Poet Plath's son takes own life”. BBC (2009年3月23日). 2010年7月9日閲覧。
  72. ^ a b c d Christodoulides, Nephie (2005) Out of the Cradle Endlessly Rocking: Motherhood in Sylvia Plath's Work. Rodopi Ltd. pix ISBN 90-420-1772-4
  73. ^ Guardian article October 20, 2003: Desperately seeking Sylvia Accessed 2010-07-09
  74. ^ Gill, Jo (2006) The Cambridge companion to Sylvia Plath Cambridge University Press p9-10 ISBN 0-521-84496-7
  75. ^ Hughes, Frieda ed. (2004) Ariel: The Restored Edition, Faber and Faber pxvii
  76. ^ Guardian article. "The Happy Couple" February 1, 1998. Accessed 2010-07-15
  77. ^ BBC Two – Ted Hughes: Stronger Than Death”. Bbc.co.uk (2015年10月10日). 2015年10月10日閲覧。
  78. ^ “Plath film angers daughter”. BBC. (2003年2月3日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/2720021.stm 2010年7月9日閲覧。 
  79. ^ Hughes, Frieda (2003年). “My Mother”. The Book of Mirrors. http://www.bloodaxebooks.com/articles.asp?id=62 

参考文献[編集]

関連文献[編集]

日本語文献[編集]

  • 皆見昭,渥美育子編『シルヴィア・プラスの世界』南雲堂 1982
  • 皆見昭『詩人の素顔 シルヴィア・プラスとテッド・ヒューズ』研究社出版 1987
  • アン・スティーブンソン『詩人シルヴィア・プラスの生涯』風呂本惇子訳 晶文社 1994
  • ロナルド・ヘイマン『シルヴィア・プラス』徳永暢三,飯野友幸訳 彩樹社 1995
  • ジャネット・マルカム『シルヴィア・プラス 沈黙の女』井上章子訳 青土社 1997
  • 川本晧嗣「シルヴィア・プラス」(『詩女神の娘たち』未知谷 2000)
  • 井上章子『シルヴィア・プラスの愛と死』南雲堂 2004
  • 木村慧子『シルヴィア・プラス 父の娘、母の娘』水声社 2005
  • 高市順一郎編著『シルヴィア・プラス愛と名声の神話』思潮社 2007

外部リンク[編集]

関連項目[編集]